ブログってもしかたない

twitter始めました。 http://twitter.com/#!/chototsumoushin

全体表示

[ リスト ]

MikuMikuStudio開発開始

Java版MikuMikuDanceライブラリ MMDLoaderJME を利用した初の本格アプリケーションとしてMikuMikuStudio(仮称)の開発を開始しました。
サポート予定OSはOpenSolaris,Linux, Windows, Macです。
PV作成のみならずゲーム開発等、様々なアプリケーション開発に利用出来るプラットフォームを目指します。

ニコ動に動画を上げました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15356948

YouTube


モデル表示

イメージ 1


Blenderからのインポート

Blenderで作成したステージ等を読み込みます。
イメージ 2


シーングラフ編集

画面にBlenderからインポートしたステージやモデル、PMDモデルを配置します。
イメージ 3



現在出来るのはここまでです。

今後の開発予定

VMDモーション作成
PMDファイル編集
物理演算編集

閉じる コメント(11)

顔アイコン

将来このプラットフォームをクラウド上で管理・運営・活用する様にできないでしょうか。
動画や振り付けを制作するユーザーはクラウド上にあるこのプラットフォームにアクセスし、これを利用してモデルデータなどを共有できる統合環境的なイメージです。
それが実現出来ると世界のどこかの会場でライブを行う際にも、システムの中核はクラウド上のプラットフォームにあるので世界のどこからでもアクセスでき、そのためライブには手持ちで予備のシステムをもって行く程度にシステムの規模を小さく収めることができ、それを会場へ持ち運ぶだけでライブ会場でのライブシステムの構築が実現できるのではないか、と考えるのです。
クラウド上のプラットフォームは動画Pやモデル制作Pたちの共同創作環境として機能し、データを一元的に管理、ミクのライブなどでもここから基本データを抽出して、ライブ用CGを起こして保存し、ライブ会場に持ち込んだコンパクトなシステムでそれを読み出してライブに活用するという方法が取れないものか、と考えますがどうでしょう。
この実現には当然SEGAさんのライブシステムとの互換性が必要になってくるものと思います。 削除

2011/9/3(土) 午前 6:20 [ びよ〜んど ] 返信する

顔アイコン

びよ〜んどさんはじめまして。

> 動画や振り付けを制作するユーザーはクラウド上にあるこのプラットフォームにアクセスし、これを利用してモデルデータなどを共有できる統合環境的なイメージです。

実はそういうことは既に考えています。
jME3にはモデルデータやサウンド等を作成してサーバーに登録し、ユーザーが自由にダウンロードして使用出来る仕組みがあります。
それをそのまま使うかどうかは分かりませんが、再配布可能なモデルデータやモーションデータを登録出来る仕組みは作ろうと思っています。

またMMDLoaderJMEはアプレットとしても使用出来ますので、ダウンロード前にブラウザでモデルを表示したりモーションを再生したりすることも可能です。

現在は動画サイトに動画をアップしてユーザーが見るというのが一般的ですが、リアルタイムレンダリングした画像はh264などで圧縮した画像とは比べものにならないくらい綺麗です。

2011/9/3(土) 午前 10:45 [ chototsu_moushinp ] 返信する

顔アイコン

> この実現には当然SEGAさんのライブシステムとの互換性が必要になってくるものと思います。

SEGAさんのシステムは良く知らないのですが仕様は公開されている物なのでしょうか。
公開されていたら実装は可能でしょう。

2011/9/3(土) 午前 10:45 [ chototsu_moushinp ] 返信する

顔アイコン

>実はそういうことは既に考えています。

おぉ!それはわくわくです。ご苦労もおありでしょうが開発感謝です。
実は私もそういうことはもう開発の範疇に入ってるのだろうな、と思いつつもコメント書いてしまった。「プラットフォーム」という言葉で当然その辺も・・・と。
私もSEGAさんのシステムは公開してくださる類のものかどうか不明です。
でも特定のシステムがどういう仕様にしろ、キャラクターを躍らせるプログラムでは動作やアングルの情報を「基本情報」として統一化できるものと思いますので、かつてシンセサイザーの演奏情報"MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)"で各社全ての楽器での統一化を果たした様にできるとよいのですけど。
それが実現できればさしずめ送受信信号規格名は"Character Dancing Digital Interface"かな?略称は"CDDI(読みは「カディ」?)"ですかね。
動画文化を楽しむ側としての希望を言えば、SEGAさんのスタッフさんたちにもこうした開発に参加してほしいです。勝手な要望かもしれませんが。 削除

