ここから本文です
今日も楽しく欧州型鉄道模型
カナダで軽く一杯しながら、欧州型鉄道模型を楽しんでいます。
おはようございます。
いよいよロコ・フライシュマンの今年新製品が発表されています。
一時両社ともページが開けませんでした、アクセス多かったのでしょうか。
写真は別の模型店にアップされたデータ画像からです。

イメージ 1

【ロコ】
各世代、色々と…相当数ありました。
全て今年中に生産販売できるかな…。

オールドファンにはたまらないのも多そうでしたが、
私的にはこれが一番…
イメージ 2
TEEエーデルワイスで有名なこの編成、
NかHO、どちらかでいいなと思いつつ…
メルクリンからそろそろ出るかなと思いきや、
今回の販売確定。
Q3なので夏頃以降に発売予定ですね。
〜マーク=ACサウンド版も出ます。
これだけかなり当確感あり。

他には…
イメージ 3
これは、ホビートレインに遠慮せずN型でも出して欲しかったです。
それなら買いでした。
フライシュマン(N型)タウルスは出ているのに、
レイルジェット客車は出ませんね…。


イメージ 4
原色?戻りました。
それを待ち望んでいたファンも多いはず。
私もこのカラーが一番好きです。

イメージ 5
IC2000、制御客車はどこかで見たことあるような…。
違うカラーなら検討したかも。ビストロはこのカラーが好み。

イメージ 6
少し気になる記念塗装、ベクトロン500機目だそうです。
これはフライシュマンからNでも出ます。

イメージ 7
キャピトールのセット。
AC対応は客車の車輪のみ?


【フライシュマン】
すでに発表されているのもありますが、
全体の感想はROCOに比べると、かなり絞っている印象。
N型に絞り込んだ今年、かなり期待していたのですが…。

一番気になる、確実に予約しそうなのがこちら;
イメージ 8
このカラーリング、好みです。
これなら貨物のみならず、ナイトジェットなど引かせても楽しめそう。
CDのベクトロンの代わりにこちらを予約すると思います。
手元にSBBのサウンド機がないので是非。
サウンドLAB製、気になりますね〜。
Q4なので今年10月から12月、ひょっとして2020年初頭?

イメージ 9
イメージ 10
貨物系も気になります。


イメージ 11
SBB系、450がサウンドだったらよかったのですが…。
460のサウンド機は少しだけ気になります。


今の所、確実に予約予定なのは、
エーデルワイスで有名なロコのTEE編成(HO)と
フライシュマンはSBBカーゴのベクトロン(N)です。
ぼちぼちストラクチャー含めたレイアウト製作に
手を入れたいので今年極力抑えます。

まもなく発表されるメルクリン・(ミニ)トリックスも
あるので楽しみな一週間になりそうですね。
あ、レムケやLSモデルも…気になりますね…(笑)

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
引き続き、メルクルン TGV V150の紹介です。
イメージ 1


●室内灯標準装備
イメージ 2
二階建てなので迫力ありますね〜。
席の色も違います。
実車も赤系?

イメージ 3
バーらしきスペースあります。
世界最高速達成時にはここで乾杯?
(鉄輪式で2007年 574.8km/h世界記録達成したのがこの4402編成)

イメージ 4
ドア大きめですね。
サウンド機能でドアの開閉音ありますが、
時間をかけるゆったりした感じ。


●接続部分
イメージ 7
ちなみに、最初接続時には一両だけ点灯しませんでしたが、
以前紹介したメルクリンのVT11.5であった問題同様、
コネクターの接続がうまくいってないと考え、
再接続しました。カチッと音します。
このセットで一番取扱要注意ポイントかも。

イメージ 8
カーブでもスムーズ。
足回りはメルクリンらしく手堅い。
台車もいい感じ。


●屋根周り
イメージ 5
記録達成時に上空からの撮影意識して、このロゴでしょうか。

イメージ 6
トリコロール(フランスの国旗カラー)の切れ目がいい感じ。
車両間の表現もいいですね。

イメージ 9
パンタグラフは他メルクリン製品でも使われているのと
類似ですが、扱いやすい。
パンタ周りの表現も手堅いですね。

イメージ 10
今日もありがとうございました!


