ビジネス

すべて表示

転換期

今週注目のイベントが終了し、金融市場はそれぞれ市場参加者が描いた通りに推移したのだろうか。


 イエレンFRB議長は、6月14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見では、「インフレ率の鈍化は特殊要因による一過性のノイズだ」と発言。市場が期待した7月12-13日の議会証言では、インフレ率鈍化への警戒感を示した。しかし、FRBは市場データに基づいて慎重に判断。言葉の綾に惑わされたか。


そんな中、14日発表された米6月消費者物価指数(CPI)は前月比横ばい、コア指数は0.1%上昇にとどまった。また、小売売上高は0.2%減と、いずれの指標も市場予想を下回り、年内の追加利上げ観測が後退。

一転してドル売りに拍車がかかった。ドル円は113円台後半から112円台前半へ下落する中、ユーロドルは1.13ドル台後半から1.14ドル台前半へと上昇。

 カナダ中銀は今週利上げへ。主要国の金融政策が緩和策から引き締めに転じつつある中、日本だけが取り残されていきそうだ。リーマンショック以降導入された金融政策の転換期に入り、今までのようにいかなくなるのかもしれない。


イメージ 1

その他の最新記事

すべて表示

受け入れることの難しさ。

2016/7/18(月) 午後 4:46

こんにちは。 きょう、九州から東海地方が梅雨明け。 猛威をふるった前線も北上か。 やれやれと言ったところですかね。 次の気がかりは暑さと台風でしょうか。 やはり、自然の前ではただ祈るばかりです。 一方、震災後の熊本地方。大変だと思いますが、一日早く普段の生活を取り戻してほしいと願うばかりです。 さて、 ...すべて表示すべて表示

月が満ちる!

2015/2/2(月) 午後 8:04

こんばんは。2月に入りました。 寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?受験生にとっては今が大事な時、予防して夢に近いてください。 さて、為替ネタ。 今週後半、アメリカの1月の雇用統計が発表される予定。その他にも重要な経済指標の発表も予定されている。 ふと、夕方の空を見上げると、月。だいぶ満ちてきている。4日が満月。潮の満ち引き。マ ...すべて表示すべて表示

ひとりごと

2015/1/24(土) 午後 6:13

こんにちは。 毎日、寒い日が続いています。体調管理は大丈夫ですか。 さて、米FRBの金利引き上げ時期について、雲行きが怪しくなってきた。今年の6月が多くの見方から9月にずれ込むとの予想に後退。 確かなものなどないのに、どうして期待を持たせるように数字目標を掲げ、カオスに落ちていくのか?不思議だ。 ここにきて主要国は、相次ぐ金利引き下げや ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事