ここから本文です
八潮中央親父サッカー管理人のひとり言
親父は熱いぞ がんばれ八潮中央

書庫全体表示

指導者を信じてほしい

今日は 我が家の サッカー観について語りたい

我が家は 子供とサッカー談義に話が咲く

指導者として また 現役選手として 話をする 高校サッカーOBになって

後輩の最近面倒を見ているようである

我が家では 共通の話はサッカーだ 当然八潮中央のOBでもある

今の子供達の話もするし 指導方法や 考え方も話をする

当然 息子は プレイヤーだから 場面場面の考えや 指導者に対する尊敬の念も

語っている 

私は 今でも サッカーの話題で 話ができることを うれしくもあり 誇りにも思う

卒団式が 近くなるといつも言うことが 「いつまでもサッカーが 好きであってほしい」

サッカーを続けられる 環境にあればもっといい

とことんやって 何かをつかめれば もっといいと思う

実際 途中で挫折するものもいるが サッカーを嫌いにならないでほしいのである

社会人になってからでも サッカーをまた やるものもいる

好きでいれば いつでも チャンスはある

サッカーをやらなくても 語ることもできるし 当然指導者の道もあるわけだから

サッカーが好きでいて 指導の勉強さすれば 子供達のコーチとして 携わることもできる

サッカーに理解のある親なら 同じ目線で 話もできるであろう

指導者になれば 親の気持ちも少しはわかってもらえるのも 利点でもある


少年期は 親の考えで 左右するが 子供はサッカーが大好きな子供達が多いと思う

私は 息子が少年期のときは いろいろなこともあったが とにかく 子供に

たくさんのチャンスを与えたくて 一緒に練習もしたし 中央の試合には 審判も協力したし

スクールにも行かせたのを憶えている やれることは協力したつもりだ

べつに審判や そのほかの事に協力しろといっているのではなく

私は 当時の指導者の 考えを理解したつもりだ

その 積み重ねが 今でも サッカーの話で 花が咲く こんな 親子だと思う

私は 息子を見て 八潮中央でよかったと また 当時の指導者にめぐり合えたことも良かったと

思っている

すこしは 恩返しと今があるのだが 最近の チーム事情に 昔と違って子供の人数も少なく

大変な状況であるが 今の指導者(監督コーチ)を 信じてほしいのである

協力的に事を進めて 良い思い出をたくさん作ってもらいたい

小学校生活を サッカーでまたサッカーでできた友人と 楽しんでもらいたい

ご父兄の 協力が必要だ   とにかく 信じて下さい

すこし感情的でした すいません











 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事