宙へ!!

TAKARAZUKAのある暮らし。

映画・ドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

紫禁城は観客のいない劇場であった
でも俳優たちは舞台に残っている
そして空しい熱演をくり返すだけだ

イメージ 1


作品中にあるこのナレーションが、
作品の最初3分の2くらいの印象を端的に表しているなと思いました。
多くの大王朝の最末期は概ねそんな感じなのかもしれないですが、
清という国のスケールや未知な領域の巨大さ、
その文化風習を外界から見たときの異様さが
観客のいない舞台で繰り広げられている芝居の空しさを
残酷なまでにより鮮明にしていたような気がします。

映画に「紫禁城の黄昏」という本を執筆した皇帝の家庭教師が登場しますが、
彼はその観客のいない劇場で繰り広げられている空しい熱演を
舞台袖から傍観しているような存在だった。

今やっている清時代のドラマが
ある程度「現代風」に調整されているのは理解しながら見ているつもりですけど、
この映画を見ながら、ああ私が今まで受け付けなかったこの時代のこの国の雰囲気は
このイメージだと思い出した気分でした。

ただ、見ながら不思議な感覚だったのが、
台詞が全て英語、俳優が現地の人じゃない・・ということそのこと自体ではなくて、
それによって、あくまでも外国人が作った映画であるということを
意識しながら見られるのが逆に面白いと感じたこと。
一体この世界観のうちリアルな度合いはどれくらいなんだろう?と
常に一歩引いて懐疑的に見るのが面白かったです。
外国人だからこそ客観的に真実を描けるのか、
外国人だからこそ先入観や偏見が混ざるのか。


あとは、本物の紫禁城で撮影したというだけあって
映像のリアリティーがすごい!
徳川慶喜の大政奉還を二条城の中で撮影するようなものですからね。
それどころのスケールじゃないか。
紫禁城の姿を美しく鮮烈な映像でフィルムに残したというだけでも
あの映画の価値があると思います。


さて、GWの10連休も始まりました!
始まったが最後、一瞬で終わると思うけど
とりあえず『キングダム』見に行こ

開く コメント(0)

イメージ 1


面白くなってきたー!(12話現在)
衛星劇場で放送中の『瓔珞(エイラク)』。(原題:『延禧攻略』)
サブタイトルが 〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 という何とも日本らしい凄まじさ(笑)
でもあながち間違ってもないんですよね


私実はこれまで清時代の史劇があまり好きじゃなかったんです。
辮髪がやっぱりどうも受け入れがたかったし
女性の装束もあんまり好きじゃなかった。
なんですけど、このドラマで見方が180度変わりました

とにかく美しい!!

まず、衣装や装飾品が本当に美しいです。
特に皇后と貴妃が着ている衣装がやっぱり群を抜いて美しいかな。
色や刺繍がすごく素敵。
二人とも若い役ではないし既に高貴な位なので
相応の気品やそれぞれのキャラクターが衣装にも表れている感じがします。

お化粧も綺麗なんですよねぇ
現代的な感じとはまた違って。
皆さん眉は細め。

そして、出演者がことごとく美しい。
主人公瓔珞を演じている吴谨言さんは役的にもそうですけど、
可愛らしいというよりは独特な存在感で、お顔はモデルっぽいかな。
その雰囲気が瓔珞という役にピッタリです。
『秀麗伝』で侍女の役をやってた子?かな。

その相手役?の富察傅恒を演じている许凯くんもまた美しくて、
(静止画より動いてる方が断然カッコいい)
紫禁城女子達の憧れ的存在なのも納得です
これから瓔珞とどう心が近付いて、そして離れていくのか・・・・・
今から苦しい・・・

その傅恒の姉でもある富察皇后役の秦嵐さんがまたわけわかんないくらい美人
こんな美人今まで一体どこにおったのだ!
美しくて可愛らしくて気品があって憂いもあって。
慎ましい声も素敵だし(配音かな?)、クスって笑ったときの一笑傾城感が半端ない。
私もああなりたいからとりあえず喋るときは囁くように発声し
笑うときはゲラゲラせずにクスクスしようと思う(笑)
とにかく富察姉弟が揃ったときの美しさったらないです。
もっと一緒のシーンがあればいいのに!
(今のところ傅恒の登場シーンが極少だからなー)

