加納宿 二文字屋

岐阜之名物 中山道加納宿料理

全体表示

[ リスト ]

丹波の黒豆含ませ煮

イメージ 1

“長炭を燃やして出来た灰を水で溶いて一晩置く。
灰水(アク)の上澄みを掬い取る。
C闇箸旅豆を灰汁の上澄みに一晩浸ける。
た擦韻臣闇箸旅豆をそのままトロ火に掛けて、灰汁を少しずつ足しながら三日三晩柔らかくなるまで茹で続ける。
テΔ魄賣概澆辰董∧匹妨かって投げつける。投げた豆が壁にくっついたらO.K。付かなかったら更に茹でる。=※黒豆を投げて壁に付くか付かないかが、柔らかさの目安にするのがプロの手法。
ζΔ壁に付く程の柔らかさになったら、ゆっくり冷まし、冷めたら水に晒す。
Э紊ら茹でて冷まして晒す、を2〜3回繰り返して完全に灰汁を抜く。
┰縞に柔らかくなって、灰汁も抜けた豆を、敗れたモノと破れていないモノを選別する。    
選別して破れていない黒豆のみを、極々薄い味の薄蜜(うすみつ)でトロ火でゆっくり煮含めていく。
少しだけ濃度の濃い薄蜜を少量ずつ足しながら、煮汁をゆっくり煮詰めていく。※皮に皺が出来る原因になるため、黒豆を煮る時には必ず、温度・濃度の急激な変化をさせないように注意する。
煮汁が一割程煮詰まったら冷ます。※黒豆は冷めていく時に味が含むので、冷ます事も重要
数日間繰り返し、最後に赤ワインとブランデーを少々入れて仕上げる。

ひと味違う黒豆です!

二文字屋ぷりん‐お取り寄せ

歓送迎会・宴会・接待

クーポン情報

幸呼ブ料理用意シテマス(click)

ヤフーショップ

マイオークション

メディア情報

懐石料理‐献立一覧

料理アルバム

二文字屋流‐吸物出汁=美味しい出汁の取り方

二文字屋ホームページトップ

岐阜の中山道加納宿の二文字屋です

うなぎハム‐二文字屋オリジナル

二文字屋の十二代目が日本で初めて開発した商品です。以来30年以上に亘り、多くのマスコミで取り上げられてきました。 秘伝の調味液に漬け込んだうなぎを桜のチップで燻製にしてあります。

二文字屋 [ うなぎ ] - Yahoo!グルメ

https://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=35.24.06.089&lon=136.45.47.634&width=300&height=300&sc=4

地図を拡大して表示

住所: 岐阜県岐阜市加納本町2丁目17
最寄り駅: 加納(岐阜県)
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2007年5月17日時点の情報です。
ID:0004612264

お店情報を自分のブログにもはりつけよう

https://s.yimg.jp/images/gourmet/map_blog/img/logo_s.gif

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事