Dialetto osakano

イタリア語まじりの大阪弁講座(ネタ切れ・・・)

全体表示

[ リスト ]

non serve a niente

限界がない事をあらわす言葉
 
non serve a niente
 
主悪の根源はイタリアだった・・・???
イタリア語:non serve a niente (ノン セルヴェ ア ニエンテ)
 
大 阪 弁:らちあかん (ラチ アカン)
 
日 本 語:らちがあかない (ラチガ アカナイ)
servere=・・・に仕える、役に立つ/niente=何ひとつない、つまらぬこと
イメージ 1
 
ナポリ近郊で作られているといわれるユーロの偽札。
偽札対策の為にユーロ札のデザインが変わるとは聞いていましたが、
まずは5ユーロ札から発表されたようですね。(右写真の下が新札デザイン)
写真移りが悪いので分かりにくいかも知れませんが、お札の右端にある
5ユーロと書かれた帯のところにユウロペの顔が印刷されているそうです。
一番偽札が出回っているのは20ユーロらしいので、20ユーロから変えるのかと
思っていたのですが、5ユーロからというのが意外でした。
20ユーロは真似られないように慎重に考察しているのかもしれませんね?!
作っては真似られ・・・いたちごっこのような気もしなくはないですが(^^;

\¤\᡼\¸ 1にほんブログ村イタリア語のランキングに参加してます
バナーをワンクリック!応援お願いします(別窓で開きます)

閉じる コメント(13)

偽札って多く出回っているんですよね⁉
私は最近、ユーロ紙幣を見ていないから紛れ込んでも分からないかも…Σ(・□・;)
新しくなってもまた偽札は作られるんでしょうね…。

2013/1/22(火) 午前 0:13 hcb917chiara 返信する

顔アイコン

Ciaomamiさんはイタリア情報が早いですね。私は最近の偽札事件については、ついこの間、テレビニュースで知りました。
今では、ほとんどのお店がレジに偽札発見機(?)を置いていて、それに紙幣を読ませたあとで会計になりますが、もし、知らずに偽札を持っていたら、どうなるんでしょうね?興味があっても当事者にはなりたくないものです。

2013/1/22(火) 午前 3:27 [ signoresabu ] 返信する

顔アイコン

知りませんでしたー。
ってか、イタリアがコインの模様を頻繁に変えるのはリラの時代からそうですが。ユーロでも記念コインで絵柄が変わってる…。一瞬偽物かと思いましたよ…。

2013/1/22(火) 午後 6:27 siili 返信する

>chiaraさん
毎年ユーロ紙幣みていても見分けられませんよ。日本円だって偽札には気が付かないと思います。先日福岡で使われたコピー機で造ったような1万円札は絶対分かると思いますが(^^;日本では最高額の1万円がまねられるけど、ヨーロッパでは流通の多いお札がまねられるのはさすがだなぁ〜っというか面白いなって思いました。

2013/1/22(火) 午後 6:42 ciaomami 返信する

>signoresabuさん
偽札の20ユーロをつかまされた日本人の記事を読んだんですけど、支払いの時に「偽札だ!」と分かり、そのお店のイタリア人は「どこか暗い店で使っちゃえ!」とアドバイスしたらしいです。イタリアらしい(?)お話ですよね。

2013/1/22(火) 午後 6:46 ciaomami 返信する

>siiliさん
いつまでも日本にいたら浦島太郎になっちゃいますよ!帰国(?)した時に新札を受取って「偽札だ!」と騒がないようにして下さいね(^m^)

2013/1/22(火) 午後 6:48 ciaomami 返信する

顔アイコン

にせ札といえば、はじめてローマでタクシーに乗って支払いしたとき、支払ったお札をかざして見ていたのにびっくりしました。
紙幣をしっかり観察したことがないんですが、これから少し気をつけようかな。
娘はコインを集めていて、ユーロ圏のいろんな国のコインを持っています(ちょっと小金持ち)。デザインがおもしろいとか。

2013/1/22(火) 午後 8:01 [ sanbiki ] 返信する

>sanbikiさん
受取ったお札を偽札?なんて思考が日本人にはないから驚きますよね。私もユーロ圏のコインは発行国(?)によってデザインが違う事に気付いた時、一時は集めましたけど使う決意をするのも早かったです。つり銭の用意が不十分なイタリアでは小銭は貴重ですから(^^;

2013/1/22(火) 午後 10:29 ciaomami 返信する

顔アイコン

お釣りが知らぬうちに偽札だったら嫌ですよね。結局は大きな組織が絡んでいるでしょうから、完璧な偽札対策なんて無理なんでしょうねぇ。私は偽札ではないですが、10ユーロと50ユーロを間違えたことがあります。色が似ているから…。 削除

2013/1/23(水) 午前 2:44 [ いっこ ] 返信する

>いっこさん
偽札作る技術や知恵があるなら正当な道で生きて行けそうなんですけどねっ!50ユーロは数えるぐらいしかみた事がありません。私の財布は5ユーロと10ユーロでびっしりです(^^;

2013/1/23(水) 午後 9:15 ciaomami 返信する

ちょっと前まで偽札見分け機?は50ユーロでしたが今は小額の紙幣も使っていますね。イタリアらしいというかなんとも、、、

2013/2/4(月) 午前 7:51 [ ravannemariko ] 返信する

偽札見分け機・・・イタリアでは流通されているんですね〜。それだけ出回っているってことですよね!?訪伊する際は私も掴まないように気をつけなきゃ〜。でもイタリアではテンパッテいるから、そんなことまで気が回らないでしょうね(^^;

2013/2/4(月) 午後 8:44 ciaomami 返信する

>内緒さん
私も今日イタリアから帰国したばかりでリコメが遅くなってごめんなさい。3月もこのまま休んじゃおうかな〜なんて今悩んでいるところです(^^;

2013/2/28(木) 午後 3:32 ciaomami 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事