日加ショートアニメーション・エクスチェンジ

インディペンデント作家を支援する「ショートアニメーション・エクスチェンジ」を日本とカナダ間の開催に向けた情報サイトです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

カナダ派遣作家決定

CJaxの推薦作家の中からカナダへ派遣する方々が決定しました。


■ 世界短編映画祭(CFC Worldwide Short Fillm Festival
  会期:6月10日〜15日、開催場所:トロント

『ゆきどけ』の大山慶さんに行っていただきます。

CJax上映予定は、6月13日(金)の午後7時半からです。

この映画祭は、北米を中心とする短編映画祭ですが、約80カ国から公式コンペティションへのエントリーがあります。
カナダで3つある、米アカデミー賞選考対象映画祭の一つです。
来場者は3000人規模。コンペ以外に、映画作家と配給業者、バイヤー等の業界関係者が出会える場になるよう、シンポジウムやワークショップなどに加え、短編映画のマーケットの機能も兼ね備えています。


■ オタワ国際アニメーション・フェスティバル(Ottawa International Animation Festival)
  会期:9月17日〜21日、開催場所:オタワ

『おはなしのはな』の久保亜美香さんに行っていただきます。

芸術監督のChris Robinson氏のご配慮で、久保さんには国際審査員に加わっていただきます。

オタワはご存じの通り、ASIFA認定の世界4大アニメーション映画祭の一つで、昨年は山村浩二監督の『カフカ 田舎医者』がグランプリに輝き、日本でも知名度が高まりました。
作家同士の交流の場であると同時に、北米のアニメーション業界関係者も参加するので、新たなビジネスチャンスの可能性もあります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この2作家の派遣とCJax作品上映は、NFBのマイケル・フクシマとBravo!FACTのジュディ・グラッドストンによる両映画祭への提案により、映画祭の正式招待となりました。
CJax推薦作家21名の中から14名の作品が上映される予定です。

この上映では、山村浩二監督の『カフカ 田舎医者』とTochka Factory監督の『Pika Pika 2007』も特別上映されます。

この派遣は、国際交流基金の助成および各映画祭の助成により実現しました。

さらに、CJaxは日加修好80周年記念イベントに認定されました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

6月9日から開催される、世界最大規模のアニメーション・フェスティバル Annecy 2008で、CJaxに登場した作家あるいは関連の作品がノミネートされました。

まず日本からは、
加藤久仁生さんの新作『つみきのいえ』が短編部門に登場します。加藤さんは『或る旅人の日記』でノミネート経験ある、“アヌシー常連”。

そして、学生部門に加藤隆さんの『Recorder』がノミネートされました。

カナダからは、ジェシー・ローゼンスイート監督の『Paradise』が短編部門にノミネート。

そして、マイケル・フクシマがおこなう、Hot Houseから若手の3作品もノミネートされました:
  Dale Haywardさんの『ROY G BIV』
  James Braithwaiteさんの『Biology Made Un-Easy』
  Jody Kramerさんの『Monster Hop』

アヌシーの大劇場で、観客の一人として拝見するのをが楽しみです。

イメージ 1

CJax〜日加ショートアニメーション・エクスチェンジ〜の日本イベントが終了しました。

昨年10月から延べ1000名近い方々に、日本とカナダの注目のショートアニメーションをご覧いただきました。
ご来場くださったみなさん、CJaxを応援・支援してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
CJax推薦作品の一部は、カナダの映画祭に登場します。

CJax日本イベントの報告をします。

■ファーストステージ(2007年10月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ)
第20回東京国際映画祭の提携企画として、映画祭公式スクリーンで、CJax推薦日本作品17本、カナダ作品14本を上映。
CJax主催者・カナダ国立映画制作庁のプロデューサー、マイケル・フクシマが舞台挨拶をおこない、CJax推薦日本人を紹介した。

☆参加作家☆
藤田純平、一瀬皓コ、上甲トモヨシ、加藤隆、久保亜美香、森下征治、大山慶、坂元友介、宍戸幸次郎(敬称略)

http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/24695122.html

東京国際映画祭と同期間に開催された、第4回文化庁映画週間  世界映画人会議II シンポジウム「世界の若手アニメーターの現状〜カナダ、ドイツ、フランス、そして日本〜」(10月25日)にマイケル・フクシマが出演し、カナダ国立映画庁とBravo!FACTなど、官と民がおこなう独立作家の映画・アニメーション制作支援を紹介した。CJax推薦作品の一部も上映した。


