ここから本文です
今日も楽しく欧州型鉄道模型
カナダ在住。軽く一杯しながら、欧州型鉄道模型で楽しむのが日課になってきました。
おはようございます。
昨日に引き続き、気になる今年新製品です。
ミニトリックスのN型モデル、FS(イタリア国鉄)の寝台車セット。
イメージ 1
イタリア国鉄の他車両同様、斬新なデザイン。
微妙に色使いが違うのがいいですね。
Cuccette=イタリア語で簡易寝台車。

トリックスのページでも軽く紹介されています。

One time series なので今回限定生産。
その後、Available exclusively in Italy and Switzerland.
んん?イタリア・スイス限定販売!?
ということは、市場ではあまり出回らない?
ただ、カナダeurorailhobbiesのオンラインページでは紹介されているので、
ある程度は流通するのでは?と予想されます。

トリックスのページ上では99ユーロ。
最終販売価格を見て決めていきたいですね。
少し不透明なところもあるので、
予約購入の◎でなく、少し様子見で○かなあ。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは、
直近のブログやコメントで何度かでたパノラマこと、
「SBB(スイス国鉄)パノラマ車両セット」です。
ドイツの鉄道模型メーカー・ミニトリックスの今年モデル(N型)。
イメージ 1
写真はトリックスの紹介ページより。
山々をイメージしたギザギザがいいですね〜。

(ページ内右上のアイコンでDeutsch→Englishで変換可)

実車の編成同様、3両まるごとセットです。
トリックスのメーカー希望小売価格?は149.99ユーロ。
そこから模型店扱いとはいえ、
最終的に
日本円なら2万〜2万5千円になってしまうのでしょうか

指定品番はないですが、「室内灯」設定可能となっています。
どう設置?…気になりますね。

ページ下に
車両詳細紹介が。
これパッケージに入れてほしいですね〜。
旧ゴッダルドトンネルを通り、
200もの橋脚と7つのリバーストンネル(曲線トンネル?)を通過し
絶景を楽しめると…。

実車はスイス・ルツェルンからルガーノ間の観光ルートの一部区間運航。
きっと眺めもいいでしょうね…。SBBのページより…
イメージ 2
この編成なら、マイレイアウトでも出来そう…。
他に1等客車1両と2等客車1両も増結車両で出ます。

やや値段は高くなりそうですが、
このセットは間違いなく買いなので◎…
予約購入すると思います。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
フライシュマンとロコの2018年モデルが発表されてます。
詳しくは各ホームページよりPDFファイルでダウンロード可能。

直前発表のミニトリックス(トリックス)のインパクトさに比べると
やや…な感じは否めませんが、

フライシュマンなら、
PKPcargo(ポーランド国鉄)、SBBやBLSカーゴのベクトロン、
CD(チェコ鉄道)とDB(ドイツ鉄道)の混成EC車両あたりは
少し気になります。おそらくLSモデルよりは少しは安いはず。
せめてDB車両をバラ売りしてほしいです…(笑)。

やはり!
鉄道模型ファンとして気になったのは
ロコの今年新製品ファイルの冒頭(4,5ページ)で、
ロコの生産工場案内(英文)されていることでしょうか。
昨年カタログにはなかったので新鮮ですね〜。

よく見ると、オーストリアのみならず、
スロバキア・ルーマニア・ベトナムの各工場で生産と…。

Bergheim(オーストリア)
ーザルツブルグ近く、ロコの本社マネージメント部門

Gloggnitz (オーストリア)
ーエンジンやパンタグラフ等詳細部品生産 

Banska Bystrica (スロバキア)
ー最終塗装工程

Arad(ルーマニア)
ー車両・線路・デジタル部品生産 
業界初のドイツISO14001を所得

ホーチミンシティ(ベトナム)
ースターターの車両、一部機関車生産
ultra model factory...どんな工場でしょうか…見学したいです。

ざっとこんな感じでしょうか、
確かに手元にあるロコ車両ケース裏を見ると…
イメージ 1
本社オーストリアなのに、「MADE IN EU」の謎も解けそうです。
ルーマニアもスロバキアもEU加盟国なので納得ですね。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
KATOの今年新製品パンフでICE4が出ているようですね。
 
さてミニトリックス(トリックス)とメルクリンの今年モデルが発表されてます。

まずミニトリックスでは、興味をそそるN型商品が結構出ます。
15502 SNCF ニース・パリ急行セット
15541 FS 寝台車セット
15674 SBB Gotthard Panorama Express セット
(あのギザギザ(山)模様)
15950 SNCF Le capitole 客車セット
(特別本形パッケージ…、
おそらくN型ルフトハンザエキスプレスのような大きいものでしょう) 
などなど…。

最近商品化が少なかった、
少しレトロなフランス国鉄…客車は嬉しい。
あとギザギザ…これは予約購入当確(笑)。

HOでは
限定販売のTGVデュープレックス(世界記録車両)いいですね〜。
(TRIXは999個、メルクリンは3000個限定)
限定販売…今年しか購入できない…結構な金額しそうです。

トリックス・メルクリンのウェブページより
パンフレットがPDFでダウンロードできます。
仕事の休憩時間は暫くこれですね〜(笑)。

次はN型ならフライシュマン、HO型ならロコに期待でしょうか。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

