日加ショートアニメーション・エクスチェンジ

インディペンデント作家を支援する「ショートアニメーション・エクスチェンジ」を日本とカナダ間の開催に向けた情報サイトです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

CJax 東京イベント <上映会>と<講演、交流会>に参加を希望される方は、
カナダ大使館サイトからお申し込みができます。
http://www.canadanet.or.jp/p_c/cjax2007.shtml

CJax 東京イベントは、2部に分かれています。

■第1部 上映会(午後2時半開演) ・・・参加無料、登録制
・ 日本の作家作品 21本・・・この中から何作品か、カナダのオタワ国際アニメーション・フェスティバルなどへ招待されます。
・ カナダ国立映画制作庁(NFB)とカナダ民間最大の短編映画制作支援財団Bravo!FACTが共同支援した新作アニメーション。
・ Bravo!FACTが制作支援した実写短編作品。

■第2部 講演・上映と交流会(午後6時開演) ・・・招待制
・カナダから、カンヌ国際映画祭受賞監督のジェシー・ローゼンスイート氏を迎えます。
・本年度アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた、ジョーシュ・ラスキン監督の「I Met the Walrus」、ローゼンスイート監督の代表作などの上映があります。

プログラムの内容はこちら:
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/30387081.html


<CJax東京イベント参加募集要項>
メールで2月5日(火)までにご応募下さい。
ご応募先アドレス:tokyo.culture@international.gc.ca

必ず次のことを明記してください。
○メールのタイトル/サブジェクトに「CJax参加希望」
○ご希望プログラム(第 1部、第2部、または第1部と第2部)
○お名前
○電話とファックス番号
○同行者の人数とお名前、同行者の参加希望プログラム

ご招待者には2月8日(金)までにメールでご連絡致します。
応募多数の場合は抽選となりますのでご了承下さい。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

CJax京都イベントについては、
京都国際マンガミュージアムのサイトへ:
http://www.kyotomm.com/2008/01/080216_cjax.php

開く コメント(0)

イメージ 1

第80回アカデミー賞に、CJaxのカナダ作品「I Met the Walrus」(製作:I Met the Walrus Inc.)がノミネートされました。
監督は、ジョーシュ・ラスキンさん。
http://blog.livedoor.jp/officeh_notebook/archives/50809514.html

2月13日(東京)と16日(京都)のCJaxイベントで上映します。
短編作品のため、他ではなかなかご覧になれないと思います。どうぞお見逃しなく。

CJax 東京イベント
http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/30387081.html

CJax 京都イベント
http://www.kyotomm.com/2008/01/080216_cjax.php

アカデミー短編アニメーション部門賞については、こちらへ:
http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi_ito2002jp/52339753.html

開く コメント(0)

CJaxの京都開催のプログラムが決定しました。

開催日:2月16日(土)
会場:京都国際マンガミュージアム

日本とカナダの短編アニメーション作品上映に加え、アニメーション作家の杉井ギザブローさん(京都精華大学マンガ学部教授)をゲストに迎え、フォーラム「日本のアニメとカナダのアニメーション」もおこないます。
カナダから、アニメーション作家のジェシー・ローゼンスイート氏と民間最大の短編映画制作支援財団Bravo!FACTのエグゼクティブ・ディレクター ジュディ・グラッドストン氏も、このイベントのために来日する予定です。

参加無料。どうぞご来場ください。

詳しくは・・・
http://www.kyotomm.com/2008/01/080216_cjax.php

開く コメント(0)

2月13日(水)に開催する、CJax日本イベント セカンドステージ・東京のプログラムが決まりました。
1部(上映会)、2部(カナダのアニメーションに関するセミナー)の構成です。

会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソンシアター(東京都港区赤坂7-3-38)
 カナダ大使館地図:http://www.canadanet.or.jp/offices/tokyo_page.shtml


◆第1部 上映会◆ 14:30〜17:35
 −カナダと日本のアニメーション、カナダの実写短編映画を上映します−
(一般向け、登録制)

◎上映前半(14:30〜15:50)
<CJax推薦 日本のアニメーション>
  しももも(監督:赤木沙英子)
  コタツネコ(青木純)
  Frank's Feast (新井知恵)
  さよならばいばい、またあした。さよならばいばい、げんきでね。(藤田純平)
  鬼 (細川晋)
  かなしい朝ごはん(一瀬皓コ)
  雲の人 雨の人(上甲トモヨシ)
  或る旅人の日記「赤い実」 (加藤久仁生)
  around (加藤隆)
  Pilot (金子祥之)
  おはなしの花 (久保亜美香)
  緑玉紳士 (栗田やすお)
   作家紹介
   http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27519487.html

<Bravo!FACT製作 実写短編映画>・・・特別上映、15:20頃から
  Fata Morgana (監督:Alexandre Franchi)
  Peep Show (Robert DeLeskie)
  At the Quinte Hotel (Douglas Bensadoun)
  120 Seconds to Get Elected (Denis Villeneuve)
  Sissy Boy Slap Party (Guy Maddin)
  Toothpaste (Larry Weinstein)

◎上映後半(16:00〜17:35)
<CJax推薦 日本のアニメーション>
  ミス・ビードル号の大冒険〜ダイジェスト版(監督:眞賀里文子)
  スクリーンの幻(御影たゆた)
  Hai and Low (森下征治)
  診察室(大山慶)
  電信柱のお母さん(坂元友介)
  nakedyouth (宍戸幸次郎)
  空想世界 (Takorasu)
  やさしい笛、鳥、石(和田淳)
  OH HISSE (山川晃)
   作家紹介
   http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27519487.html