■セカンドステージ(2008年2月)
東京と京都の2個所開催。
フォトアルバム:
http://blog.livedoor.jp/officeh_notebook/archives/50895107.html

<東京> 2月13日にカナダ大使館 オスカーピーターソン・シアターで「CJax日本イベント セカンドステージ・東京」を開催した。
CJax推薦日本人作家21名の作品と、カナダの短編アニメーション14本、Bravo!FACT制作のアート系短編映画8本の上映。
カナダ人ゲスト ジェシー・ローゼンスイート監督による講演「カナダにおける独立系アニメーション監督の創作活動と制作支援体制」をおこない、日加交流を深めた。

☆参加作家☆
青木純、荒井知恵、細川晋、上甲トモヨシ、金子祥之、加藤久仁生、TAKORASU、森下征治、大山慶、坂元友介、和田淳(敬称略)

http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/30387081.html

<京都> 2月16日に京都国際マンガミュージアムで「CJax−日本カナダショートアニメーション・エクスチェンジ京都上映会」を開催した。
CJaxのアニメーション作品、日本21本、カナダ13本を上映。
ジェシー・ローゼンスイート監督が講演「カナダアニメーションの制作現場から」をおこない、ローゼンスイート監督はアニメーション監督 杉井ギサブロー氏、和田淳氏とともにフォーラム「日本のアニメとカナダのアニメーション」に参加した。
好評により、2月23日に作品のアンコール上映をおこなった。

☆参加作家☆
栗田やすお、和田淳(敬称略)

http://www.kyotomm.com/2008/01/080216_cjax.php


■セカンドステージのプレイベント(2008年1月)
玄光社「月刊コマーシャルフォト」編集部とアップル社の協力を得て、セカンドステージ宣伝のために、アップルストア銀座で作品上映と日本人監督4名(加藤隆、大山慶、TAKORAU、坂元友介各氏)のトークショーをおこなった。

http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/30384854.html


■CJax in Europe(2007年11月)
CJax推薦の日本作品集は、日本の学生作品ICAF(インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル)のベスト集と共に、フランスValenciennes市で2007年11月に開催された「e-magiciens 2007(欧州の若手CG作家ギャザリング)」で上映された。

さらに、e-magiciens 2007に先立つ11月22日にフランスLille市で開催された日本文化紹介イベント「Quinzaine du Japon (Japan fortnight)」でも特別上映された。


■CJaxの評価
CJaxが推薦・紹介した作品は、日本とカナダそれぞれの独立系作家や若手作家が制作した短編アニメーションで、それらを30本以上集めて上映した機会は過去に極めて少なく、業界関係者、教育関係者、そして若手・学生など、いわゆる“アートアニメーション(独立系作家の作品)”に関心を持つ人々から高い評価を受けた。このような機会が、“アートアニメーション”の創作者と愛好者の裾野を広げるとして期待される。

カナダ作品から、本年度アカデミー賞短編部門賞ノミネート作品(ジョーシュ・ラスキン監督『I Met the Walrus』)が出て、上映作品の質の高さも証明された。そしてカナダ作品14本のうち12本は2006年、07年に制作されたもので、映画祭以外での上映は、ほぼ全作が初公開となった。

東京でも、京都でも来場者から、このような交流上映イベントの継続を望む声が寄せられた。「CJaxが来年もあれば良い」、「日加両国のアニメ作品のレベルの高さに驚いた」などの意見が寄せられた。京都の上映会に名古屋から駆けつけた来場者がいた。

CJaxが推薦する21人の作家・作品の中から、2008年にカナダで開催される世界短編映画祭(6月、トロント)とオタワ国際アニメーション・フェスティバル(9月)で特集上映される。
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/32859080.html


CJax推薦作家〜日本 紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27519487.html

CJax推薦作家〜カナダ 紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27533402.html

CJaxの開催概要
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/23791565.html

これからCJaxは、カナダに舞台を移し、若手作家の国際デビューを応援します。

2月16日に京都国際マンガミュージアムで開催された、CJax京都上映会は、
雪の舞う厳冬にもかかわらず、多くの若い方々にお集まりいただきました。
熱心にご覧いただき、ミュージアム初のアニメーション上映会は大好評でした。

