宙へ!!

TAKARAZUKAのある暮らし。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全368ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

『霜花の姫』の前にLaLaTVで放送されていた『皇帝と私の秘密〜櫃中美人〜』。

イメージ 1


うん、これは私は面白くなかった

最後3分の1くらいは早送りで見ちゃいました。。
有料チャンネルなのに勿体ないという感情を抑えられるくらいには面白くなかった(笑)
(録画を消化しないといけないというのもあったけど)

やっぱりヒロインの胡冰卿(フー・ビンチン)さんが個人的にあまり好みじゃないかのなぁ
たまたま彼女のヒロイン作品が薄っぺらいのが多いだけなのか。
どうも相性が良くないです。

あと、花無歓役の韓棟(ハン・ドン)さんが出てる作品とも割と相性が良くなく、
彼が演じる役も個人的に好感が持てない感じの役が多い気がして・・・
今回の役も変なキャラだったな


ストーリー的には、ヒロインが暗殺しようとしていた相手の皇帝に
恋をしてしまうという一見面白そうな設定なのに、
とにかくトーンが軽くて、ラブコメにしてもあまり捻りがなく面白くない。
暗殺とか物騒な単語を使うから、
ヒロインはどんな暗殺者でどんな葛藤があるのかしらと思ったら
動機もいまいちで全然殺意を感じないし、
とにかく薄い。

敢えてだとしても、イタチの精であるヒロインのイタチ強めターンがぶちゃいくすぎる。
ダブルヒロインの狐の子もそんなに可愛いとも思えず・・・
男女共にツボに嵌まる綺麗どころがいなかったのもいまいちだった理由かな。

皇帝役の周渝民(ヴィック・チョウ)さんはカッコ良かったけど、
如何せん役が薄っぺらすぎて・・
ディリラバちゃんと共演した如歌に期待
なお、現在私の中国ドラマ視聴時間キャパオーバーにつき
いつ見られるかは不明(笑)


LaLaTVは8月放送開始の楊冪(ヤン・ミー)主演『扶摇』も楽しみです♪

開く コメント(0)

宵山

京都勤務になってから二度目の夏です。
今日は宵山
四条烏丸界隈は歩行者天国ですごい人混みでした。
会社の人が、宵山は毎年雨のイメージしかないと言っていて
今日は大丈夫かなーって話をした2時間後に雷スコールきました。

イメージ 1


ここ↓、油小路ですわ。
はじめくん大好きな(笑)

イメージ 2


イメージ 3


なお、事件現場はもっと南です。
七条だったかな。

綾小路を通って烏丸通りに戻ってくる道すがら、
杉本家住宅という重要文化財の建物内部と屏風を公開しているのを発見し、
気になったので入ってみました!
あんな風に残っている京都の町屋に入ったのは初めてかも。
暗くてあまりよく鑑賞は出来なかったですが、
屏風は個人所有とは思えないラインナップで
さすが京都の大店だなと思いました。
(「奈良屋」という呉服商を営んでいたそうです。)

この建物は元治の大火(禁門の変の際の火災)で焼失した後に再建されたもので、
来年築150年を迎えるとのこと。

夜に町屋の中から格子越しに賑やかな通りを見るのも不思議な感じでしたけど、
また明るい時間に来てみたいなと思いました。

イメージ 4

開く コメント(0)

イメージ 1


LaLaTVで放送中の『霜花の姫〜香密が咲かせし愛〜』(原題:『香蜜沉沉燼如霜』)。
31話まで来ました。

俄然面白くなってきた!

なぜかと言ったらそれはもう夜神殿下(潤玉)が覚醒なさったからですわ、
間違いない。

イメージ 2


めっちゃカッコいい!
ここ数話でだんだん殿下の生い立ちが分かってきて、
え、そんな悲しい過去があったなんて・・・
あ、これ私の好きなキャラの匂いがする・・・
と思ったが最後、動画漁りまくって完全に嵌まっちゃいました。

潤玉は天帝の子でありながら庶子として天后に目の敵にされ、
決して帝位を狙うことなく孤独に静かに生きていて、
つまり何を司ってるんだろ、星?天体かな?
夜神と言うだけあって夜のお仕事です。
友と言えば夢を食べる鹿のような珍獣一匹だけ。
(この子が中国のCGキャラにしては極めて秀逸なクオリティでめっちゃ可愛い)
で、天帝の血筋が龍だから真の姿は龍らしく、
お母さんは龍魚だから、水術を使うらしい。
時々人魚みたいに足のところが龍みたいな魚みたいなビジュアルになります。
そして実は角も鱗も生えていて、
逆鱗は剥がされると傷跡が残って後々めっちゃ痛いらしい。
夜の神様で孤独で美しい龍とか・・まったくもうキャラが魅力的すぎ。
なんとなく役のイメージが千と千尋のハクっぽいな!

