ここから本文です
それぞれの山頂ものがたり
自分らしく歩く!

書庫全体表示

2014/8/1 東大雪/ニペソツ山
 
エサオマントッタベツ岳からコイカクシュサツナイ岳を4泊5日の日程(2014/7/25〜29)で目指した。しかし、台風崩れの低気圧の通過を待つこと43時間、カムイエクウチカウシ山から下山せざるを得ない結果となった。
 
 登山前日泊まった「帯広八千代ユースホステル」に投宿し、ビール&ワイン三昧の一夜を過ごした。翌日も某所でたらふく飲み食べたので、体調管理?のためニペソツ山に行くことにした。
 
イメージ 1
 ニペソツ山
 
 ニペソツ山は、2013mの標高ながらなかなか手強い山である。午前3時30分に起床したが、林道を走り登山口に着いてようやく出発したのは午前6時30分にもなっていた。金曜日だからなのか登ったのはわずか数名であった。こんなに天気のいい日の奥多摩なら、いやになるほど人でごった返しているというのに、ここは本当に人が少なくて好ましい。
 
イメージ 2
 前天狗のウメバチソウ
 
 実際のニペソツ山は非常に厳しかった。それは5日間の縦走を終え、中2日おいての、山地図では11時間コースの山だからであった。辛すぎて前天狗でやめようかと思ったが、途中2か所のお花畑に慰めらる。今日登った数人の登山者は澄ました顔で下りて行く。しかし、喘ぎながら頑張ってニペソツ山の頂上に立った。
 
イメージ 3
 ニペソツ山の頂上から 奥の尖ったところまで戻ってさらに尾根を下って戻る
 
 ニペソツ山は花の山とのことだが、花は少なかった。長い登山道を登り返し前天狗に向かうと鞍部で重たそうなカメラを持った女性が前天狗から下りてきた。一応、社会常識として「こんにちは!」とあいさつをすると、この人は右90度に顔を向けて「こんにちは」と言う。こんなあいさつの返し方もあるんだと勉強した。
 
イメージ 4
 
 今回の北海道遠征でつくづく思った。せせこましい本州の山を離れ、もはや歩く者も稀な日高の山を歩き、頑固な藪を避けるため密生した高山植物を踏み付けながら歩かなければならないとき、テントを張ったら高山植物が犠牲とならざるを得ないとき、ではどうするのかと何度も問うた。というのも、過去この山域のコースを歩いた時にも、北海道に住むという観念的な自然保護絶対主義者と思しき人たちから抗議めいた言質を頂戴したからであった。今回もそんな者たちの言葉を思い浮かべながら、曽野綾子先生の著書の一部を思い出し歩いた。「あなたは、コイカク〜カムエクを歩くときはハイマツの上しか歩いてはならない。否、ハイマツの上も歩いてはいけない。否、山に登ってはいけない。」(以上、意訳)曽野さんの言葉はいつも小気味いい!
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    こんにちは

    私は以前、夏のお盆にカムエク〜エサオマン、そして翌年のお盆にカムエク〜ペテガリ〜東尾根を縦走した事があります。

    [ センゲン ]

    2014/8/12(火) 午後 3:54

    返信する
  • 顔アイコン

    センゲンさん、こんばんは。
    千軒石を拝見しましたが、道南の大千軒岳に関連があることを知りましたが、この山はもう一度登ってみたい山です。
    ところで、カムエク〜エサオマンも然りですが、カムエク〜ペテガリ〜東尾根とはとても大変な山をやられているのですね。カムエク〜東尾根は区切って歩きましたが、これを通しで歩いた記録にはまだお目にかかっていません。すごいことだと思います。

    ciq*2

    2014/8/12(火) 午後 7:45

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは〜。
    ニペソツ山の登山口でいろいろ教えて貰った者です。
    その節はありがとうございました〜。自分もこんなに天気がよいのに10人くらいしか登っていなくて、ビックリしました。(^_^) でも、素晴らしい山でしたね〜。

    自分もさっきニペソツの記事をアップしました〜。ciqiさんの後ろ姿と話した内容を載せてしまったのですが、削除した方がイイのなら速攻で削除しますので、ご連絡ください。

    聞いたお話、とてもためになりました〜!(^_^)

    [ aki ]

    2014/8/31(日) 午後 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    自然保護と登山の問題、自分もいつも葛藤するところです。

    以前、那須山岳会でガレ場で迷わないようペンキを塗っていたら、「自然保護に反する!」と登山者に咎められたそうです。それを言ったら、その方も登山に来ているだけで自然を破壊した登山道を歩くわけですから、自然保護に反していることになりそうなものですが、その方はそのことには気づいていないかのようだったそうです。

    自分は、自然と人間との調和は絶対に必要だと思いますが、教条主義的に自然保護を叫ぶのは行きすぎだと思います。そんなこと言ったら人間は存在できないですもんね〜!

    [ aki ]

    2014/8/31(日) 午後 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    akiさん、こんばんは!
    長期間の北海道の山登り、たいへんお疲れ様でした。
    私と言えば、前々日まで5日間の縦走をしていたとはいえ、今回のニペソツ山は疲労困憊の中で登りました。
    そのような大変な山でしたが、やはりがんばって登った甲斐があるいい山でした。
    akiさんの健脚には驚きですが、その理由は登山前にお話をうかがった中のことで合点がいきました。
    素晴らしい山を同じ日にご一緒で来きました。ありがとうございました。

    ciq*2

    2014/9/1(月) 午後 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    akiさんが考えられている自然保護と登山者のことについては、那須岳で他の登山者に提起されたことと同じような風景を北岳で見ることがありました。
    それは肩の小屋周辺の岩に蛍光塗料をたっぷりと塗られた〇印×印の数々でした。ここはそのような行為は恣意的には許されないはずですが、そのような堅苦しいことを言いたいのではなく、あまりにもその印が山の景観とマッチしていない、美的でないということだったのです。
    そのようなグロテクスなものでなければ、多くの登山者の利便のためにはあっていいと思いますし、実際に助かっていることも事実です。私としては、程度問題だと思うのです。
    でも、1年を通してほとんど人の通うことのない日高の稜線で高山植物を踏まなければならないところを歩いたということで以前にとある人から叱責をいただいたということには今も違和感を覚えています。それこそ教条主義と言わざるを得ませんね。
    そのような稜線を歩いた後の今回のニペソツ山は、大らかでどっしりしていて、私のとても大好きな山の一つです。

    ciq*2

    2014/9/1(月) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    含蓄のある教唆、ありがとうございます。

    ペンキマーク同感で、程度の問題だと思います。必要最低限で充分だと思います。両神山でピンクテープが同じ場所に7〜8本ぶら下がっているのを見ましたが、明らかに着け過ぎです。那須でも、個人が勝手に着けたマークや山頂プレートは撤去しています。

    それと、登山道が無く、人がほとんど入らないような山に藪やハイマツを漕いで行くのは駄目というのも、人間と自然との関わりをつまらないものにしてしまうと思っています。

    ただ、那須のように登山道が整備されていて、トップシーズンは1日で千〜2千人も登るような山は事情が違います。 登山道を外れて自由に歩くことを認めたらあっという間に高山植物が壊滅します。那須にもバリエーションルートはありますが、そちらに行く人はごく少数なので黙認しています。一見不公平のようですが、一律に規制することはできないと思っています。

    日高の山に、1日千人も入る時代は来ないと思いますので、夏の短い時期に少数の人が入ったとしても、自然破壊は起きないと思いますョ〜。(^_^)

    [ aki ]

    2014/9/1(月) 午後 8:22

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事