ここから本文です
今日も楽しく欧州型鉄道模型
カナダ在住。軽く一杯しながら、欧州型鉄道模型で楽しむのが日課になってきました。
おはようございます。
意外と早かったですね、
先月勇退した大阪環状線の製品化が決定しました。
発売元はGM(グリーンマックス)です。

イメージ 1

写真は桜ノ宮の橋からかな?
さて、既に発表されている量販店プライスでもGMなりの結構な価格ですが、
気になりますね。
さよならセットだけあり
「特製ブックレット」や「特色ケース・スリーブ」ついてます。
フライホイール付きコアレスモーター、どのようなものでしょうか。
GMのページを見た感じは結構良さそうですが…。
実は手元にGM製阪和線仕様(4417)もあるので、揃えたくなります。
四季島のように他社も動くのでしょうか?

来年は、結構気になる車両が次々と発売されます。

KATOからTGVレゾ(灰色TGV)やGE4/4(来年2月〜3月予定)

台湾新幹線が来夏、ドイツ新幹線
ICE4が来秋以降の予定です。

一度チャンスを逃すと、再販待つかオークションになるので、
やはり購入したい?
うーむ、いつものことながら予算を考えるのが大変(笑)、
それも鉄道模型の楽しみですね。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
先ほど、雪の中やっと荷物が届きました。
イメージ 1
ドイツのオンライン模型店・リッペからです。
セール品を直接注文後、入荷待ちを経て、
2週間弱で発送してくれました。
もちろんメールでお知らせあり。

ドイツのケルンを8日に出て、
カナダ西海岸バンクーバーには10日着。

今回はUPS利用のせい?か、ドイツ国内で待つことなくスルー。
その後、フィラデルフィア→ルイビル→シアトル→バンクーバー。
米国の貨物取扱空港を3箇所「1日以内で乗り継いで」ました。
旅客みたいですね。

とはいえ、11から13日は連休でカナダはお休み。
こちらの物流や郵便局系の配送、土日祝は基本的にほぼ休み…。
ちょっと不便。

昨日14日にバンクーバー→居住地→家に配達も
夜勤明けの一杯で爆睡?で全く気づかず(笑)。
今日やっと再配達で着きました。

中身は…、
イメージ 2
ポイント利用前でトータル120ユーロ少しなのですが、
カナダドルで30ドル(2500円)関税払いました。
現地在住歴長い妻に聞いても、「適当やで、こればかりは運」らしい。
だいたい200〜250ユーロ前後が線と見ていたのに
これは仕方ないですね。

さて郵便の話が出たので、
今日はドイツBUSCH製スイスポストのワゴンです。
イメージ 3
一見DHLぽいですね〜。
スイスらしくシックなデザイン?
安心のドイツ製。

イメージ 4
(Schweizer Post)スイスポスト、
メルセデス・ベンツのスプリンター(ワゴン)です。

イメージ 5
もちろん車輪は回転します。
これ重要です!(笑)
原産地証明としてドイツ製、
MB(メルセデスベンツ)スプリンター。
BUSCHなので、裏側などの詳細さではHERPAに少し劣ります。
まあその辺りはよしとして。

イメージ 6
スイスなので、国旗(VOLLMER製)を取り出してきました。
国旗とあわせるとやはり雰囲気が出ますね〜。
こうなるとポストなどが欲しくなります(笑)。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、
引き続き、DM-toysからの購入品より。
前から気になっていた、ドイツHerpa製のミニチュアカーです。

イメージ 1
パッケージはこんな感じです。
DM-toysでセール価格・たった7ユーロで購入しました。
実車は無論きっと高いでしょう…。

昔、欧州訪問した時は、
とにかくドイツやフランスメーカー系多かったイメージありました。
坂道にマニュアルシフトで縦列駐車ばかり…。
もうそれできる自信ないです(笑)。

イメージ 2
ダイムラー(ベンツ製造元)のライセンスあり。

イメージ 3
おおっ、裏側はディテールですねぇ。
少しわかりにくいですが、MB B-klasseとMade BY herpaとあります。
中国製表示はないです…ということはドイツ製?
以前紹介した、BUSCH製カーの裏側は何もありませんでした。

イメージ 4
少しぶれました。座席もしっかり表現されてます。

イメージ 5
フォグランプ(メインのフロントのランプ下の小さなランプ)もあります。
いいですねぇ〜。
スリーポインテッドスター(ベンツマーク)もしっかりと。

ホイール付き車輪は、なんと回ります!
これは嬉しいですねー、子供居たら即効盗られそうです(笑)。

運転席のメーター周りの形(丸く盛り上がった形状)もよく表現されてます。
全体的に塗装ののりが良さそう。

イメージ 6
裏側のブレーキランプ表現も、ベンツのマーク同様しっかりしてます。

なかなか詳細にこだわったミニチュアカー。
これは気に入りました。
ベンツディーラーで取扱あっても納得しそうなクオリティです。

基本HOで種類が多いメーカーですが、
N型でもどんどん車種を増やしてほしいですね。
また機会あらば他車種を購入してきます。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

