ここから本文です
今日も楽しく欧州型鉄道模型
カナダで軽く一杯しながら、欧州型鉄道模型を楽しんでいます。
おはようございます。
いよいよフライシュマンの18・19年モデル出ました。
イメージ 1
貨物主体と思いきやそうでなく…(笑)
一通り見て思ったのは、
ミニトリックスやホビートレインの発売(予定)モデルに
結構ぶつけてきていると思いました。


気になるモデル+購入予定(変更するかも)をいくつか;
イメージ 2
BR103、エポック4モデル
合わせにくい印象あるOBBの赤い客車を引いていたのですね、
確かに結構似合う。この客車も発売予定。

手持ちのOBB客車用&サウンド付103もいいなあ。
HOかNでサウンド付103はいつか納車したいです。
これは△(余裕あらば検討)


イメージ 3
まさかこの編成が出るとはSBB S-bahn!
サウンドあればもっと面白かったかなあ。
スイスの青空?イメージなオーソドックスカラーはいい。
どかんと宣伝付より、動力車はやはりこのカラー。
後ろに制御車両ついているのは◎
これはかなり◎(購入当確)


イメージ 4
やはり出たか、ベクトロン・CDカラー。
今年中発売のCD客車用、
また手持ちの他CD客車にも是非…可能ならサウンド付で◎(購入予定)
発売予定:2019/Q1(1-3月、リッペ情報)
客車…も気になります、どうしようか。


イメージ 5
フライシュマンからも出ましたICE1
増結セットをつなげれば11両まで編成可能。
フライシュマン製は魅力だが…流石に×(購入せず)見るだけです。


イメージ 6
TEE・ベートーベン号(フランクフルト・アムステルダム間)
テールライト付客車セット(動力車両含まず)。
なんか魅力的だが△(余裕あらば検討)
パノラマカー+このTEEカラーなら◯(購入前向き)だが…

ミニトリックスからは秋モデルで
TEEタルキスカラーセット(ドームカー付)出ます。
品番#15870 MHIモデル 
今の所、年末まで発売らしいです。


イメージ 7
一昔前のHUPAC客車、時代を感じるワインレッド。
低床貨車にはトラックを乗せたくなりますね。
この辺りも余裕あらばということで△。


イメージ 8
DBホッパー車12両セットで発売、なかなか魅力的…と思いきや、
よく説明見ると、six different numbers=車番6種類。
12種類なら◯だが。
コスト対策かなあ。6種類は残念、なので×(購入せず)。

すでにメンゼルのページでは値段とともに出ています。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

欧州型購入にあたり、
欧州・北米の模型店とやりとりをして思うのが、
店によって梱包がかなり違うように思います。

梱包でやはりベストなのが、ドイツのリッペ。
ここまでというぐらいきっちりやってくれます。
配送料は日本向けで30ユーロ(1キロあたりまで)に満たないので
模型の箱までなるべく完全な形で…なら、
お勧めできるかもしれません。

基本大きさよりも重さ重視な印象です(リッペなら)
鉄道模型やストラクチャーもプラスティック製が多いので
よほどのことがない限り、そう重くはなりません。

さて、最近メンゼルから送付してもらった際、
「壁紙」同封しました。
ここは一律の送料?ぽいですね。
イメージ 1
ポスターの縦の長さは400ミリ(40センチ)なので、
それ+αで45センチ前後。
箱に斜めに入れても結構なスペース確保できます。
この長さで送付用の箱も大きくなり、
その分、他の商品が守られる場合が多いように思います。

デジタル物あれば余計に心配になるものです。
壁紙は流石に折りたたむわけにはいきませんし…。
他に気になるHOのストラクチャーを1、2品入れることも
あります。

昔は一言、「包装厳重に」と一言書いていましたが、
うっかり自分自身もお店も?忘れてしまうのと、
急を要する情報でないと、店側もなかなか対応しきれないかも。
店の価値判断で「これで充分包装厳重です」と言われたらそれまで。
それなら、もっと確実にできるならと同梱もので
工夫するようになりました。

ドイツ・DMトイズは送料が10ユーロ限定なので
それはそれでありがたいのですが、
ダメージ率が多いDHL+
ポストに入りそうな箱でいつも送付してくるので、
動力車や客車へのダメージが心配なら、
一つか二つ、Nのストラクチャーを入れてもいいかもです。
先日の利用時も、それで送付箱は大きくなりました。

今やほとんどのお店は「再利用」箱多いです。
これは致し方ないですね。

もちろん、海外ものに想定外も起きないとは
限らないので、今日のブログはあくまでも参考までに…。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

【N】気になるRhBもの

おはようございます。

箱根登山列車、これまた結構迷いましたが、
ネット上にアップされている試作品見て…決めました。
量販店のポイント利用兼ねて予約済。
手元の赤い客車も基本セットのみなので、編成が一層楽しめそうです。
イメージ 1

