宙へ!!

TAKARAZUKAのある暮らし。

映画・ドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
最近中国ドラマに溺れる毎日で、もはや中国語がBGMになりつつある

仕事から帰ったらご飯食べながら昨日の続き、
寝る前にさっきの続き、
週末は一気見、の繰り返し
見終わったら間髪入れずに次を見る。
見るものが見つからないと焦るんです(笑)

今平行して見てるのが4本で、10月後半はさらに2本増えて
もうわけわかんなくなりそうです!(幸せ。)


今いちばん面白くて早く次が見たくて仕方ないのが、
Netflixで毎週3話ずつ配信されている『鳳凰の飛翔(原題:天盛長歌)』というドラマです

イメージ 1


まだ3話で始まったばかりなのに、だいぶ引き込まれてます。
とりあえず3話までを2回見た(笑)

架空の王朝のお話っていうのも先が読めないから面白いし、
作風が映画っぽいと言うか、史実じゃない分演出しやすいのかな?

そして、主演の陳坤(チェン・クン)の独特のお芝居と存在感がすごい。
しかも美しい。
美しい人の黒髪長髪は正義だな!
実年齢40歳くらいみたいですけど、俳優として今が旬な感満載で、
その年齢だからこそ出せる存在感、色気、美しさだと思いました。
それがあの役にぴったりなんですわ。

ヒロインの倪妮(ニーニー)は正直今まであんまり興味が無かった女優さんだったのですが、
この作品によって私の中でポジションが変わること間違いなし。

これはぜーったいネタバレ読まない!

開く コメント(4)

楊洋の顔がひたすらに美しい。
もうそれだけで全てが許せる。

イメージ 1


本国では評判が悪かったみたいなのですが、
ドラマ版『三生三世十里桃花』のオマージュだと思えば、
私は全然いけました
ただドラマを見ないで映画だけ見ちゃうと、?????って感じだと思いますね

最後の辺りは切なくてホロッときた。
のに、あの終わり方はないなー
あれだと墨渊に夜華のあれがあれしたみたいな結末になっちゃうもん。
(どれがどれ。笑)
興醒め感は否めない。

あと、あの変な妖精のCGはいらないな。
どうせならもっと可愛いキャラにすればいいのに。

それから、安定の邦題問題。
闘神?
んー、、確かに墨渊は闘いの神だったような気はするけど、、、
なんですかね、『三生三世十里桃花』を使うと莫大な使用料が掛かるとか?
あのタイトルのブランド力をそのまま使えるなら使って欲しかったんだけどな。
日本放送のドラマも

でもとにかく、あの世界観をやっと日本語字幕で感じられるということが嬉しくて嬉しくて。
楊洋の夜華が美しくてかっこ良くて。
満足


その昔、明治の芸術家、岡倉天心が
「薬師寺の薬師三尊像をまだ見たことがない人は幸せである。
あれを初めて見たときの感動をこれから味わうことができるのだから。」
・・とその素晴らしさを表現したそうですが、ホントそれ!
それなって感じです(笑)

三生三世をまだ見たことがない人は幸せです
だって、あれを初めて見たときの感動をこれから味わうことができるんだから!

10月19日からLaLaTVにて放送が開始されるドラマ版が!
楽しみすぎる!!

開く コメント(0)

うちの会社、台風でも地震でも出勤するか否かは自己判断なんです。
で、休んだり2時間以上遅刻早退したら1日有休扱い。
有休がない人は欠勤。。
それって普通なのかなー。

ということでとりあえず朝は電車が動いていたので出勤して、
2時間ほど仕事して退勤しました。
阪急もJRみたいにスパッと10時以降止めます!とかって
事前に宣言してくれたら休みやすいのになぁ。


と、前置きが長くなりましたが、
こんな日は家に引き込もってドラマでも見るに限ります。

ちなみに今ちょっとずつ見ているのは『麗姫と始皇帝(邦題)』、『旋風少女2(原題)』という中国ドラマ。
『麗姫〜』のディリラバ&チャン・ビンビンって
なんであんなに何度も共演してるんだろう。
二人とも美形でお似合いだからすごく嬉しい
早くDVDの続きが見たーい!

『旋風少女2』は、なぜかまた私の中に楊洋&『シンデレラはオンライン中』ブームがやってきて
その果てに、楊洋が出てる『旋風少女1』を通り越して2のチ・チャンウクに再び嵌まるという展開。
ヒロインの女優さんも可愛くて、1の子より好きだなー。
三生三世でちっちゃい蛇の化身みたいな役だった時はさほど可愛いとも思わなかったんだけど。
チ・チャンウクとの相性も良い


で、やっと本題の『じれったいロマンス』!