【N】Fleischmann SBB IC客車

こんにちは、
SBB(スイス国鉄)車両を追加購入しました。
以前にブログでも紹介した、二等制御客車と同色の客車を購入しました。
昨日紹介のDM-TOYさんより購入分です。

イメージ 1
ゴッダルドトンネル記念塗装機と良く似合います。
写真の客車は1等車です。
TOMYTECの「畑」を敷いてみました。

イメージ 2
1等車と2等車です。
ごちゃまぜ感が多い欧州車両の中で、
シンプルな組み合わせの色構成が綺麗ですね。

イメージ 3
1等車(Fleischmann 890204)
左右に黄色のラインが入っています。
エポック(時代)が一昔前は横一線でしたが、
乗降客が出いりするエリアに限られてますね。

イメージ 4
二等車(Fleischmann 890308)
右側のドアには自転車マークが。
持ち込みOK、エコな旅にいいですね〜。

イメージ 5
サボはインターラーケン西・バーゼル間。
これは以前紹介した2等制御客車同様。
車輪周りは基本的な感じですね。

イメージ 6
車間はこんな感じです。
ステップが若干プラ色強いかな。

イメージ 7
欧州鉄道模型を始めたころ、
制御客車の存在を知り、動画で見た時は衝撃でした。

慣れると、結構様になるもので、本当に楽しめます!
昨晩はこれでウイスキーで一杯しながら何周も何周もも楽しんでいました(笑)。
2年以内には行きたいなあと計画中のスイス周りの旅。
おそらくこの客車にもきっとお世話になるかもしれません。

イメージ 8
おまけに、ミニトリックス製のパノラマ客車をつなげてみました。
Nで同色(山模様)出て欲しいですね。

HOはROCO製で三両!も2017年秋モデル出てます。
来年2月2週目以降発売予定(カナダeurorailhobbies情報)
Gottard Panorama Express ロゴ入りです。
(ROCO 74400,74401,74402)
ということはフライシュマンから出る時も近いのでしょうか?

関連ブログ
Fleischmann 890184 SBB 二等制御客車

Fleischmann 781602 SBB ゴッタルド塗装Re420 

Minitrix 15907 SBB パノラマ客車(旧塗装)

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

いやぁ驚きました。
携帯の小画面で見ると、
新幹線らしいシルエットでてっきり欧州の高速鉄道?と思いきや、
拡大してみると台湾新幹線!が日本・台湾で来夏に同時発売されるニュース。
イメージ 1
(KATOのサイトより)

同時発売…なんか嬉しい話です。
よくある欧州や日本先行でなく、「同時」がいい響きです。
親日な台湾ならではのことでしょうか。

私も縁あって、何度か訪問させていただきました。
夏の厳しい暑さと「やかましさ」に慣れたら、
食もおいしく、人もやさしく、居心地がいいところです。

乗車された方はご存知かもしれませんが、
基本的に日本の新幹線700系の改良型。
車内の詳細に至るまで、日本の新幹線に乗車したような気分になります。
なお運行システムは欧州型みたいですね。

また在来線も線路の幅は日本と同じなので、
親近感がわきます。
駅舎なども日本式で多数保存されているようです。

さてこのセット、なかなかのお値段…。
ジョーシンプライスでも
6両基本セット・予想値段18000-19000円か…。
でも気になります…やはりコレクションしたくなります。

結構、中古市場で
2007年台湾発売ロット?が高価で出回っているので、
このニュースを受けて、価格の変動があるかもしれません。

今日もありがとうございました。

この記事に

おはようございます。
先ほど、ドイツから小包が届きました。
イメージ 1
毎度開けるときはワクワクしますね!

これ位の大きさの場合、大抵家が不在であっても
現地では、ポストに入れてくれています。
たまにポストに入りきれない場合はドア近くなどに
置き去りなんてことも…いいのか悪いのか…。

さてお楽しみの中身は…、
イメージ 2
SBB増結車両とherpa車両初購入です。
プチプチはうれしいですね。
個々の商品に巻かれていたらなお嬉しいですが。

さて、今回DM−TOYSを初利用、オンライン注文しました。
ドイツのオンライン鉄道模型店です。
基本的にNが主流みたいです。

ここの売りはきっと…
送料が安い!
なのだと思います。
このセットで日本でもカナダ向けでも10ユーロでした。
リッペで25ぐらい、メンゼルで35ぐらい(共にカナダ向け)
なので、破格の値段。

おっと…
イメージ 3
model toy 8ユーロ!?(笑)
まあ大目に見ましょう。

<発送日数>
欲しいherpaのカーセットと、
SBBの増結車両をセットにして注文。
ドイツ発カナダ向けで2週間かかりました。
ドイツ国内で5日、カナダ内移動で1週間強。
注文後、すぐに発送準備してました。
メールで都度連絡あります。

