H19富士山福島県北近畿

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

B-56 北近畿R&RS 費用予算対比表

[H19年記] 新規道の駅について[5駅加えて768駅]
1、丹後あばあちゃんの里:評価4点 販売パンのみ 子供ひろば 車中泊×
2、但馬まほろば:評価3点 軽食堂あり 車中泊×
3、舞鶴港とれとれセンター:評価3点ミニとれとれ白浜 宝くじ販売
4、丹後味わいの里:評価0点 WCのみ [ 現在は 丹後王国 食のみやこ ]
5、ようか但馬蔵:評価4点 足湯アリ近くに温泉もある。バスターミナルもあるが車中泊もOK 以上

[原文] 車中泊した海辺の高浜 高原の神鍋 いずれも夜は26℃で涼しい風 朝は16℃-18℃で快眠 あのむし暑く寝苦しい熱帯夜の大阪とは天地の差である。食べ物は近畿内でありながらもう二つであった。瑞穂のチャーハン 高浜のうどん 神鍋の鉄板焼 & 冷しうどん いずれもまずかった。高浜のカレーライスだけがマアマアだった

[原文] 台風5号が北上中 九州か中国又は四国に上陸予想 神鍋高原 一日滞在を取り止め 明日2日に帰阪予定 そしてRS村岡の観光協会によればR482は崖崩れのため通行不可 峠を越えて鳥取県の若桜へは行かれないとの由 急きょRSハチ北で検討の結果 明2日未国道を迂回しながら幹線ルートに沿って帰阪する

[原文] 4日間で費用は2万円 内48%9526円が ガソリン代であった。
台風が接近して1日短縮したが2万円の気分転換の効果はバツグンだった。

[H29年記] 今回ブログを作成するため航跡をたどると予想外にウロウロと走り回っているのには我ながら驚いた。1日の平均走行が約250kmと少ないが炎天下のなかUターンや迂回を繰り返し国道間を県道でつなぎながら9ッの国道を完走できたことは 当時はまだ71才の元気ハツラツだった時代を彷彿させるブログである

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

B-57 北近畿R&RS 1日目&2日目詳細スケジュール表

[原文] 志賀高原-佐渡越後-上高地 エリア・クラシックの旅が中越沖地震の発生(H19年7月16日)にともない延期になった。これで軽四B級の旅を完全延期したのは 新潟中越地震に続いて2回目である。あれから3年 人的物的両面において復活し 山古志村の県道も通行OK 今回は少しルートは異なるが佐渡ヶ島をメインに新潟県をくまなく走破する8日間のスケジュール それが秒読み段階で延期になった。実行中でなかったのが不幸中の幸いだったとはいえ 3年間に二度も大きな地震に遭遇された人々は日本の宿命とはいえ大変だと思う。

[原文] 超エコ & 未国道走破に挑戦した。
◇ R479中環状線と[R308心斎橋から水走り] 長田JCTでは1km17分 時速3,5kmの大々苦戦
◇ UターンはR173綾部 R483和田山 R312R426R178豊岡市内 R175R176柏原町の水分れ
◇ ウ回 R372の2.4km [R429青垣福知山 R482峰山丹後 R25八尾国分]
◇ 完全完走:全長700mのR177 舞鶴漁港-R27の区間 
以上の他にR423R312は完走 R309は6kmの追加 今回の9完走を加えて完走国道は計69道 5934km(12%−10%) またRS新規の道の駅は丹波 但馬 舞鶴港 丹後 ようか以上5駅を加えて768駅になった

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8

イメージ 8

B-56 日目スケジュール表 & 天気概況 & 経費支出予算対比表

[原文] 軽四B級の旅 今回はその集大成の旅だった
天候の選択、SLの撮影、RS車中泊のポールポジション。サッカーのTV観戦、デイゲームE-Cのラジオ中継、三湖の裏磐梯山 一瞬の晴れ間、スカイラインの見晴らし良好、R399犬ねこライン、6/3のRSの日の出 以上良かった点 なかでも意外に良かったのが あぶくま洞 これは日本一。うまくいったのが首肯の事故渋滞 右をスルリとぬけて34km39分700円 マイナスはR399の通行止とナイロンタオル、道のワースト3はR6 立看板を見て走るだけ ただしE-Cの野球中継で助かった

[原文] 総括 HC1回 RS車中泊6回 1日平均350km 総合計2800km 1硲隠械訓 全使用量189 金額にして28550円 全費用の40% 高速代が10990円 17%の今回の軽四B級の旅 予想以上の出来栄えで本当によかった。すべてのものに感謝!!!

[H19年記] 費用総額 75000円 妥当な線だと思う.代替案としては高速道路の利用をやめて往復とも国道走行で車中泊すると述べ10日間の日程となる。費用はかわらず時間に余裕ができるので体力的には楽になっていたかも……

利根-東京-横浜-川根

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

B-56 福島県 日目スケジュール表

[原文] 車中泊最後のRS川根温泉 SLを激写?ビールを飲んでベットメイクしてさあこれから温泉にはいり食事でもしようかなと思い道の駅の玄関へ行ったら本日定休日 今日は月一回の休日 第一火曜日にあたるとの由 全くついていない。今から駿河HCへ行くか 足湯だけにして近くの食堂へ食べに行くか迷った。イヤイヤ待てよ こんな時のために持って来ている非常食?ワンタンメンを作って食べよう。ドンブリは なかったけれど うまかった。7日目の温泉0円 ビール0円でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

タンクローリー:日立市内

[原文] 日本でワースト3に入るR6のドライブ…RSそうま で偶然聞いた楽天対広島のラジオ 周波数をさがし東北イーグルスの中継を聞きながら そして立看板を眺めながらRSならは まで約60kmの退屈しないドライブになった。
 ちなみにワースト1位はR2の明石ー姫路 2位はR486の府中ー井原間である

[平成29年記] 地道の東海道 [<名阪・名四>ーR23R1ー東京 日本橋}の休憩地 について
 最初が伊賀SA 次が長島町にある駐車場 ここ以東は浜松の新幹線のガード手前にやっとコンビニがある。その後 五つのバイパス(磐田 袋井 掛川 日坂 藤枝)を抜けて道の駅宇津ノ谷峠 続いて道の駅富士 そして最後の休憩地 道の駅箱根峠に到着 ここから東京日本橋まで休息地は皆無である。
 メインルートであるが故に 道路は整備拡充されているがソフト面が置き去りにされた主要街道である。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事