イメージ 1


2017年放送の韓国ドラマで、たったの14話しかないので
2日で一気見しちゃうくらい面白かったです
久し振りにこういうTheツンデレ、Theラブコメなドラマを見た気がするな
ハッピーエンドに飢えていたので、ちょうど良かった

主人公がとにかくすっっごいツンデレ。
ソンフン主演の別のラブコメドラマも以前見かけたことがあったのですが
なんかいまいちあのときの彼のビジュアルが好みじゃないなって思ったのと
ヒロインも好みじゃなくて、挫折しちゃったんですよね。
でもこのドラマのソンフンはめっちゃカッコ良かった
スタイルもモデル並

ヒロインとの相性も良かったし、内容もその他のキャラも面白くて
キュンキュンもするし切なくもなるしちょっと泣ける。
9話?だったかな、プールのあれはヤバい(笑)
いや、ステーキのあれもやばいな。

まーしかし、色んなテクニックを盛り込んできますよねぇ、昨今のドラマは。
新しいキュンの手法を追及するのも大変だと思いました

このドラマ、中国でリメイクしても面白そうだな

開く コメント(0)

イメージ 1


『麗王別姫』ロスに備えなくちゃと思って、
韓国ドラマ『七日の王妃』を先月からボチボチ見始めてました。
昨日最終回まで見終わってしまったのですが・・・
麗王別姫ロスの傷口に塩を塗るだけだった(笑)

こんなに悲しい悲恋ばっかり見てたらメンタル壊れるわ!
そろそろハッピーエンドが欲しいよー。。( ω-、)

これもタイトルからしてとてもハッピーエンドとは思えなかったのですけど
奇跡のエンディングもありうるかもと思って。
しかも最後の最後まで着地点が見えなかったから
若干の期待をしてしまったとこに、
わーーー( ;∀;)って感じのラストでした。
でも麗王別姫に比べたらその悲しみはまだ浅い・・かな。

正直なところヒロインのパク・ミニョンさんは
ドラマを見る前はそんなに好きじゃなかったんですよね。
でも、このドラマによって印象が変わりました。
そして、相手役のヨン・ウジンさんがめっっちゃ素敵で
アラン使道伝の悪役のイメージが私の中では強くて
あまりこういう綺麗な王子様的なイメージが無かったので
新鮮でワクワクしました
お似合いのカップルだったなー

はぁ・・でもホントにそろそろハッピーエンド・・・
でもでも次見ようと思ってる中国ドラマも悲恋

開く コメント(0)

あーーーー
終わったーーー
5月から見始めた中国ドラマ『麗王別姫〜花散る永遠の愛』全82話が昨日最終回を迎えました。
いやー・・81話からして号泣でしたけど、
最終話は45分終始大号泣で・・・
ロス感半端無さすぎて終わったとか思いたくない。

以外ネタバレします。

私、このドラマの終わり方、良いなぁと思いました。
ある意味新しい。

ヒロインの沈珍珠は最後、恐らく亡くなるんですけど
その姿は敢えて描かれていなくて。
李俶を悲しませないため、
皇帝としての責務を全うさせるため、
自分の命が尽きようとしていることを告げずに療養の旅に出たいと申し出ます。
そして、時が経って李俶が忘れた頃に自分の訃報を知らせて欲しいと
自らの思いを友人に託します。

その事実を李俶は知ってしまうんです。
でも、彼も珍珠の思いを汲んで、
さらには自分が悲しんでいる姿を見せることで
珍珠がさらに苦しむということが分かるからこそ、
苦渋の思いで騙されているふりを最後まで続けます。

そんな二人の会話からは、最後まで言葉には出来ない別れの悲しみが溢れ出ていて
別れが悲しいと伝えられない、
別れたくないと伝えられない、
もう二度と会えないとお互い分かっていながら、
その悲しみを口にできない、
それがこんなにも静かな、こんなにも悲しい別れだなんて

皇帝に即位し、いよいよ珍珠が旅立つ時が来て、
見送りたいから出立を遅らせてほしいと言う李俶に対して珍珠は
「君を千里送るとも 終にはすべからく別すべし」
という諺を引用して李俶をなだめます。
少しでも別れを先延ばしにしたい、
どこまでも見送っていきたいという切実な思いと、
でもいずれ必ず別れはやってくるという悲しい現実がこの言葉に表れていて、
ここでも滂沱の涙でした。
いや、終始滂沱の涙でした

どうやら原作の小説は少し結末の描き方が違うようなのですが、
私はドラマの結末も非常にロマンがあるなと思いました。

李俶、つまり代宗は、ネット情報によると
在位中皇后を冊立しなかったようなんですよね。
このドラマで後半の恋敵となった独狐氏をその死後皇后に追封してはいますが、
沈氏が皇后に追封されるのはそのひ孫の代になってからのようです。

このドラマで李俶が最後まで、
これだけは忘れないで欲しいと珍珠に伝えていたこと。
「君が戻るまで皇后の座は空けておく、君が戻るのを待っている」
戻るはずのない珍珠を、
李俶はそれでも待っていると約束したんです、
このドラマでは。

代宗が沈氏を皇后に追封しなかったのは、
彼が行方知れずの沈氏の死を認めていなかった、
彼が死ぬまで待っていたからなんだ、
そんな風にドラマと史実がリンクして
あぁなんてロマンチックな解釈なんだろうと感動しました。

ドラマでは李俶のその後も描かれてはいませんが、
あの孤高のラストシーンからは、
きっとこの世を去るその時まで
一人珍珠を待ち続けていたんだろうなという余韻もありましたね。


あーーー、でもホントに毎晩毎晩、
このために1日頑張ってた感すらあるので、ロスがやばいです。。
82話もあるから脚本にはそれなりに色々突っ込みどころはありましたが、
冬珠カップルは毎日の癒しだったな〜
はぁ・・・・・寂しい( ω-、)

イメージ 1

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事