銃/弾薬/射撃用品

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

とうとうリンクグリップを注文しました。もうかなり前から考えていましたが、考えているだけではいつまでも手に入らないので思い切って購入することにしました。

詳細は以下の通りです。

モデル Pardini K2S用スティープバージョン(Steep Version)
材質 ウオールナット
サイズ M
利き腕 右
フォーム 凸面(Convex)
水平角度 0度(皆さんご存知のあの「0度」です!)
厚さ ノーマル
$232

このスティープバージョン(Steep Version)というのは、通常のグリップよりGrip Rakeが5度深いもの、つまり立ったもので、寝かせ度がきついグリップが苦手の私はこれを選びました。アメリカでは、絶大な人気を誇る1911の影響でヨーロッパ式のきつく寝たグリップを嫌う射手が多く、またヨーロッパでも、ワルサーGSPの立ったグリップ角に慣れた射手には人気があるそうです。

手元に届き次第リポートいたしますが、どれくらい掛かるんでしょうね。モリーニは注文以来半年を経過しましたが、未だに入荷の気配なしです。

開く コメント(6)

もっと高いのかと思っていたので、意外でした。

http://www.champchoice.com/prod-__NEW___WALTHER_LP400_CARBON_AIR_PISTOL__SM_GRIPS__RIGHT_-4643.aspx

開く コメント(6)

日本のリンク社代理店が、グリップの角度について誤解し誤った製品を提供している問題について、リンク本社に正式にクレームを入れたのは既にご報告いたしましたが、リンク氏ご本人より以下のメールを頂きました。特に差し支えない内容なので転載します。
===================================
Dear Mr. XXXXXX,

thank you for your information.
We'll ask Schiess-Japan about this.

Best regards
Thomas Rink
____________
Rink-Formgriffe
Am Hofacker 10, 35614 Asslar-Bechlingen, Germany
Tel.: +49-(0)6440/750502, Fax: +49-(0)6440/750503
VAT Reg.no.: DE 173 615 673
www.pistol-grips.net
====================================

これについての私の返信内容がこれです。
====================================
Dear Mr. Rink,

Thank you so very much for your time and consideration.
We all hope that the service at Schiess-Japan will change for the better.

Best regards,

シンシナティ精密射撃部
====================================

後はリンク社に任せて、これにて一件落着とさせていただきます。もし万が一、今後もシー○ジャパンが7度のグリップを「ノーマル」「標準」といって誤って販売をし続けるならば、直ちにドイツのリンク本社に連絡することをお勧めいたします。

アドレス:rink@formgriffe.de

開く コメント(26)

ドイツのカスタムグリップメーカーであるリンク社(Rink Formgriffe)の、日本における正規代理店であるシー○ジャパンが、利き腕と利き目が違う射手のための特殊バージョンである7度のものを「ノーマル」と称して何の必要も無い一般の射手に誤って販売していることについて、多くの射手の方々が疑問を唱えています。代理店側は「うちは正しい。7度のものが標準だ。」と頑なに信じ込んでしまっているそうで、リンク本社に確認しようとする気配すらないようです。8年前にリンクグリップの販売を開始した際によく理解していなかったようで、NTのコーチに確認したとのことですが、もはやこの時点で大きな間違いを犯していたと言わざるを得ません。この代理店はNTの代理店でもコーチの代理店でもなく、ドイツのリンク社の代理店です。ですから、分からないことがあれば確認を入れなければならないところは世界でただ一つ、リンク本社のみです。つまり、入り口を間違ってしまったということになります。

もはやシー○を相手にしていてはいくら説明してもらちが明かず話にならないので、ドイツのリンク社に直接正式にクレーム(official complaint)を入れました。なお、私はこの代理店に何の恨みもなく、政治的商業的意図も全くありません。しかし、日本在住の片手系射手の方々に迷惑がかかっている現在の状況を、どうしても看過したくないのです。

以下がリンク社宛のクレームの内容です。
=================
Dear Madam/Sir,

I have been a long-time pistol shooter and also a huge fan of your legendary grips. Although I now live in the US, I still have a lot of friends in the Japanese shooting community, and it has been brought to my attention that XXXXXX-Japan, your official dealer in Japan, has been selling incorrect products for the last eight years or so.

The following is the list of complains and problems that I have heard so far about XXXXXX-Japan:

1. XXXXXX-Japan calls the 7-degree version of the Rink grips the "Normal."

2. They recommend the 7-degree version of the grips to right-handed shooters whose dominant eyes are also the right side.

3. They say "shooters with no particular problems MUST CHOOSE the 7-degree version."

4. They refuse to look at and understand the Rink catalogue and website. On the Rink official website it is clearly written that the 7-degree version is for those whose strong hands and dominant eyes are NOT on the same side. XXXXXX-Japan claims that the website is wrong (your website, that is) and they are right (!). This is ridiculous.

5. When asked about the discrepancies between what is written in the official Rink catalogue and the XXXXXX-Japan catalogue, Mr. XXXXX says that "the Rink grips that we sell in Japan are Japanese special versions (!!!) which are completely different from the overseas versions." How could that be even possible? It is hard to believe that the official dealer should make such a ludicrous explanation.

6. XXXXXX-Japan refuses to contact your office to clarify if they have been selling the incorrect products.

A LOT of pistol shooters have been mislead and forced to buy the 7-degree version. Indeed, XXXXXX-Japan may be tarnishing the wonderful reputation of your legendary grips. They have been selling incorrect products to so many shooters for too long. IT HAS TO BE STOPPED NOW.

I thank you in advance for your time and consideration, and I look forward to hearing from you.

Warmest Regards,

シンシナティ精密射撃部, on behalf of the Rink fans of Japan

開く コメント(5)

日本の代理店は、「通常のグリップで問題ない射手の方は「ノーマル」の7度を選択する」というとんでもない説明をしているそうで、物が高価であるが故に問題は大きいと思います。

*日本の代理店側の説明
「メーカー英独表記は、フロントサイト側が「傾斜する」場合はノーマル7度を選択する表記になっている。」←これは誤解で、そんなことには全然なっていません。

*正しい解釈
左右方向の見出しが合わない(フロントサイトが左にいってしまう)人は、7度を選べと言っている、ただただそれだけのことです。"lateral turning"ってはっきり書いてあります。いったいどこから「傾斜」の話が飛び出てきたんでしょう。それに、7度のものが「ノーマル」なんて勝手に言っちゃってますが、そんなことどこにも書いてありません!

*日本の代理店側の説明
「現在のメーカー英独表記は誤解を招くような表記で、アングルについては更に説明が必要。」

*正しい解釈
メーカーの表記は非常に明瞭簡潔で、誤解を招くような表現はこれっぽっちも一切どこにも全く無く、さらなる説明は必要ありません。

*日本の代理店側の説明
「アングルの理屈は簡単で、ノーマル(7度)で、”銃全体が左に傾斜する”場合は、全体を元の右側に起こす必要があり、角度を付けない0度を選択する。」

*正しい解釈
これは、いったい何の話でしょう???????これは、非常にまずいです。全く関係の無いトンチンカンなことを言ってます。以下のリンク社の写真をご覧ください。アングルって、本当に簡単な水平方向の振りのことだけなんです。言葉が分からない人のために、親切に矢印まで書いてくれています。

http://www.formgriffe.de/shpSR.php?&c=e&p1=255&p2=369

ごく一般的な射手には7度もの角度がついたグリップは全く無用で、当然0度の、つまり角度がついていないグリップを購入するべきです。

開く コメント(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事