そういえば、欧州メーカーでも複数、
この規格(1/150)に合わせたRhBものが出ているようです。

例えばピラタより
イメージ 2
規格明記がないので、リッペに問い合わせました。
即答で1/150!だったので、リッペ側が勘違いをしていなければ
きっと大丈夫と思います、一両ぐらい連結してみたいですね。

ピラタは縁がないのですが、試作品を見る限り、
ややLSに近いテイストを感じます。

話逸れますが、
今年の大物・ナイトジェットはホビセン情報で10月発売延期。
この延期が何を意味するのか、
単に10月、もしや暫く…気になるところですね。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

油を差してみる

おはようございます。

今までなかなかできなかったメンテナンス。
動きの気になる車両に油を差してみました。
イメージ 1

イメージ 2
本来は使用前に油を指すことを推奨しています…(汗)。

イメージ 3
車輪のこの場所につけていきます。
出しすぎに注意、少しコツが要りそうです。
もし溢れたら、
油を吸いやすいキッチンペーパーなどで拭き取ります。

この約25年前に生産されたとみられる
SBBビュフェカー、
走行時の音が気になっていたのですが、
少しはマシになったように思います。
(流石に車輪の交換が必要かもしれませんが)

イメージ 4
メルクリンの説明書にはどこに使うべきか書いているので
わかりやすいですね。40時間使用ごとになってます。

モデラーで賛否分かれているようですが、
動力車にはグリース(trix 66626)推奨するところもあるので
次の購入物あれば検討してもいいですね。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
HOではお馴染みのACME、
今回、Nで初購入しました。

ドイツのオンライン店、メンゼル向け限定150個〜割引購入ものです。
イメージ 1
透明の弱めのプラケースに1両ずつのプラ製パッケージ。
昔のLSモデルのパッケージみたいですね。

イメージ 2
イタリア・ミラノにあるACME、
とはいえ中国製造。

イメージ 3
1両ずつ予備カプラー有

イメージ 4
CFR(ルーマニア国鉄)
赤の車体が光ります。
赤い寝台車も何かいいですね。

イメージ 5
CFRの速そうなマーク、味があります。
50=国内RIC客車…一応国内登録ですね。
53=ルーマニア
71=寝台車
31=140キロまで可?
LSモデルほどでないにせよ、
室内のドアノブや
下部機器のリベット表現など
詳細な出来もまずまずですね。

イメージ 6
ステップあれどドアなし、面白いですね。
サボ下の塗装が少し雑なのは残念、
ある意味、年季の入った実車に近いかも(笑)

イメージ 7
BERTHS VACANTと表示あります。
これがブカレストなど行き先なら良かったなあ。

イメージ 8
次はOBB寝台車
一昔前のブルートレインみたいですね。

イメージ 9
OBBといえばこの昔のマーク!いいですね〜。
足回りもLSに近い出来。
ドアの色も実車同様に合わせています。

イメージ 10
CFR客車同様にまずまずの出来ですね。
61=エアコン付長距離RIC客車
81=オーストリア共和国
72=寝台車
71=160キロ可?

イメージ 11
反対側です。

イメージ 12
テールライトの部分?、
色ついている方が実感湧くような気がします。
ルーマニアの赤と青の組み合わせも絶妙でなかなかいいですね。

N型ACMEは初物ですが、
LSほどでないにせよ、まあまあの出来かと思います。
OBB客車など、色々な編成で楽しむことができそうです。

ルーマニアの赤塗装は旧カラー。
今はなかなかのデザイン。
イメージ 13
(wagonWEBより)
LSあたりが得意にしそうなデザインですな…。
このルーマニア含め、
東欧方面も新塗装が出ているみたいなので、
さらなる模型商品化が進むといいですね。

フライシュマン製MAV(ハンガリー国鉄)の客車も瞬く間に市場から消え…
中古市場でなかなか見ないです、
満足度が高いのでしょうか。
今さながら、IR・ダリアもどき編成?のためにも
購入しておけば良かったなあ。

秋以降の新商品、期待しています。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

Lemkeより秋製品発表

おはようございます。
Lemkeコレクションから秋製品が発表されています。

200や100の数字は「限定数」で
結構絞っていますがどうでしょうか、
これで採算取れるのか心配になりますね。


まさにベクトロン真っ盛り。
イメージ 1
上はブレーナー線150周年塗装です。
確かフライシュマンからレトロな風景ものの別塗装で出てます(Rh1116)。

イメージ 2

ディーゼルのベクトロン
IC塗装なので合わせやすいかもしれません。
ZIMOサウンドはどんな感じでしょうか。

商品番号に「H」がついているのでホビートレイン製です。

イメージ 3
限定発売のTGVレゾの室内灯付バージョン。
既に発売されたレゾに標準装備して欲しかったかなあ。

「K」なのでKATO(レムケ)製ですね。

TGVといえば、オレンジで有名な初期TGV…
KATOさん、再発売頼みます!
お願いメールでもしようかな(笑)。

他NやHOものが少し出ています。
詳細は、レムケの新製品ページよりダウンロード可

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

今日はSBBカーゴのスイスポスト・コンテナ車です
イメージ 1
Pakete unterwegs=輸送中のロゴが光ります。
ドイツポスト同様、黄色がコーポレートカラーですね。

