フィリピン留学 ネイティブマンツーマン 多国籍英語学校 CIP

フィリピン留学 IELTS TOEFL TOEIC ネイティブ マンツーマン授業

学生 Interview

すべて表示

人との出会いに感謝

お名前:CHINATSUさん(English name: summer)
留学期間:13週間
コース:start learmer
    (フィリピンマンツーマン5コマ, ネイテイブグループ2コマ) 計7コマ

CIPを選ばれた理由は何ですか?
私はエージェントを利用したのですが、エージェントの方がいくつか学校を紹介して下さった際に私はCIPを迷わず選びました。なぜならネイティヴスピーカーがたくさんいるからです。最初フィリピン講師の発音に不安を抱いていたのですが、ネイティヴスピーカーがいることでフィリピン講師の発音も向上していると薦めていただきました。私の先生方は発音がきれいでとても聞き取りやすかったです。
また、施設内の建物や寮がきれいだと思ったことも理由の1つです。ハウスキーパーの方々が毎朝早くから校内をそうじしてくださっていました。さらに週に2回部屋のそうじをして頂けるので快適に部屋を利用できました。

スコアはどのくらい向上しましたか?
特定のスコアは持っていませんが、私の場合スピーキングとリスニングが弱点でしたのでこの2つを徹底的に上げようと努力しました。最初の授業では先生が何を言っているのかほとんど分かりませんでした。そして英語でどんな風に自分の意見を言えばいいのかも分からず、黙って話を聞いていることが多かったです。結構心折れましたね(笑)少しずつ授業にも英語にも慣れていき、まだまだですが最終的には、先生の言っていることも理解できるようになり、スムーズに受け答えができるようにもなってきました。瞬時に英語で受け答えが出来た時は嬉しかったですね。


お気に入りの講師を教えて下さい。

T. Vicky, Aina, Euniceの3人です!とても仲良くなりました。

Vicky は本当に頭の良い先生だなと思いました。vocabularyを教わっていたのですが、とにかく頭の回転が速いです。授業になると彼女の雰囲気がガラッと変わり少し緊張感がありました。でも本当はとってもお茶目なんです。よく一緒にふざけて歌を歌っていました(笑)


Aina にはwriting を教わっていました。彼女は書くことと読むことが大好きなので、私の writing の講師にはぴったりでした。元々私はwriting だけは出来ていたほうなのですが、Aina にはさらにそのスキルを上げてもらいました。彼女はとても優しくて毎回の授業で癒されました。相談にものってくれました。


Eunice speaking の講師でした。Speaking の授業なのでひたすら話していました。特に発音を直してもらっていたのですが、日本語英語で覚えていた発音を違うと指摘された時は驚きました。それが正しいと思っていたので。そして発音には厳しかったです。彼女とは特に親しくなり、よく外に遊びに連れて行ってくれました。とてもチャーミングで人を惹きつける存在でした。Eunice は先生というより友達とゆう感じでしたね(笑)

イメージ 1
(T.Eunice)


スコアアップの為にご滞在中どのような勉強方法をされましたか?
また繰り返しになりますが、私の弱点がスピーキングとリスニングでしたので、自主勉強でもそこに力を入れて取り組んでいました。スピーキングの場合、友達と積極的に話すようにしていました。
たとえ相手が日本人でも英語を使うようにしていました。
リスニングの場合、どこにいても英語を聞くようにしていました。朝起きたらまず英語のラジオを聞き、授業後は部屋の中で洋楽を流していました。TED や映画を字幕も英語にしてひたすら耳を英語漬けにしていました。リスニング力は初めの頃と比べてかなり向上したと思います。


ボキャブラリーの学習方法で何か良いアドバイスはございますか?

ボキャブラリーは1日に何十個も覚えようとしても絶対に覚えられません。先生のアドバイスのよると1510単語がベストだそうです。日々の積み重ねが強みになります。そして新しい単語は日常の会話で使うように心がけるべきです。

そして、私は新しい単語に出会った時、必ずメモをしていました。余白でもどこでもいいのでとにかく書き残しました。後々再確認したり、意味を調べなおしたりするのに便利です。また、単語を調べる際にまず英英辞典で調べることをお勧めします。日本語と英語ではニュアンスが違ったりしますので。

イメージ 6


モチベーションを維持する為に、普段どのようなことをされていましたか?
とにかく色々な人と会話をすることです。
フィリピン留学しに来た人はそれぞれ目標や夢を持って勉強をしにきています。そんな人たちの話を聞くと私自身も刺激をされ、もっと頑張ろうという気持ちになりました。
また、時には息抜きが大切です。ずっと机に向かって勉強をしていると勉強が億劫になってきます。たまには気分転換に外に出てリフレッシュすることでモチベーションが続くと思います。



ネイティブ講師のグループクラスで主に伸びた英語のスキルは何ですか?

スピーキングです。私の受けたことのあるネイティブ講師の中でも、特にT. Derek は会話を大切にしていました。毎授業で新しいボキャブラリーを学んでいたのですが、授業前の生徒や講師同士の会話は私のお気に入りの時間でした。たまに会話でほとんど授業が終わってしまうこともありましたね。

イメージ 2


週末の過ごし方を教えて下さい。

週末は部屋で勉強したり、遊びに出かけたり、その週によって色々でした。毎週土曜日にはSMモールというショッピングモールへバスが出ていたので、そこで買い物をしたり、食事をしたり、映画を見たりする生徒が多かったように思います。

また、毎週日曜日にネイティヴスピーカーのオプショナルクラスがあったので、それに出ていたりもしていました。毎週どこかに出かけるアクティヴな生徒もいましたね。

イメージ 3


何か良い経験、思い出などありますか?

ある週末に生徒4人と先生2人でHaduan Falls という滝を見に行きました。それは山奥にあり、そこに着くまでに山登りだけで片道2,3時間かかりました。最初は快晴で順調だったのですが、急に豪雨になり、びしょ濡れになりながら滝を目指しました。途中崖を登ったり川を渡ったりして日本では考えられないような道を通り、冒険にでているような気分でした。結局、障害があり滝まで辿り着くことはできませんでしたが、忘れられない思い出になりました!

イメージ 4


またCIP卒業後の予定は何ですか?

まだ予定の段階ですが、来年アメリカのコミュニティカレッジへの進学を考えています。

新入生に向けてアドバイスをお願いします。

私はこのフィリピン留学でたくさんの人と出会い、多くを学び、たくさんの思い出を作りました。本当にCIPに来て良かったと思います。特に人との出会いは素晴らしいと心から思いました。色々な国籍の人が一か所に集まり、国籍を超えて一緒に時間を共有する。そんな充実した経験は日本に留まっているだけでは得ることができません。異文化に触れ、視野を広めて行きましょう!

イメージ 5


☆スタッフより☆
約3か月のフィリピン留学お疲れ様でした^^
サマーは毎日の勉強だけではなく、放課後のアクティビティやEOPチャレンジャーなど、とても積極的にCIPで活動していました。
いつもたくさんの先生や友達に囲まれ、サマーの周りからはいつも明るい声が聞こえていました☀
アメリカ留学という目標に向けて、またアメリカで有意義な生活が送れるよう、フィリピンから応援しています^^
夢に向かって頑張れー!!!!!
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事