全体表示

[ リスト ]

こんばんは。
19日から始まった今週。その17日に中国が金利引き上げ、翌18日日曜日に実施と?

日本の感覚ではいまひとつ考えられないが・・。
それで月曜日、意識的に円高へ。

そう何回も通用しない。円高に振れるが、日本の株価がプラス圏に、同様に中国も一時不安定に
なるものの値をもどす。

じりじりと円安へ。

今週はロシア勢は静かに。FOMCの声明文の内容を二日かかって、見直すとは・・・?
乱高下。

そして、ユーロドルが1.34ドル台をつけたが、金曜日には1.32ドル後半へ急落。
でも、底堅いと個人的には思っていましす。
中東情勢で一時ドル売り。
しかし、サブプライム市場の悪化が懸念されいる中、中古住宅販売戸数は前月比3.9%増となり、増加率は同水準を記録した2004年3月以来。

ドル買いになった模様。

さて、来週は。欧州が夏時間、オセアニアが冬時間へ。
ニューヨーク市場では、30日に2月の米個人所得統計で発表される個人消費支出(PCE)価格指数が焦点。連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注目しており、強い伸びとなれば米金利引き下げの可能性が低下する可能性があると思われる。
 またバーナンキFRB議長は28日に議会証言する予定で、FRBの見解に関する新たな手がかりとなる可能性がある。米景気減速の兆しを判断する経済指標として、26日の新築1戸建て住宅販売、28日
の耐久財受注、29日の第4・四半期国内総生産(GDP)確報値も注目されそうだ。

では、桜の満開までもう少し時間がかかりそうですね。
よい週末を・・_・!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事