この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは、
昨日大きな荷物が急に届きました。
直前まで外出していたので、ドンピシャのタイミング。
逃してしまうと、明日以降郵便局受け取りなので…。

イメージ 1
これを見た瞬間、あ…V150だと思いました。
N型の客車を比較で置いてみました。

元々、地元カナダのユーロレイルホビーで昨年1月予約。
ここはドイツのリッペ・メンゼル同様に利用してます。
背景ポスターなどイレギュラーな大きさの場合を除いて
いつもしっかりした箱で送ってくれます。
イレギュラーの時はメーカー箱を再利用。

リクエストしない限り、
基本的に送付連絡ないので、
マイアカウントをまめにチェックしなくてはいけません。
アカウント内で追跡番号確認可能。
これを数日、少し怠ってました(汗)

4年に渡り利用しているので、この辺りお任せしてます。
家族経営でやっているお店なので
あまりわがまま言えません。

ここの一番いいところは事前予約割引。
昨年の場合、新製品予約を3月中頃までに済ませると、
今の表示価格の15%ほど安く購入できました。
他商品も同様。
リッペで商品代+送料に関税かかる可能性考えれば、
還元ポイント差し引いても少し安いです。

現地の消費税もトータル12%なので、
税金分+送料をカバーした感じになります。
但し、この事前予約をキャンセル時には
高額のペナルティチャージありなので注意。


昨年度製品の最後の大物、早速開封
イメージ 2
おお、これはいつものメルクリン箱ではなく特製ぽいですね。


イメージ 3
カラーボックスです、これはいい!

イメージ 4
重みのあるカラーリング。
通常のカラーとはまた違い、センスを感じます。
きっと実車が高速で走れば、違った見え方をするのかもしれませんね。


イメージ 5
お約束の証明書、生産番号は何と100番台でした。
トータルで3000セットのみ生産。
正直これは嬉しいですね。


では早速、メルクリンの線路に乗せてみます。
イメージ 6
mfxデコーダー搭載なので、
線路に置くだけで1分弱で読んでくれます。


イメージ 7
はい出ました!これはこれで楽ですね。
サウンド音量は最大なので、マニュアルで調節。


イメージ 8
詳しい実車紹介は後編に続きます。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

昨日ご紹介したナイトジェットのタウルスの続編です。

サウンド機能見たところ;
イメージ 2
動かした時からフランジ音らしいのがするけど、機能欄に記載なし。
そこで、手元のDCCコントローラー番号を全てチェックしていると…。
見つけました。

実は機能番号のF11からF13までが空欄でそこから。
空欄の理由は定かではありませんが、単純に記載忘れ?
おそらくですが、

F11=フランジ音?
F12=サンディング?
F13=ドアを閉める音? 

そんな感じでした。
一応、販売元には連絡しておきました。

イメージ 1
走り出しのタウルス独特の音は、
かなり実感あります。
細かいコントローラーの操作で音が変わります。
これがやめられない、お酒が進みます(笑)

フライシュマンあたりがいずれ出すだろうと思っていたので
このサウンド機の購入は元々予定していませんでしたが、
購入して良かったです。

ZIMOサウンド、侮れないです。
一言で言えば、余裕を感じる、スムーズなサウンドに思えます。
KATOから今年5月以降にリリースされる
ICE4に搭載予定される中、
これはますます楽しみになりました。

では早速ながら動画をご覧ください、

今日もありがとうございました!




この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

迷いに迷ったのですが、ZIMOサウンドに惹かれ
ホビートレイン製ナイトジェット・タウルス(DCCサウンド版)を年末購入、
本日ドイツから届きました。
イメージ 1
いつものホビートレインのパッケージです。

イメージ 2
実車同様、厚みのあるカラーリング。

イメージ 3
星々は若干青っぽいです。
床下機器に表記ありは嬉しい、LSモデルを意識?