2011/9/3(土) 午後 11:45 [ びよ〜んど ] 返信する

顔アイコン

ちょっと訂正です。

× 動作やアングルの情報を「基本情報」として

○ 動作やアングルに関する情報のやりとりを「(さまざまなシステムと互換させる)基本情報」として

・・・と換えます。 削除

2011/9/4(日) 午前 0:06 [ びよ〜んど ] 返信する

顔アイコン

モーションデータはモデル依存ですからコンバート出来るかどうかは難しいところですね。多分SEGAさんはPMDとは全く違う構造だと思います。

イベントで使う場合は回線事故の可能性もありますからローカルのHDDに入れておくのが現実的だと思います。そんなに大した量のデータでは無いですし。

そういったシステムが役に立つのはコンテンツの開発と視聴者への配信じゃないかと思います。

現在MMD関連のデータはアップローダなどでばらばらに配布されており、ライセンスも明確で無い物も多く、それが再利用の妨げになっています。そういったところを改善すればもっと再利用しやすくなると思います。

3Dモデルを使ったリアルタイムなモーション配信が出来れば何か面白い事ができそうです。

2011/9/4(日) 午前 1:01 [ chototsu_moushinp ] 返信する

顔アイコン

>モーションデータはモデル依存
>3Dモデルを使ったリアルタイムなモーション配信が出来れば何か面白い事ができそう

なるほど。動作の要はボーンだと思っていました。ボーン依存でモデルデータがボーン動作を反映しながら動けば他システムとの互換性はボーンの動作情報だけの送信で可能なのかもと。つまりダンスデータ(ボーンの動きとアングルだけ)を送る側のシステムから送られた信号を別のシステムが受け取る。モデルデータはそれぞれの受け取り側のパソコンやシステムにインストールしておき、これを送られてきたボーンの動作を読みながらそれぞれのシステムの中でモデルを動かしていく・・・などと想像していたのです。
でもこれMikuMikuStudioの仕様とは大きく違ってきてしまうか・・・。

・・・実のところ私は細かい技術的なことはあまりわかっていないので、「モデル依存」の意味もよく理解できていないのです。なのでなにかとんちんかんなことを言っているかもしれません。
私の言っていることはノイズだと思ってください(=_=;)。 削除

2011/9/4(日) 午後 5:53 [ びよ〜んど ] 返信する

顔アイコン

MMDのモデルにある程度互換性があるのは、モデル制作者が意図的にあにまさ氏の標準ミクと互換性を持つように製作しているからです。
それでも完全に互換性を持たせる事は出来ないので、PV制作者は使用モデルに合わせてモーションデータを編集して使っています。
PMDモデルはIKの処理など少々特殊な仕様になっています。

2011/9/4(日) 午後 9:19 [ chototsu_moushinp ] 返信する

顔アイコン

ははぁ、なる!。MMDとの互換性とはそういう感じの互換性だったのですね。理解の入り口が見えました! 削除

2011/9/4(日) 午後 11:07 [ びよ〜んど ] 返信する

顔アイコン

とりあえず各項目などの日本語化してほしい。 削除

2011/9/12(月) 午後 8:04 [ sunbeam ] 返信する

顔アイコン

実は既に日本語化されているのですがインストーラのバグで日本語ファイルがコピーされません。手でコピーすれば日本語になります。方法は後ほど書きます。

2011/9/12(月) 午後 9:18 [ chototsu_moushinp ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事