ここから本文です
アジア極楽骨董のブログ
好きな物を並べます。どうぞ宜しくお願い致します。

小千谷縮の美しさ

小千谷縮は経緯絣はなかなか有りません。ほとんどがヨコ糸のみの絣で製作されています。
そう書くと技術的なレベルは低いのか、手仕事が少ないのかと思いがちですが、小千谷縮の絣は大きな柄が魅力と思います。

絣は小さなデザインの連続ならば、仕事量としては少ない。しかし、大きな柄はそれだけ沢山の括り作業が必要になりますね。作業量は膨大になりますし、柄を合わせる緻密な作業となります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

縮の涼しそうな麻を見ると出来上がったシャツを思い浮かべて思わず購入してしまいます。そんなに多くシャツを作ってもしょうがないですね。
でも、この縮れに風が入って涼しそうなんです。

ジョン カベン

熱川温泉、下田港

伊豆へ小旅行です。熱川温泉に泊まって下田まで行って来ました。
大型台風10号の影響もあり海にも入りませんでしたので美味しいものを食べに行ったようなものですね。

この辺りで有名な金目鯛ですが煮物はもちろんですがフライが美味しいのにはビックリしました。

近くの海岸は波が高かったですね。

イメージ 1

金目鯛の煮付け

イメージ 2

下田港です。黒船来航時の大騒ぎの様子を想像すると楽しいですね。ここから見張っていたようです。

イメージ 3


ジョン カベン

陸上真っ盛り

末娘も大学生になって父親としては嬉しいのか寂しいのか複雑です。

その末娘は高校の陸上競技ではやりきれてないようで大学でも体育会の陸上部に入部したんです。

高校2年生の夏からは怪我に悩まされていましたのでリベンジでしょうか。
走ることが楽しいのでしょうか?

この陸上部ですが結構強いんです。
特に短中距離では全国クラスが何名もいます。

中高とリレーの選手どころか駅伝にも駆り出されていたのに大学では選手に選ばれるのも大変です。

大学に入学して、ちょっと練習不足だったんですが、夏休みに入って、毎日練習へ行ってます。これから合宿も始まるようです。

強い先輩に付いて競うことが楽しそうです。
イメージ 1

久しぶりの快晴の大会です。暑いですが気持ちいいですね。競技大会のスポンサーにビール会社がなっていて入場時に冷えた缶ビールがもらえます。

大手を振って飲みながら観戦できるのが楽しいですね。

ジョン カベン

久しぶりに美しい上布を見つけました。男性用の着物です。もう少し大きいとこの着物は着れたのに、、、、

最初は苧麻だけでなく、絹も入っているのか店主に聞きましたが苧麻100%というのです。
家に帰って測ると重さが400gしかありません。

根気よく細い麻糸を紡げないとこんな薄い麻布は織れませんね。そしてこの絣の正確で細かい作業を考えると恐ろしくなります。

能登上布と思いますが、上布としては本当に上手なレベルと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こんな美しい経緯絣は通常は女性用と思います。
それが男性用の着物になっているのにびっくりです。洒落者ですね。

ジョン カベン

女性用の上布の着物です。こんな上布を着ていた人はお洒落な人だったんでしょうね。
この着物で街を歩いたら目立って人が振り向いた事と思います。

この着物だって相当古いです。戦前と思います。日本人の染織文化というか美意識に自信を持って良いですね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

藍染の美しさの中に単純ですが、連続した紋様がリズムを作っています。

ジョン カベン

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事