「もう一度観たい」
「見逃してしまった」という声がミュージアムに寄せられたので、アンコール上映会が決定しました。

2月23日(土)午後2時から

詳しくはこちらへ
http://www.kyotomm.com/2008/02/080223_cjax.php

カナダ招待作品

CJax推薦の日本作家・作品の中から、2008年にカナダで開催される、2つの国際映画祭へ招待予定の作品が決まりました。
CJax特別上映が予定されるのは、この2つの映画祭です。
6月の「トロント世界短編映画祭」
9月の「オタワ国際アニメーション・フェスティバル」

作品の選考は、NFBカナダ国立映画制作庁のプロデューサー、マイケル・フクシマと、Bravo!FACTのエグゼクティブ・ディレクター ジュディ・グラッドストンがおこないました。

選考された作品(順不同):
青木純
「コタツネコ」 (次候補「おしるこ」)

大山慶
「ゆきどけ」 「診察室」

宍戸幸次郎
「nakedyouth」

山川晃
「OH HISSE」

和田淳
「やさしい笛、鳥、石」 (次候補「蠕虫舞手」)

久保亜美香
「おはなしの花」

一瀬皓コ
「かなしい朝ごはん」

赤木沙英子
「しももも」

TAKORASU 
「空想世界」から1つのエピソード

森下征治
「Hai and Low」

藤田純平
「さよならばいばい、またあした。さよならばいばい、げんきでね。」

栗田やすお
「緑玉紳士」から1つのエピソード

加藤隆
「around」

坂元友介
「焼魚の唄」

作家紹介は、こちらをご参照ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27519487.html

これらCJax推薦作家の作品とともに、次の2作品が特別上映されました。
 山村浩二さんの『カフカ 田舎医者』
 TOCHKA! さんの『PIKA PIKA 2007』

2008年は、日加修好80周年に当たり、日本の外務省もカナダでの日加文化交流等を応援しています。
CJaxも応援していただけることでしょう。

CJax-日加ショートアニメーション・エクスチェンジ 東京イベントへのご招待枠を追加します。

見どころ・・・
※本年度アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネート「I Met the Walrus」特別上映
※カンヌ国際映画祭受賞監督のジェシー・ローゼンスイート氏の講演と交流会
※オタワ国際アニメーション・フェスティバル、トロント国際短編映画祭にも招待される、
 CJax推薦日本人作家作品21品の一挙上映

■開催日: 2月13日(水)

■開催場所:カナダ大使館 オスカー・ピーターソンシアター(東京都港区赤坂7-3-38)
 カナダ大使館地図:http://www.canadanet.or.jp/offices/tokyo_page.shtml

■プログラム
◎第1部 上映会(午後2時半開演)・・・途中入退場可能
※日本の作家作品 21本
 この中から何作品か、カナダのオタワ国際アニメーション・フェスティバル、
 トロント国際短編映画祭へ招待されます。
※カナダ国立映画制作庁(NFB)とカナダ民間最大の短編映画制作支援財団Bravo!FACTが
 共同支援した新作アニメーション。
※Bravo!FACTが制作支援した実写短編作品。
 Bravo!FACTは、カナダの人気アート系番組Bravo!傘下です。
 Bravo!は、カナダ人なら知らない人がいないくらいに有名な放送局です。

◎第2部 講演・上映と交流会(午後6時開演)
※カナダから、カンヌ国際映画祭受賞監督のジェシー・ローゼンスイート氏を迎えます。
※本年度アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた、
 ジョーシュ・ラスキン監督の「I Met the Walrus」、ローゼンスイート氏の代表作などを
 特別上映します。
※ローゼンスイート氏とCJax推薦の日本作家を交えた、交流会をおこないます。

詳しいプログラムは、CJaxサイトをご覧ください:http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007

■参加方法
参加無料。
参加希望の方は、以下を明記の上、メールで2月8日(金)までにご応募下さい。応募多数の場合は抽選となりますのでご了承下さい。
ご応募先アドレス:tokyo.culture@international.gc.ca

メールのタイトル/サブジェクトに「CJax参加希望」と必ず記してください。
○ご希望プログラム(第 1部、第2部、または第1部と第2部)
○お名前
○電話とファックス番号
○同行者の人数とお名前、同行者の参加希望プログラム

カナダ大使館のサイトをご参照ください。
http://www.canadanet.or.jp/p_c/cjax2007.shtml

★ ★ ★

CJaxの京都開催、2月16日(土)。

詳しくは、京都国際マンガミュージアムのサイトへ
http://www.kyotomm.com/2008/01/080216_cjax.php

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事