全体表示

[ リスト ]

7月14日、フランス南部のニースでトラックを約2kmにわたり暴走させ、多数を殺害、負傷させた事件が発生した。
現在のところ、死者84人、負傷者100人以上(うち重体18人)と報じられている。
トラックを運転していた人物は警察と銃撃戦となり射殺された。
15日、パルス首相は事件を「テロ」と断定し、犯人の動機、背後関係など事件解明に全力を挙げると述べた。
15日(日本時間21時)現在、犯行声明は出されていないと伝えられている。
 
1 なぜ今か
(1)714日は1789年に起きたフランス革命記念日で、各地は祝賀ムードであった。
(2)オランド政権が今月末を持って非常事態宣言を解除すると表明した。
(3)サッカーのヨーロッパ選手権(ユーロカップ)が710日に終了し、警察官およそ10万人を動員していた厳格な警備体制が緩んでいた。
(4)夏期休暇(バカンス)シーズンに入っていた。
 
2 なぜニースか
(1)世界的に人気のある保養地である(年間の観光客数およそ400万人)。
(2)高級ホテル、飲食店が立ち並ぶ通り「プロムナード・デザングレ」(英国人の遊歩道の意)。
(3)花火大会に多くの市民や観光客が集まっていた。
(4)犯人はニース在住者である。
 
3 犯人像と手口
(1)フランスとチュニジアの二重国籍保有者(犯行に使われたトラックから身分証が発見され、指紋で確認された)。
(2)犯人は1985年生まれの31歳で、窃盗・暴力行為で逮捕歴があるものの、情報機関の監視対象者ではなかった。
(3)犯行に使用されたトラックは現場近くでレンタルした車であり、大掛かりな準備や資金がなくとも実行が可能であった(単独犯の可能性もある)。
(4)ソフトターゲットを狙った意図的な行動。
 
4 コメント
犯行の動機や組織性は捜査中であり、現在のところ不明である。
類似した犯行としては、米国のフロリダでの銃乱射事件がある。
フロリダでの事件では、オマル・マディー容疑者がフェイスブックに「ISへの空爆に対する復讐」と動機を書き込んでいる。
この事件ではオバマ政権がISとの関係性を否定したこともあり、犯人は「ISのプロパガンダへの共感者」であると解説されている。
今回の事件も同様にISへの共感者であるとも考えられる。
その一方、オマル・マディー容疑者の動機は、ISに対する空爆に巻き込まれた一般のイスラム教徒の死への復讐であると考えることもできる。
仮にそうであれば、ISに共感したというよりも、同胞愛に基づく「怒り」が見えてくる(このケースではイスラム共同体の成員として)。
警官の黒人への暴力に対する復讐と同じ構図といえる。
その場合、イスラム過激思想に強く染まっていなくとも犯行に及ぶ可能性があり、厳戒態勢を敷いたとしても犯行を防ぐことが難しいといえる。
これまで、イスラム過激思想に多くの注意が向けられてきたが、改めて、犯人を取り巻く社会環境をより丁寧に分析する必要があるだろう。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事