そんな潤玉が、実は元々自分の許嫁だったヒロイン錦覓と出会って恋に落ち、
ここまでは概ね錦覓に対する超優しい一面がほとんどを占めていましたが、
ちょいちょい主人公で弟の旭鳳に嫉妬するブラックな瞬間も垣間見えて
31話では遂にあんなことになってしまって・・・
これからどんどん闇落ちしてあの優しい笑顔が見られなくなるのは悲しい・・・けど
闇にいる潤玉もめーちゃくちゃカッコいい。
全63話ならそろそろ折り返しですが、
夜神殿下的にもここからさらに面白く、そして切なく悲しくなっていきそうです。

それにしても、潤玉役の羅云熙(レオ・ロー)さんがまためちゃくちゃイケメンで!
次から次へとよくもまぁ新しい顔が・・・
しかも歌えて踊れるハイスペックときた。
特に踊る方は割とガチのバレエっぽい舞踊の経験があるみたいで、
ワイヤーアクションの動画とかを見ると、体幹が凄い。
回転も美しい。体操選手みたい。
神仙様って手から色々技を繰り出しますが、
その手先の動きもすごく綺麗なんですよねぇ。
もちろん普通のアクションも綺麗。
あと、たぶんこれからも演出でやたらとデコルテ見せてくるんですけど(笑)、
めっちゃ綺麗。女の人みたい。
とにかく夜神殿下のキャラとビジュアルが似合いすぎで、
後続の出演作に古装長髪キャラが続くのも納得です。

主人公とヒロインについて全然触れてないですけど、
もちろん主役の二人の恋愛がメインですし、
今のところププってなっちゃうような可愛い感じの雰囲気なので
やっぱりこれからですね、切なさが増していくのは・・・
でもいいじゃん!
主人公は勝っても負けても、
最後にヒロインの愛だけは得られると相場は決まってるんだから
(でも結末はよく知らない)
男二号は目的を達成して地位と名誉を得られても、
唯一ヒロインの愛だけは手に入れられないと相場は決まっている
(最近見ている中国ドラマが悉く男二号萌え状態で切ない。)


余談ですが、最近中国の武陵源に行きたい衝動に駆られています。
例によって友人には同行を拒絶されたけど(笑)、
私が身振り手振りで、
仙人が住んでそうな岩がボンボン立ってるあそこよ!と説明したら、
最終的には、何?仙人になりたいの?(笑)って言われました
兵馬俑見た、紫禁城行った、もうここまで来たら仙人に会うしかない!
あーあんな綺麗な仙人おらんかなー。
ヨボヨボのおじいちゃんとかやだ。
1万歳の美男美女がいい。(目を覚ませ。)


追記(7月23日/第37話)

最終回かって勢いで泣けたー
なんで夜神殿下だけあんなに悲しい道を歩まなきゃいけないのー
辛すぎる。。
旭鳳と錦覓は潤玉の気持ちとかどーでもいいわけ!?
龍の本当の姿を現したのは人生で2度だけ、
それが2度とも錦覓の前でだけだったなんて。

私の願いは多くない
毎日少し愛をくれ
日々を重ねれば
それが年月になる
そして一生に
深い愛は望まない
でも長い愛を

この美しい台詞、原文で見たいなぁ。
どっかで見たなたぶん。
そのときはどのタイミングの台詞なのか分からなかったけど。
きっと原文はもっと美しいだろうな。

そんな潤玉の切なる願いを心にも留めなかった錦覓の塩対応と
残された潤玉の孤独が切なすぎて・・・
その後の眠っている錦覓への涙の口づけも・・・悲しすぎる

鹿さんは今日も可愛かった。偉かった。
でもあの夢は夜神殿下には見せたらあかんやつ、なんで持ってった

開く コメント(0)

花組次期トップスター

おめでとうーーー

ドキドキしながら公式HP開いちゃいました。
しかも今朝がた、何故かかれーくんとキキちゃんが男役同士で組んで踊る夢を見て、
心の奥底でめちゃくちゃ気になってソワソワしていたんだなと自覚した。


れい華大好き!万歳!!
めっちゃ嬉しい!!!
おめでとう、本当におめでとう
二人が紡ぎ出すお芝居を心から楽しみにしています

ちぎみゆで果たせなかった『王家の紋章』、ここでやらずにいつやるの!
まじで!

それにしても、改めて見る『はいからさんが通る』がまた格別で
少尉が教会に紅緒を助けに来る場面の台詞が最高すぎて最高すぎます。
泣ける。

でもまずは二人とも明日海さんをしっかり支えて、
しっかりついていって、大役を果たさねばなりませんからね!
今のこの時間を大切に過ごして欲しいなと思います。

開く コメント(1)

雪組先行画像など

イメージ 1


ひゃー!!
咲ちゃんめっちゃカッコいい
もっとコメディタッチを想像していたのですが、
良い感じの雰囲気です


あと、千秋楽映像にひょっこりはんしてる眞ノ宮周平の表情が果てしなく愛しい
カノンの場面も珠玉

あとあと、花組制作発表映像の華ちゃんもめっっちゃ可愛い
少女漫画のヒロイン、ディズニーのプリンセスそのものでした

開く コメント(0)

全368ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事