【N】Herpa Mini Cooper

おはようございます。
以前の撮り貯め分よりです。  

ミニチュアカー、
サイズはNサイズ、herpa(ヘルパ)製のミニクーパーです。
イメージ 1
イメージ 3
ヘルパ製だけあって、ライト周りやホイールもらしく表現されてます。
また写真では写っていませんが、内装のハンドルやシートまで。
塗装もいいですね。もちろん車輪回ります、これ重要(笑)

どうしても落ちてしまう、紅葉の木からの欠片もあえてそのままで。
案外雰囲気でます。

以前、日本国内のカーシェアで一度だけ運転したことありますが、
日本車と勝手が違い、結構苦労した記憶があります。

イメージ 2
裏側の表現、ヘルパ製表記がかっこいいです。

イメージ 4
N型の車たちも少しずつ揃ってきました。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは、
欠勤の方が続き、また不規則時間帯勤務が続く最近…。
新・模型部屋のセッティングがなかなか進みません…。
こちらの方は、我慢せず、さくっとあっさり休んでしまうので大変。

前回に引き続いて、同じ日に撮った、カナダの田舎町の貨物ヤードです。
イメージ 1
CN=カナディアン・ナショナル(貨物鉄道会社)です。
ダブルスタックカーが並ぶ姿はいつ見ても壮観。
本当はこのまま進んで真横で撮りたいのは山々ですが、
「鉄道警察に通報する」なんて看板が出ているので遠慮しておきます(笑)。

イメージ 2
近くの鉄橋、川の表面は凍てついています。
ダブルスタックカーが通れるように、大きめの鉄橋ですね。

また時期を改めて撮りに行きます。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
模型部屋改装中なので、
今日は久しぶりに、明け方の近所の貨物ヤードからです。
少し霧模様、典型的な冬の気候です。

外気はなかなかの温度。
車の温度計なので、実際のところ2〜3度低いです。
イメージ 1


イメージ 3
イメージ 2
ダブルスタックカーと貨物列車。
西海岸の太平洋側と東カナダを結ぶ要所の貨物ヤードなので、
貨物の出入りは頻繁です。
トンネルや鉄橋もあわせて大きくしているので、見ごたえあります。

イメージ 4
泊まっているのは駅のプラットホーム。
旅客列車は週3日の運行のみなので、
このようにして普通に停車していることが多いです。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは。
今日はDSB(デンマーク国鉄)寝台車3両セットです。
以前から気になる車両だな…と
一時帰国の度に寄らせていただく模型店のショーケースで眺めること暫し…。
ついに割引セール価格購入!

イメージ 1
雪の結晶の形、屋根の部分も含めてよく描かれています。
サボは、オーストリアのKufstein行き。
リーデルグラスで有名な街ですね。

他二両もきれいな塗装。
イメージ 2
イメージ 3
濃紺色にDSBの赤のアクセント、
そして少し控えめな塗装がマッチしています。
何か「夢」を感じますね〜。

イメージ 4
ドアは時代を感じる4扉車両。
ちなみにエポックもⅣ(1970−1990年ぐらい)です。

中を見てみると、
イメージ 5
座席と二段ベッド仕様混在でコンパートメントがあります。
面白いですね〜。

パッケージを見てみると、
イメージ 6
1980年代に造られた(もしくは改造された)デンマーク国鉄の3両簡易寝台車は、夜行臨時列車として、デンマークからドイツ経由でウインタースポーツで有名なオーストリアを結んでいた…こんな感じでしょうか。

イメージ 8

イメージ 7
どんな背景でも似合いそうです。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
今年も2018年になり、壁掛けカレンダーを。
イメージ 1
昨年、実家帰省時にエルマートレインさんで購入。
alpenbahnen=山岳鉄道線でしょうか?
もうこの表紙見るだけで、ワクワクしてしまいますね。
この時期に欧州を鉄道旅行してみたい…夢です。

さて一月は、
イメージ 2
レーティシュ鉄道、アレグラです。
冬の風景と赤い車両色、いい組み合わせ。

よく見ると、模型化されていない?車両が
イメージ 3
真ん中のドアつき車両。
もし未販売なら、単品でもいいので販売してほしいなあ…。

いよいよ来月2月にKATOよりGe4/4-Ⅱが発売される(予定)ので楽しみです。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
今年もよろしくお願いします。

昨日、閉店する店から安価購入した鉄道模型用の棚が来ました。
元々は化粧品ものの陳列で使われていた棚。
仕事のシフトの関係で、親類の方々に搬入をお任せしてしまいましたが、
新しい模型部屋に無事到着。

今までよりも約1.5倍ほどの広さなので、
棚の横に今までのレイアウトテーブルなどが来る予定です。
イメージ 1
ガラス棚は別のところ。消臭作業や設定はこれから。
棚も簡単に増やすことができるので楽しみです。

イメージ 2
イメージ 3
店内からトラックまでは、重たいものを運ぶキャリアーで何とかできたのですが、
家に到着後は、車のエンジンなど重たいものを運ぶ、「持ち手つき毛布」に載せて、
大人4人がかりで階下にある模型部屋まで階段を降りたとのことです…。

暫く愛用した部屋から階下の部屋に何日かかけて、これからレイアウト全て移動します。
なので、ただ今解体中…。
年末年始連勤の中、これが大変です。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事