正直乾隆帝役の聂远さんは今のところあまり響いてこないけど、
富察皇后との並びはすごく絵になるし、
円熟味のあるパートナーという感じもありつつ
意外に可愛い夫婦の一面もあったりして
実はお気に入りのカップルです
なので、皇帝に見初められて瓔珞が妃になるという展開に
自分がどう気持ちを寄せていけるか不安でもあり楽しみでもあります。

あとは、貴妃役の女優さんの悪女っぷりが凄い
凄まじい。
声からして悪女ですもん。
でもやっぱり美しいんですよね。
気位の高さが美しい。
素顔とのギャップにもビックリしました。
化粧ってすごいな!

それから、セットや調度品もよく出来てるなぁと細かいところまで気になりだしちゃって。
この紫禁城はお馴染みの撮影所的なとこなのかな。
オープニングの霞がかかった宮殿っぽい建物がまたイイ感じのビジュアルで、
このオープニングを見る度に旅情をかきたてられます。
(PM2.5に霞んでるのかな?笑)

単に老朽化してるだけなのか、リアルを追及しているのかいまいち分からない
内部の赤壁の色が剥げ落ちてる感じも
もはやイイ感じに見えてくる。

内容は、後宮の女のバトルあり、
ヒロインが姉の死の真相を探るサスペンス要素あり、
もちろん恋愛要素もあり、すごく面白い
他のドラマに比べて、ドロドロしていてもあまりイライラしないんですよね。
瓔珞がすごく賢くて逞しくて勇ましくて、
かなり迅速に悪を懲らしめてくれるのでスカッとする!
今のところ逞しすぎて逆に女の子っぽい可愛さには欠けるけど
恋愛要素が増えてきたら瓔珞も少しは女子力アップするかな
傅恒との絡みが楽しみだな

開く コメント(0)

何気なくBSでやっていたのを見始めたら思いの外嵌まってしまって、
レンタル一気見!のパターンでした

イメージ 1


最終回めっちゃ泣けたー( ω-、)
韓国ドラマは最後の最後で夢オチあるから、
エンディングまで気が抜けない。
終わったと確信できるまでどうなるか分からない。
このドラマもその心構えで最後まで見てました。

社会問題や過去のトラウマなどドラマのテーマはすごく重いけど
基本がラブストーリーでそこに家族愛や友情が加わって、
全体としては切なさを温かさで包み込むようなドラマでした。
とても繊細だった。

主人公を演じた2PMのジュノ氏も去ることながら、
ヒロインのウォン・ジナさんがすごく良かったです。
新人女優さんなんですね。
めっちゃくちゃ顔がちっさくて
かっわいい(´・∀・)
なのに芯はしっかりしてる感じ。
このサイズ感と存在感、誰かに似てる・・と思ったら、華優希嬢だわ!
だから好きなんだ(笑)

あとは、主人公の親友(弟分?)のサンマン役をされてた俳優さんの助演男優賞っぷりが凄くて
最後のドナーの話のところは特に心を揺さぶられました。
サンマンが天使に見えた。
一方で、彼の母親が自分の息子が親友のドナーになることに反対するシーンは
なんだかすごく考えさせられるシーンでした。
最終的には息子の考えを尊重するっていう展開も含めて。
サンマンの気持ちも、お母さんの気持ちも理解できた。

ドラマの舞台は釜山?だったかな。
ノスタルジックで情緒ある街並みが素敵でした


さて、『鳳凰の飛翔』も終わって、『寵妃の秘密』も見終わって、
今いちばん嵌まってるのはコレ!っていうのが無くなっちゃいました
とりあえず中国ドラマ『瓔珞(えいらく)』と『独孤伽羅』は録り溜めて見始めてます
でも『瓔珞』は1週間で2話という亀の歩の歩み・・・
見終わるのに何ヵ月かかるの!