<問い合わせ>
一度、問い合わせにもすぐ返答あり。
英語対応可。

<ホームページ>
ホームページが見やすい。
管理がしっかりしているのか、
検索かけやすいので、
PCや携帯でもさくさく確認できます。
またクリップボードで、
気になるアイテムをデータに残しておくことも可
(データをクリーンアップすると自動削除)

取扱アイテムは、リッペほど多くないが、
セールなどで掘り出し物が見つかることも。

<支払い>
クレジットカード可。
ペイパルも可能みたいです。
今回はクレジットカード(カナダ)を使用。
基本的にリッペよりも割高なことが多いのですが、
意外な商品が格安であったり、結構掘り出しもの(新品)があります。


一度覗いてみてはどうでしょうか。
英語ページです。

昨日は一時マイナス15度以下になるなど、
ここ最近の冷え込みか、同梱の車両も冷たくなっていました。
冬の訪れを感じます。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
快晴ながら、朝11時前にもかかわらず、未だマイナス7度です。
既に冬真っ只中。

その快晴と鉄道の組み合わせもいいものです。
カナダ汽車おやじさんからいただいた青空ポスターを背景に入れてみました。
イメージ 1
赤と青のコントラストもいいです。
池の「水」に少し反射もしているのでいい感じですね。

イメージ 2
イメージ 4
別の角度から。

イメージ 3
比較までに、昨日のブログ写真より
ポスター一枚でかなり雰囲気かわります。
背景色がないと本当に寂しいです。

イメージ 5
ポスターの全体の大きさです。

カナダ汽車おやじさん、ありがとうございました。
これから愛用させていただきます!

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、
一杯のみながら手持ちの氷河特急のカプラーと幌を交換してみました。
ラウンドハウス28-186 氷河特急カプラーセットには、
客車と機関車用のショートカプラー、短い幌がセットであります。
基本増結セット車両数分しかない=スペアなしなので取扱注意を。

まずは交換前
イメージ 1
スイス国旗カラーが分断されている感じです。

交換後
イメージ 2
少しは近づいたでしょうか。

さて交換方法は、基本的に説明書通りなのですが…、

イメージ 3
まずは車体をパーツごとにばらして
これはすぐに慣れます。

イメージ 4手前のアーノルドを奥のショートカプラーに交換。
写真の台車のように、
片側にスプリングを引っ掛けた状態
ショートを付けるほうが取り付けやすかったです。
(説明書上ではスプリングは取ることを推奨)

一旦スプリングを外すと、「両側に引っ掛けて」が本当に難しいです。
またスプリングもあちらこちらに飛びやすく、注意が必要。
そして、何度も引っ掛けるようにすると、変形してしまいます。
一度変形してしまったので…、
イメージ 5
苦し紛れですが、ピンセットの先で暫く…何とか整えました(汗)。

イメージ 6
幌交換も容易ですよ。

イメージ 7
機関車用もやりやすいです。

イメージ 8
水をいれたばかりの城沿いを早速試走。
ゆっくり徐行すれば本当に絵になります。
やっぱりいいですね、氷河特急。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、
よくこのブログに出てきた背景の城に池を造ります。
イメージ 1
元々ジャンク品ストラクチャーでドイツから手に入れました。
今後少しずつ手を入れていきますね。

イメージ 2
前オーナーが油絵具?もしくは元のデザイン!?
底はまずまずの色なので、そのまま流し込みます。
おっと、その前にほこりを極力除去。
やはり刷毛が最高です。

関連ブログ;
タミヤ 帯電防止モデルクリーニングブラシ


イメージ 3
イメージ 4
においはほとんどしません。においひかえめ(笑)?
とにかく、出した分、半分は蒸発?などなくなるので、城の堀?をからあふれないように流し込み。また最初は勢いで泡がでやすいので、ピンセットなどで泡を消去。おそらくもう一度流し込みが必要になりそうです。

イメージ 5
流し込み後です、島や土手近くを見ると光っています。ボートや釣り人も置きたくなりますね(笑)。

流し込んでから半日立った今では全体が固まり始めています。
続編はまだ後日…。

今日もありがとうございました。




この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
昨日の客車に続いて、Nightjet機関車も。
イメージ 1
(写真はリッペより)

ROCO製 73241 Electric Locomotive 1116 195 OBB (Class 1116) 
(DCCバージョンは73242)

既に国内・欧州市場ではHOで少しずつ出回り始めています。
リッペでは複数のアングルからアップでチェック可能。
来年以降フライシュマンからN型商品化期待したいですね。

夜行列車といえば星。
この星を見て思い出すのが;
イメージ 2
イメージ 3
以前のブログで紹介したOBB 781702 Licht ins Dunkel 【N型】です。
塗装の加減?、星の表現が絶妙にいいです。

関連ブログ;
Fleischmann 2017年新製品 781702 "Licht ins Dunlel" OBB

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事