全体表示

[ リスト ]

シリア情勢の今後

824日、イランと国際原子力機関(IAEA)が核開発問題でウィーンにおいて協議を行う。
また、そのイランの首都テヘランで、26日〜31日、非同盟諸国会議が開催される。
この一連の流れの中で、イランは開発途上国の原子力開発の正当性を主張するとともに、主権国家への国際介入のあり方を問うと思われる。
 
こうしたイラン外交の狙いは、シリア情勢にも影響を与えるだろう。
欧米を中心とする国際社会は現在、対シリア政策において化学兵器拡散阻止、避難民支援、反体制派への資金的支援という行動を軸としている。
おそらく上記のイランの外交によって、そうした国際社会の行動軸の反体制派への政治・軍事支援への移行が鈍ることも考えられる。
 
このような動向を踏まえ、以下に、823日のTBSニュースバード(15時放映)の番組で解説させていただいたことの一部を紹介したい。
今後のシリア情勢を考える上で何らかの参考になれば幸いである。
 
第1は、国際レベルでの分析である。
シリア問題は20113月からおよそ1年半が経過する中、24500人近く(うち市民17300人)の犠牲者を出している。
この間、国際社会は以下の(1)〜(9)の段階で対応している。こうした対応の過程は、他の紛争や政変で見られるものと大きな差はない。しかし、おそらく地政学的リスク(イスラエルおよび湾岸アラブ諸国への配慮)からであろう、慎重で時間をかけているとの感は否めない。
今後、国連または有志連合としては、(10)(11)(12)に関しどう対応するのか、「保護する責任」と「主権国家への不介入」という2つの原則の間でのせめぎ合いの中で推移するだろう。
そのことが、今後の国際ガバナンスのあり方にも関わる「国際社会の分岐点」ともなるように思う。
 
<国際社会の対応>
(1)人道支援・難民保護
(2)国連・アラブ連盟の合同監視団派遣
(3)国際会議開催
(4)国連総会での非難決議の採決
(5)経済制裁の強化(有志)
(6)シリア国民評議会の強化
(7)政治勢力の対話を呼びかけ
(8)反体制派への武器支援(カタール、サウジアラビア)
(9)避難民支援の強化
10)国際刑事裁判所の活用
11)シリア国民評議会の正式承認(閣僚メンバー発表)
 ※以下の(12)(13)はは①②が同時並行もありうる。
12)−①国際介入でシリア領内に安全地域を確保するとともに、飛行禁止区域をつくる
    −②ブラヒミ特使のもとでの和平努力への支援
13)−①安全地域への脅威に対する有志連合による武力行使
   −②ブラヒミ案のもとでの停戦実現、確保
 
2は、国家レベルでの分析である。
今後のシリア情勢のシナリオを参考までに作成してみた。
(1)アサド政権が地中海沿岸部(サヘル地域)を拠点に体制を固め、領土的に反体制派と住み分けを図る。
(2)ブラヒミ特使の調停努力で停戦が実現し、アサド政権関係者の身柄の安全保障を確保した上で、国連監視下で反体制派を含めた総選挙を実施し、新体制をつくる。
(3)アサド政権の軍事力の行使は続き、反体制派はブラヒミ特使の調停案を受諾する。
(4)反体制派によるアサド政権の要人に対する暗殺や爆弾テロなどが効果を上げたり、体制からの離反者の増加により反体制派が軍事的に優勢に立ち、アサド家関係者は国外に脱出する(政権放棄)。
 
イランが、(1)トルコの分離独立を志向するクルド労働者党(PKK)の活動の活発化、(2)レバノンのトリポリでの親シリア派と反シリア派の対立、(3)サウジアラビア東部州での反体制派グループ「アワミヤ自由軍」の創設などに関与したとの報道が流れる中で、サウジアラビア、カタール、トルコといった中東の国々は、対シリア政策においてより慎重な政策選択をする蓋然性が高くなっている。
また、国際社会にとってイラン核開発問題の方がシリア情勢よりも、国際エネルギー市場、国際経済へのインパクトが大きい。これはイスラエルのイラン攻撃とも関係している。したがって、イランがシリア危機を交渉カードとして示した場合、国際社会がシリア問題で妥協する蓋然性は小さくない。
シリア情勢は、アレッポでの攻防戦をはじめ各地での犠牲者の増大をにらみながら、9月の国連総会に合わせて停戦に向け、各国が外交活動を本格化させると考えられる。
 
果たして、それがこの地域の安定化につながるかどうかはまた、別問題である。
ハマでの虐殺と異なりシリア全土に広がった市民レベルでの怨嗟のエネルギーは、おそらく、湾岸戦争後のイラクのシーア派の反乱の時よりも大きいことは確かである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事