日加ショートアニメーション・エクスチェンジ

インディペンデント作家を支援する「ショートアニメーション・エクスチェンジ」を日本とカナダ間の開催に向けた情報サイトです。

全体表示

[ リスト ]

カナダ招待作品

CJax推薦の日本作家・作品の中から、2008年にカナダで開催される、2つの国際映画祭へ招待予定の作品が決まりました。
CJax特別上映が予定されるのは、この2つの映画祭です。
6月の「トロント世界短編映画祭」
9月の「オタワ国際アニメーション・フェスティバル」

作品の選考は、NFBカナダ国立映画制作庁のプロデューサー、マイケル・フクシマと、Bravo!FACTのエグゼクティブ・ディレクター ジュディ・グラッドストンがおこないました。

選考された作品(順不同):
青木純
「コタツネコ」 (次候補「おしるこ」)

大山慶
「ゆきどけ」 「診察室」

宍戸幸次郎
「nakedyouth」

山川晃
「OH HISSE」

和田淳
「やさしい笛、鳥、石」 (次候補「蠕虫舞手」)

久保亜美香
「おはなしの花」

一瀬皓コ
「かなしい朝ごはん」

赤木沙英子
「しももも」

TAKORASU 
「空想世界」から1つのエピソード

森下征治
「Hai and Low」

藤田純平
「さよならばいばい、またあした。さよならばいばい、げんきでね。」

栗田やすお
「緑玉紳士」から1つのエピソード

加藤隆
「around」

坂元友介
「焼魚の唄」

作家紹介は、こちらをご参照ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27519487.html

これらCJax推薦作家の作品とともに、次の2作品が特別上映されました。
 山村浩二さんの『カフカ 田舎医者』
 TOCHKA! さんの『PIKA PIKA 2007』

2008年は、日加修好80周年に当たり、日本の外務省もカナダでの日加文化交流等を応援しています。
CJaxも応援していただけることでしょう。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事