ここから本文です
それぞれの山頂ものがたり
自分らしく歩く!

書庫全体表示

2016/ 7/11〜12
酉谷山避難小屋

2016年4月30日に酉谷山界隈で行方不明となっていた武蔵野市の62歳の女性が、5月8日タワ尾根で遺体となって発見された。

今回タワ尾根を往復し酉谷山避難小屋に宿泊するに際し、そのタワ尾根が今どのようになっているかということに関心があった。

イメージ 1


死者が出た尾根であるから、道標等の設置はなくともテープ類は丁寧に付けられているだろうぐらいの変化はあると思っていた。

ところがこの赤テープ類、もともとあったものがことごとく取り外されていたのだった。あまりにもすっかりとなくなっている。残っているビニールテープもカッターで切り取られ損なっているようなものばかりである。

よくタワ尾根を使うが、これまでも根こそぎ赤テープを取り外されているのは見ていた。バリエーションルートにテープがベタベタあるのを見触りとばかり取り外した精神病質的な跡を見ると、道迷いをしてあるいは採るべきルートを採ることができず危険な箇所に足を踏み入れて命を落とした人の魂の存在を感じることのない病的なものを感じるのであった。

この女性は、登山道近くにある崖の約20メートル下の沢で登山中の男性に発見されたという4ことだから、(本来は巻くべきところを巻かず)尾根を歩き誤って転落し、全身を強く打って死亡したとみられている。

タワ尾根を長沢背稜に向かって歩いていて、この女性の魂はまだタワ尾根にあるように感じられた。だから、2日目のタワ尾根の下山時に女性の魂が迷うことなく東日原に降りられるよう心配りをしてきた。女性がなくなったと思われる大京ノクビレのほか1か所は間違うと大事故になる。

2日目、ウトウノ頭を過ぎ下っていると登ってくる単独の男性に出逢った。
「この先、道はどうなっているのでしょう?」と聞くので、「テープに従って向かって左側を巻くように通過するといいですよ。」と答えたが、あとでこの人のGPSログをネットで見ると、一度大きく下って8の字を書いてウトウノ頭に登っているのだった。

総じて今のタワ尾根は緑が濃くて同じような風景に見える。支尾根に乗り換えて下るところの間違えやすいところには虎ロープが張られている。しかし、精神病質的な人はこの虎ロープをも外している。自分の世界しか眼中にない人には困ったものだ。

もうすぐお盆を迎える。

この記事に

  • 顔アイコン

    道迷いの原因にもなりかねないテープの賛否は色々あるようだけど、あまり神経質になることはどうなのかとも思えます。地図読み、GPSなどで確認は必要だけど。スキルアップもしなければですね。自分の身は自分で守るしかないですから。

    とめ

    2016/7/14(木) 午前 8:43

    返信する
  • 顔アイコン

    死者に鞭打つというのは、中国人ならともかく日本人の採るべき態度ではないようです。それが今回のテープ剥し屋でしょう。一方ででたらめなテープであってもそれが道迷い程度で済むのならご愛敬でしょう。奥多摩・秩父の山は一歩間違えれば奈落の底というような場所がたくさんあるので、節度をもって付けられたテープは尊重されてもいいでしょう。今回の現場で虎ロープで塞がれた先の岩稜地帯に非粘着テープが付けられていましたが、これこそ道迷いで済まない危険地帯に招き入れかねない非常識なテープであり、悪い奴だなぁとつくづく思うのでした。タワ尾根の美しさを知れば過度なテープは本当に嫌になると思うのですが、そうであっても危険な場所に多くの人が迷い込むところには巻道を教えてあげる程度のテープはあって然るべきでしょう。

    ciq*2

    2016/7/14(木) 午後 8:58

    返信する
  • 顔アイコン

    お邪魔します。
    時々自分のブログに足跡が残っているので
    足跡を辿り何度かお邪魔したことがありました。
    今回もです。

    テープについて トラロープまで取られてしまったというのは
    びっくりですが 公の機関の人が取り付けたのでしょうから。
    それと 下の方で 迷いやすい部分にトラロープ 手製の指導票があり まさかそれまでも無くなってしまっているのでしょうか??

    基本的に迷いやすい場所については それ以外にはないかなと 自分的には思っています。 現在では踏み跡もしっかりしていますから。
    ちなみにタワ尾根は 巨樹までは 正規の登山道だと思いますが
    それより先は いわゆるバリエーションルートで 許可なく
    ハイカーが無断で入っているわけだし 自己責任の世界だと
    考えてます。とめさんが前に書かれているように 自分も 神経質になるのは どうなのかと思います。

    なお モノレールの画像で 進路を示されていますが 自分的には 両方とも×じゃないのと思っちゃっています。
    もう少し手前から左手から回り込んで下った方が より安全に下れると思うし その方がより踏み跡が明瞭だと思います

    いっき

    2016/8/5(金) 午後 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    更に補足 前に金さんが バリ屋を 全員しょっぴいてやろうかと話していたことが有ったそうです。 他人の土地に無断で入り込んでいるからだそうです。

    いっき

    2016/8/5(金) 午後 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    いっきさん、こんばんは!

    タワ尾根は特別に大好きな場所です。この尾根を行き来したのは30回ほどですが、それ自体は意味を持ちませんね。何度行っても季節、天候、時刻によって景色、雰囲気、感じ方、辛さが違います。

    タワ尾根は、多少のブレはあってもほぼ一つの軌跡で結ばれていると思います。件の画像のところの踏み跡は白色のラインをなぞり、すぐ先で右岸のルンゼに収斂されてから大京ノコルに至っているものとして毎回使っています。逆に大京ノコルからではすぐ岩稜に乗っている人もいないわけではありませんが、それは稀のようです。

    タワ尾根は秩父多摩甲斐国立公園の範囲に入っています。国立公園は、「利用の増進」を図ることとされていますが、民間の地権者がいらっしゃるかもしれません。両神山のように通行が許されなくなるようなことがあってはなりません。誰もが安全で楽しい山歩きができるといいですね。

    このような素晴らしいところにベタベタとテープが貼られるのは嫌だし、かと言ってむやみやたらに剥がされるのも困ったものですね。

    ciq*2

    2016/8/6(土) 午前 8:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事