長生炭鉱の水非常を歴史に刻む会のブログ

1942年2月3日、山口県宇部市の長生炭鉱で起こった水没事故の事実を伝えようという市民団体のブログです。

全体表示

[ リスト ]

2017年4月29日

すっかり初夏の陽気です!
みなさま、ご無沙汰しています。

本日、春のフィールドワークを開催しました。
春のフィールドワークは、それまで夏に行っていたフィールドワークを歩いて回りやすい季節に行おうということと、追悼ひろばの周りの方々との交流を図ることを目的に開催されています。
今回、参加者は10数名でしたが、ホームページを見て、遠く東広島から参加して下さった方もおられました。
これまで興味はあったけれど、なかなか機会がなかったので、今回参加しましたという方、夏に図書館で行った紙芝居DVD「アボジは海の底」を見たことをきっかけに、今回参加して下さった方、様々な方々が参加して下さっており、本当に感謝の気持ちでいっぱいです
また、韓国のアーティストが長生炭鉱を題材にしたアート作品を発表されていることがきっかけで参加されたアーティストの皆さんもおられました。
これからの追悼ひろばの拡充に希望が持てる出会いになった気がします!

今回はフィールドワークで、長生炭鉱の跡地を1時間半かけて回りました。
最後に海岸でピーヤを見て…

イメージ 1

フィールドワークが終了したら、追悼ひろばで交流会です!
バーベキューをしながら、地元の方も参加しての会です。
今回は、「味満」さんよりお肉の提供があり、美味しいお肉を食べながら、交流ができました。

イメージ 2

この春のフィールドワークを通じて、地元の方々の話を聞く機会ができ、当時の貴重な証言を得る機会ともなっています。
もっと多くの地元の方々が気軽に参加できる機会となるよう、また来年がんばりたいと思います!
参加して下さったみなさま、ありがとうございました
これからも、末永く、ご支援・ご協力をよろしくお願いします!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事