全体表示

[ リスト ]

宇宙空間に裸で出たら

Q.宇宙空間に裸で(宇宙服を着ないで)出たらどうなるか?

この質問は「教養と学問、サイエンス>天文、宇宙」カテゴリで繰り返し投稿される質問ですね。しかも、この質問に対しては必ずと言っていいほど「体が破裂する」「血液が沸騰する」という回答がいくつも付きます。もはや都市伝説化してますね。

まず「体が破裂する・木っ端みじんになる」ですが、宇宙空間では大気圧というものがありませんので、それを根拠に「体が破裂する」という説が広まっている(信じられ易い)のだと思いますが、そんな事は無いのですね。例えば空気の入った風船を真空中に放つとたちまち破裂します。しかし水で満たした風船だとそんな事にはなりません。人間の体は風船のようにただの袋ではなく、水分やその他の物質を包んだ細胞と言うものがたくさん集まって構成されているので真空中で破裂するような事はありません。
ただし肺には空気がありますので、息をぐっと止めていると小さい気泡が膨らんで細胞を壊し、肺に残っている空気(酸素)に触れて固まった血小板が血管を詰まらせて死亡に至ることになります。

同じように気圧が無いので「血液が沸騰」という説もよく信じられるようですが、そんなこともありません。
血管内の圧力というのは真空の所にいたとしても0ではありませんのですぐに沸騰はしません。他の理由によって死亡後もずっと宇宙空間を漂ってしまうのであればともかく、飛び出して瞬間的にそうなる事はありません。

上記の実例として 1965年に NASA の有人宇宙船センターでの事故があります。訓練中の宇宙飛行士がほぼ真空にさらされるという事がありました。彼はその状態になってから 10数秒後に意識を失ったといいます。しかし 15秒後には彼のいたチャンバーは加圧され、一命を取り留めたそうです。本人によるとそのとき舌がぴりぴりする感覚があったと言いますから、露出している粘膜などの水分は沸騰を起こしていると思います。
なお、人間は普通の地球上であれば1分やそこらは息を止めてもなんという事はありませんが、無酸素の空気や真空状態で息を吸うと10秒程度で失神してしまうそうです。

また、1971年のソ連のソユーズの事故で、キャビンのバルブが開き宇宙船内が減圧し 45秒間で 3人の宇宙飛行士が死亡するという事故もありましたが、その死因は窒息死です。体が破裂したり血液が沸騰したのではありませんでした。

そして宇宙空間の低温状態(太陽光線の当たらない真空の宇宙は約-270.4度)で「瞬時に凍る」という回答も良くありますが、これも間違いのようで、温度の移動は地上では空気などの体に接触しているものによります。真空である宇宙では体から逃げる熱は放射冷却しかありません。真空ポット(中を2重にしてその間を真空にした魔法瓶や水筒)から熱が逃げにくい原理と同じで瞬時に体が凍る、ということもないです。

以上から、万が一宇宙空間に放り出されたら目をつぶり、息をゆっくり吐き出す事で 15秒程度なら死なずに済む「可能性」はあります。ただし宇宙空間の真空状態や(約)絶対0度という環境だけではなく、太陽光線に直接さらされる事で身体が熱、紫外線、放射線などで焼かれてしまいますので、15秒というのは安全を保障された時間ではありません。試してみる勇気はないですね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事