あとはこの前まで韓国ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』を見てましたけど、
これは途中で挫折しました
同じ年下彼氏ものの『愛の温度』は嵌まったのになー。
話数の割に山や谷があまりない印象。
年下だったら何でも良いってもんじゃないんだな

開く コメント(0)

Netflixで昨年秋から配信が開始されたこのドラマ。
ついに最終回を迎えてしまいました

イメージ 1


見応えのある良いドラマでしたー!
でも70話見終わってぼーっとしながら
心の中に何が残ったのかを考えてみたけど
何も見当たらなかった。
強いて言うなら、虚しさ。
憎しみ恨みの連鎖の果てには結局何も残らないという虚しさでした。

ドラマ終盤は特に寧弈と彼と敵対する寧斉の双方の母親が
お互いの(勢力の)手に掛かって亡くなり、憎しみがまた新たな憎しみを生み、
もはやどこに正義があるのか分からないところまで来てしまった。

初めは寧弈も、誰も彼も取り憑かれたように何としてでも手に入れようとしていた皇帝の座が
最後はただただ孤独で重く苦しい責務でしかなかった。


最後の4話の感想。

父親が暗殺され(たということにとりあえずして)、
宮殿から出てきた寧弈が、寧斉や臣下の前で辛子硯に迫られ、
遂に覚悟を決めて初めて自らを朕と称した時の凄みには鳥肌立ちました
こういうドラマの華になるシーンがここぞというときに完璧に決まるのが
このドラマの凄い好きなところです。

あとは寧弈が実際に皇帝に即位するシーンがめーーーちゃくちゃかっこいい!!
陈坤の皇帝ビジュアルが神々しすぎる!
かっこよすぎる。美しすぎる。迫力ありすぎる。

そして、次々と色んな人が死んじゃう中で、
南衣と寧澄が最後まで生きててくれて良かった( ω-、)
知微と寧弈を側で支え続けてくれた二人が死ななくて良かったー
それがせめてもの救いでした。
最終的に二人ともめちゃくちゃ頼もしくなって、
最後まで素直な行動動機と正常な判断力を失わなかった貴重な存在でした。


とにかくホントに総じて質の良いドラマでした。
全体的なストーリーも演出も映像もセットも衣装も役者さんのお芝居も。
・・だったんですけどね、
後半のストーリー展開が若干雑になってしまったのが惜しいなとは思いました。
編集の関係かなぁ。
いまいちそれぞれの最後の行動や選択に説得力が足りなかった。

知微と寧弈が結ばれないのは仕方ないかなと思う部分もあるけど(でも悲しすぎるけど)
知微が取る最後の選択としてはあまりに湿っぽいと言うか、
ある意味無責任と言うか・・・
寧弈も南衣も置いて一人でいってしまうなんて・・・

あとは辛子硯も、確かに寧弈に裏切られた感はあったけど、
その舞台に引きずり出したのは彼なわけで
そこまでの二人の絆や彼のキャラクターを思えば、
安易に私刑に走ったことや最後頑なに朝廷に残ることを拒否したことが
やっぱりちょっと解せない。

あとは、大成のおやじ長孫弘。
この人の登場が最後の最後にこのドラマに与えた最大の減点・・・
最後まであの人のやりたかったことはよく分からなかった。
もういっそ大成の皇族の生き残りは知微一人ってことで良かったんじゃないかな。

いやでもそうは言っても良いドラマでした!
日本の大河ドラマもあれくらいのクオリティだったらなぁ


ところで南衣役の白敬亭(バイ・ジンティン)くん、この役の彼はなんか良かった。
イケてた。
旋風少女のときはぜーんぜん目に留まらなかったのに(笑)
双世寵妃3ではシン・ジャオリンくんの代わりで連城役候補に上がっているみたいだけど、
二人とも顔の系統が似てるし、彼なら5万歩譲って許せる・・かなぁ・・・
いやいやいややっぱりダメー!