イメージ 2
21=二輪軸の貨車番号
85=スイス連邦
レバーの表現がいいなと思いますが、
貨車本体が少し反ってますね…。

イメージ 3
イメージ 4
コンテナのリベットもきれいに表現されています。


イメージ 5
以前紹介したフライシュマン・コンテナ車同様、
レゴみたいに組み合わせる形。
また、元々デジタルスターターセットのバラ売りなので、
左側のパッケージには番号なしです。

ということで…
イメージ 7
コンテナ自体は同じ形なので載せ替えも可。
これも貨物列車の楽しさですね。

イメージ 6
スイスポストのスプリンター(大型ワゴン)とともに。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

謎のシール

おはようございます。

ドイツの模型店のセールで
表示価格の15%割で入手した
BR101・デジタルサウンド

イメージ 1
日本の中古模型店でよく見かけるようなシールが…
それにフライシュマンのパッケージ両側のセロハンテープも
カッターで切られていました。
フォルムも一度つまんだ跡が。

極めつけはこれ
イメージ 2
外れています。
ドライバーの先でうまく押し込みました。

おそらく展示品?か返品?
たまたまこれだけかと思うのですが、
どうなのでしょうか。

サウンドチェックは問題なく、
フライシュマンの急カーブや
カトーのカントも問題なく曲がれました。
ボディもはまってそうです。

だから割引ですと言われれば
それまでですが、
今後のこともあるので、
週明け、念のため報告兼ねて
連絡しようと思います。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
昨日からの続きでOBB(オーストリア鉄道)の
LIEGEWAGEN(簡易寝台車)です。

イメージ 1
61 81 59-90 008-2
61=エアコン付き長距離車
81=オーストリア共和国
59=二等簡易寝台車9室
90=速度200キロ可
OBBロゴなしです、落ち着いたカラーでいいですね。
今はナイトジェット塗装でスイス線へ運行しているみたいです。

イメージ 2
61 81 59-90 057-9
現在はナイトジェット塗装でローマ線で運行しているようです。

イメージ 3
車間はこんな感じです。

イメージ 4
基本的に、77050と車体の姿形は一緒です。

イメージ 6
最近のLSモデルの車体に「中国製」「メーカー名」が
目立つところに記載されていないような気がします。
実際は台車の裏にあるのですが、
この辺り、本当に鉄道好きな方が
デザインや企画に入っているのだなと思います。

イメージ 5
シックな赤と白&グレーがいいバランスです。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
やっとメンゼル・ロクシュッペンから荷物到着!
イメージ 1
壁紙もオーダーしたので、大型の箱になりました。

オーダー商品の中でも、
長らく待っていたのがこの客車;
イメージ 2
OBBのLIEGEWAGEN。
2両セット×2セットでオーダー。
本当は8月頭に注文したのですが、
タッチの差でメーカー入荷待ちになり、
3週間待ち+2週間送付(ドイツ→カナダ)
と、本当に首が長くなりそうでした。

今日は77050の2両セットの紹介です。
イメージ 3
いつもと何か違うような…
カーブを曲がるのが厳しい際、
付属の部品を装着するようにとのこと。
そそられる形?の部品ですね…。

イメージ 4
この辺りはいつものLSモデル。

イメージ 5
61 81 59-90 001-7
61=エアコン付長距離車
81=オーストリア共和国
59=二等簡易寝台車9室
90=速度200キロ可
 
対象はエポック5(90年代から2000年初頭)ですが、
このカラーは今でも現役。OBB客車といえば、
オーストリア国旗をイメージするこの色が一番好みです。

イメージ 9
61 81 59-90 009-0
今はナイトジェット塗装の模様。

イメージ 6
コーポレートマーク、
床下まわりの表現もいい感じです。

イメージ 7
詳細さは相変わらず、
実際走行していると見えない箇所ですが、
見て楽しむのも模型の醍醐味。
LSモデル、本当にいいですね。

イメージ 8
足回りもいい感じですね。
室内同様、床下も結構作り込まれているので、
箱から取り出す際は要注意です。

イメージ 10
ハシゴやベットもいい感じです。
白いパネルは横についているだけで
かなり脆いのでここは要注意!

このシリーズ続編、続きます。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事