ここから本文です
それぞれの山頂ものがたり
自分らしく歩く!

書庫全体表示

2016/ 7/22〜23
平ヶ岳(テント泊)

イメージ 1
姫池 奥に平ヶ岳(1日目)

高速料金を節約するために一般道を往復した。本命は北アルプスだったが梅雨のさなか、晴れマークは平ヶ岳だった。テントを張ることができればどこでもよかったが、オホーツク海にある高気圧による影響を受けないという点で、ここが最高の場所のようだった。

イメージ 2

炎天下の辛い歩きに耐えて池ノ岳を越え、テント場へ。どこにもそのような表示はないので、平ヶ岳周辺での幕営は歓迎されていないことが想像される。今回、最終的に5張りのテントととなったが、みな簡易トイレを用意していた。さすが!

イメージ 3
 姫池 奥に平ヶ岳(2日目 午前6時)

翌朝、午前3時30分に行動を開始し平ヶ岳頂上を往復し撤収。姫池に来るとテントが張られている。トレランシューズが外に置かれている。規則・社会的約束・決まり事・節度・マナー・遠慮・慎み・・・、そんな野暮なことは言うなよ。おいらは山の弾丸ライナー!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事