開く コメント(0)

イメージ 1


約1週間で30話完走しました。
1話35分くらいなので、サクッと見れちゃうのも良かったです。

ホントに面白かったー!
完成度はもはや1の比ではない。
3やるなら絶対今の主演二人じゃないとダメ!
他の人がやるなら続編はやらなくていい!

とにかくここまで嵌まるとは思わなかったくらい爪痕残されました
好きな中国ドラマベスト5には入るな。
(言い過ぎかな)


以下盛大にネタバレ含みます。


最終回間際までW連城引っ張ったなー!
もう少し早く合体するかと思ったけど。
なかなか合体しないし、なんならあっちの連城も連城は連城に変わりなく
同じ人物なんだよっていうところを後半は強調し出したし、
こっちの連城は回を追う毎に弱っていくし、
あっちの連城に小檀を託した時にはもうどうなるかと思った
しかも実際こっちの連城はあっちの連城を守って肉体が消滅しちゃったし
えー!?まさかこっちの連城は消えちゃったけど
あっちの連城がいるから小檀は大丈夫とかいう展開にならんよな!?
と、最後までハラハラしました。

※あっちの連城→タイムスリップした時代の連城。
※こっちの連城→小檀と1で愛を育んで現代を経て一緒にタイムスリップしてきた連城。
こっちがメイン。

逆にあっちの連城は諸事情あって最終的には肉体をこっちの連城の魂に託して
人格が消滅しちゃったわけで
手放しでめでたしめでたし♪と言うわけにもいかないけど
そこはあくまでも連城は連城で、2人が1つになったんだということを強調してましたね。
連城と小檀が最後に結ばれて良かった

連城ならどの連城でも良いってならないよね!?
と心配していた展開とは真逆で、小檀は最初から最後まで、
現代から一緒にタイムスリップしてきて
陰ながらずっと守ってくれていた連城だけに恋してたってわけですわ。
(でも現代に行く前の東岳国時代の記憶は結局戻ってないってことだよね。)

あっちの連城とも一緒に穴の中に落ちたり(中国ドラマあるある)、
接近戦があったりと、
ドキっとするようなシーンはたまにありましたけど、
徹底してラブシーンは無かったですね。
それはこっちの連城が顔を隠すために使っていた美青年マスク着用時も一緒。
(これも中国ドラマあるある。)
(マスクを付けているという体で別の俳優さんが演じている。)
(でもマスクの俳優さんは私のタイプじゃない。)
その時も徹底してラブラブするシーンは無かったから良かったー(笑)
キュンキュンするあれこれはとにかくこっちの連城がマスクを外して
シンジャオリンくん本人がやるシーンのみでした。

同じ人が同じ人物の役をやってるのに、
タイムスリップして同じ時代に存在しちゃってるがために
別の人物として恋のライバルになるっていう
面白い切り口でした。
1は一人のヒロインの体を二人の人格が共有してる状況だったのに対して
2は一人の主人公が二人存在しているという似ているようで違う状況。
よく出来てるなぁと思いました。


それにしても、あの膨大なキスシーンの数!
ほぼ毎回でした。
2だけで42回とかいうネット情報がありましたけど、
そんなにあったかなぁ。
カットされてるのも入れてってことかな。
カットするなんて勿体ない(笑)
色んなバリエーションありましたけど、
個人的に(/▽\)♪ってなったのは
橋の上で小檀が墨奕懐(連城兄)とハグしてたら
小檀の正面、つまり墨奕懐の背後から連城が不機嫌な顔で近付いてきて
墨奕懐をサンドイッチする形でちゅーしてきたトコデスネ。
まさかすぎて、ひぇ!ってなったわ。
兄貴挟んじゃうなんて奇想天外でとても予想できない(笑)


最後はまた続きを予感させるような終わり方でした。
小檀と連城の間に子供が産まれて(実は二人目)
それまで小檀が真の主だった鎮魂珠とかいう怪しい玉の新しい主にその子がなって
良からぬ輩に目を付けられるって感じでした。

3がキャスト変わらず実現しますよーに

開く コメント(0)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事