イメージ 4
正面にも星模様。
手にするまで知りませんでした(汗)。
ちなみに反対側はありません。

イメージ 5
ドアを挟んだ塗装もしっかりしています。
細かい表記もいいですね。
ステップの作りはフライシュマンのタウルスと少し違います。

イメージ 6
フライシュマンのタウルスとともに。
サイドのグリル?の赤もいい感じですね。
色ムラは実車同様に狙い?

屋根周りはほとんど似ていますが、
細かいパーツなどで違いがあります。
パンタグラフはフライシュマンの方が強い作り。
扱いは少し注意。

イメージ 8
イメージ 7
以前のIC2000でもクローズアップされたライト類。
今回は光が強めで、なんとなく…漏れてます。
ライトの枠?もまあ遠くから見れば気にならないことで。

この辺りは大目に見ましょう。
それをカバーするぐらい…
テスト走行で聴くZIMOサウンドはいい感じでした。
ちょっとハプニングありましたが、続編続きます、

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

KATOのDCCコントローラーでお馴染みの
デジトラックスより新しいDCCコントローラーが出るようです。
イメージ 1
いずれ、日本でもD102同様の値段で発売されるかもしれません。

液晶画面やボタンが光るのは薄暗いところで
作業することが多い鉄道模型で助かります。

もっともKATOのD102を使いこなせていない段階なので
何とも比較し難いところもありますが、
説明を斜め読みしたところ、
DCCレコーダーを積んでいないアナログものでも
アドレス00指定で問題なく動かすことができるので、
アナログ対応可能。それならデジタル共にレイアウト上で!?一緒に楽しむことができればいいですね。
機能は29まで、他20台同時に動かすことができるそうな。

デジトラックスからの紹介動画(英語)

紹介ホームページはこちら(英語)

DCCに関しては、
ユーザーごとに考え方の違い、思い入れがあるものなので、
これが絶対とは言い切れないところもありますが、今後の出来はかなり気になるところです。
今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

【HO】Kibri 48213 カフェ

おはようございます。
久しぶりにストラクチャー組み立てます。
今回はキブリのカフェです。
イメージ 1
Hausbeleuchtungs-startsetなので照明付。

イメージ 2
いつも通り、ドサッと入っています。
生産段階では他製品とどのようにやっているのでしょうか。
結構気になります。

イメージ 3
いつも、およそ形や番号に沿って並べていきます。
見た感じ結構あります、少し圧倒されそう。
左にはヴィースマンの照明もついています。

イメージ 4
イメージ 5
説明書はたった2ページだけですが、
よく見ると、はめ込み式なので
ペースつかめばテンポよく進めることできます。

イメージ 6いつもスルーするカーテンものは今回入れていきます。

イメージ 7
ハーフティンバーもすでにはめ込まれた状態なので楽。

イメージ 8
んーこれは窓周りの飾りだけど、
キャベツみたいなのでパス。

イメージ 9
元々反っていたので、やはりズレが出て来ます。
ここはぶつかり合うところを部分的に削り、
割れないようにはめ込みます。

イメージ 10
この状態で一晩置いておきます。
ゴムバンドは、元々ドイツの模型店の購入商品の束用についていました。
丁度いい長さなので、一定時間固定する際、よく再利用してます。


イメージ 11
カフェにはキャベツよりも立体的なお花がいいかと思い、
元々ストックしていたNOCHのGrass tufts(7135)でとりあえず。

イメージ 12
こんな感じで、駅の隣に置いて見ました。
カフェ看板が元々ないのは残念ですが、
それは以降なんとかすることにしましょう。
ここまででトータル2時間ほど。
ほとんどはめ込み式なので難しくありません。

ますますフィギュアを置かなくてはいけませんね。
昼から軽く…なイメージで楽しんでいる人たち、
ビアガーデン風か
駅の近くなので旅人たちが集う風にも
置いてみたいなあと思います。