<CJax カナダのアニメーション>・・・16:55頃から
  Aboriginality (カナダの先住民性、監督:Dominique Keller)
  The Pit and the Pendulum (落し穴と振り子、Marc Lougee)
  Vissi d’arte: An Opera in 3D (3Dオペラ「歌に生き」、John Mark Seck)
  Drift (漂流、Veronica Verkley)
  The Three Wishes (3つの願い、Sheldon Cohen)
  MOOD (Ann Marie Fleming),
  Montrose Avenue (モンテローズ通り、Marek Colek, Pat Shewchuck) 
  New Neighbours (新しい隣人、Anita Mcgee)
    作家紹介
    http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27533402.html


◆第2部 カナダのアニメーションに関するセミナー◆ 18:00〜20:45
(業界関係者および専門家向け。一般の方も参加可、招待制)

◎「NFBとBravo!FACTのショートアニメーション支援」についてのご案内

◎カナダのアニメーションの上映
  I Met the Walrus (セイウチと出会う、Josh Raskin)
  The Interior Monologue of Gill the Goldfish (金魚ジルの独白、Jim Goodall)
  Sou (ソウ、Theodore Ushev)
  Flutter (Howie Shia)
  I Have Seen the Future (Cam christiansen)…Bravo!FACT特別上映
  Spring Rounds (Aaron Woodley)…Bravo!FACT特別上映
   作家紹介
   http://blogs.yahoo.co.jp/cjax2007/27533402.html

  *Josh Raskin監督の「I Met the Walrus (セイウチと出会う)」は、
   第80回アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされました。

◎カナダのインディペンデント・アニメーション作家ジェシー・ローゼンスィートの講演
 出演予定:ジェシー・ローゼンスィート(「パラダイス」「愚者石切除術」)
 カンヌ国際映画祭、シカゴ国際映画祭、オタワ国際学生アニメーション・フェスティバルなどで
 受賞経験があり、世界的な評価の高い、カナダを代表するアニメーション作家
 http://blog.livedoor.jp/officeh_notebook/archives/50809519.html

 ローゼンスィート監督の作品上映
  The Stone of Folly (愚者石切除術、Jesse Rosensweet)
  Paradise (パラダイス、監督:Jesse Rosensweet)・・・最新作

◎CJax推薦日本人作家の中から、2008年に開催されるカナダの国際映画祭へ出品される作品の発表

◎ネットワーキング交流会(20:00〜20:45)

- - - - -

カナダ作品は日本語字幕で上映します。
プログラムは予告なく変更することがあります。

*出演を予定していた、Bravo!FACTエグゼクティブ・ディレクターのジュディ・グラッドストンは来日が中止となりました。

- - - - -

参加方法:
参加希望の方は、以下を明記の上、メールで2月5日(火)までにご応募下さい。
メールのタイトル/サブジェクトに「CJax参加希望」と必ず記してください。
○ご希望プログラム(第 1部、第2部、または第1部と第2部)
○お名前
○電話とファックス番号
○同行者の人数とお名前、同行者の参加希望プログラム

ご応募先アドレス:tokyo.culture@international.gc.ca
ご招待者には2月8日(金)までにメールでご連絡致します。応募多数の場合は抽選となりますのでご了承下さい。

カナダ大使館のサイトをご参照ください。
http://www.canadanet.or.jp/p_c/cjax2007.shtml

開く コメント(0)

イメージ 1

アップルストア銀座で、CJaxのプレビューイベントを開催しました。
CJax推薦作家の大山慶さん、加藤隆さん、TAKORARUさん、坂元友介さんが出演し、それぞれの作品を紹介。
コマーシャル・フォト編集部の小川睦さんの司会で、みんさんの制作の様子やアニメーションを始めたきっかけ、好きな映像作家・監督などのトークも、普段聞く機会のないことなので、かなり楽しめました。

大山慶さんは、「Tokyo Loop」参加作品の「ゆきちゃん」を披露。少年が棒でつついて遊ぶ”ミミズ”が冒頭に登場したワケや、亡くなってしまった少女ゆきちゃんにモデルがいたことなどを話してくれました。実写的に見える映像は、輪郭を描いた上に写真のテクスチャを貼り付け、それを1枚1枚作って動画にするという手間の掛かる仕事なのだそうですね。

加藤隆さんは「around」を上映。ハガキサイズくらいの紙1枚1枚に絵を、ぱらぱらマンガみたいにたくさん描いて、それで動画にするという、時間の掛かる作業なのだそうです。同じように作られた「The Clock Work City」は、23分の大作のため、今日は上映できず残念でした。「around」は、少年のある1日を切り出したストーリーでしたが、今度はもっと長い、たとえば1年とかのストーリーも構想したいとか。

TAKORASUさんは、2007年の新作「鯨大陸」を紹介。細密なイラストレーションがとても印象的。大きな鯨が小さいのを食べるのは食物連鎖かな。アニメーションを作ったきっかけは、Flashに手を染めたこと。「空想世界」では、パートを作ってそれぞれを動かしたのだそうです。切り絵アニメーションみたいですね。原画イラストレーションが本になって発売中です。TAKORASUさん自作の音楽と相まって、ゆったりした気分にさせてくれる、不思議なアニメーションです。

坂元友介さんは、「焼魚の唄」を紹介。見る度に、”学生さん”に語りかける、”アジ”の言葉一つ一つが意味深長。スーパー”ダイフク”のテーマソング完成秘話や、坂元さん初のドローイング作品となった本作が大学の授業の課題のグループワークだったことなど、へーそーだったんだ的な話しがおもしろかったです。19日から下北沢トリウッドで高校時代からの作品を一挙公開するそうです。



なんと、山村浩二さんと奥さんが観に来てくれました。みなさん、お気づきでしたか・・・

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事