今日もありがとうございました。




この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

HOレイアウトに何かが足りないなあと思いきや、
全く人気(ひとけ)がないので、まずこれを。
イメージ 1
ノッホのスイスの駅員のフィギュア。
恰幅良さそうなおじさんや夏服もありといい組み合わせ。
ベトナム製、結構細かいところまで塗装ができてます。
おじさんばかりなので、
女性の駅員も入れて欲しいところですね。

イメージ 2
こんな感じで並べてみました。
仕事中、調子どう?
なんて立ち話…何となくよくありそうな風景ですね。

HOの駅員シリーズは、
オーストリア・ドイツ・チェコなど数カ国のシリーズあります。
また写真右側の駅員がお持ちの商売道具が光るバージョンも。

他にも国数は限られるものの
(鉄道)警官、郵便員、サッカーチームもあります。

レイアウトに置くだけでグッと雰囲気変わります。
次は乗客や歩行者も
オーダーついでに少しずつ入れていきたいですね。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

欧州鉄道おすすめ書籍

おはようございます。

やっと、実家よりまとめて送付した鉄道関連書籍が手元に。
イメージ 1
本当は昨年末に届くはずだったのですが、
31日、家でネット追跡マークして待っていたところ
いきなり…

「不在票でご確認ください」
→不在票もなし、終日在宅もノックした跡もなし。

大雪だったので、スルーしたのかな…。
ということで、いつも取り置きになる近隣の
郵便局行けば、大晦日で早めの店じまい。
日本からのEMSだったのでサイン必要
また出直してください…でした、
元旦は休みなので、年越し。

カナダポストはこんな感じで緩い。
ストライキは恒例行事になるし、
ローカルの方々も呆れています。
4年近く住んでいますが、
流石に慣れてしまいました。
ネットで配達時間指定できるサービスが懐かしい。

とまあオフの今日、速攻受け取りに行き、
昼から一杯しながら三冊斜め読みしてました。
ネットPDFなどで情報取るのも一つですが、
手にとってじっくり見るのもいいですね。

各誌、良かったのですが、
とりわけ期待以上なのが
イカロス出版の「ヨーロッパ鉄道旅行」

これ、かなりいいです。
欧州鉄道情報は他誌でも部分的に
あるのですが、これは欧州鉄道に特化。
少しでも興味あれば、
しかも1500円弱で充分元とれます。
欧州鉄道情報が盛りだくさん。

・ナイトジェット特集で複数ルート乗車記
・複数のドイツの鉄道博物館
・最近導入された欧州鉄道車両
・チェコ・モラヴィア地方特集
・欧州鉄道基礎知識

ざっくりこんな感じですが、
掲載写真が多く、読んでいて飽きないです。
模型楽しむ上でのインスピレーションもさながら、
いよいよ欧州鉄道旅行も行きたくなりましたね…。

今日もありがとうございました。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。
日本から17時間遅れて新年、
いつも通り職場で迎えました。
いつかは家でゆっくり過ごしたいものです。

イメージ 1
勤務後の夜食は、遅ればせながら年越しそば
前回帰国時に仕入れました。
やはり日本製のそばがうまい。


イメージ 2
ここ数日雪が降り、除雪機使ってます。
いつかはGゲージで雪中運転したいなあ。

イメージ 3
2代目アイゼンバーンカレンダーはRhBで。

イメージ 4
1月はいかにも冬らしい構図。

ということで…
イメージ 5
今年の走りぞめはN型のRhBで。
MDSの今年モデルは何が出るのでしょうか。
一番気になるかもしれない。

さて、このアイゼンバーンカレンダーは
7月にメンゼルで少しだけ出ました。
他商品オーダーと一緒に同時注文。

結構人気ですぐに売り切れ。
追加入荷はあまりなかったので
限定数販売かもしれません。
皆さん、本当に早いですね。

ドイツの暦ながら、
日付の確認ができればいいかなと。
部屋に一つ飾るだけで結構雰囲気出ます。

今日もありがとうございました!

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事