Macintosh Classic lll/AV

Processingは簡単に始められます。興味ある方は書庫【Proce55ingで遊ぼ】の最後から逆順で

全体表示

[ リスト ]

iPhone SDK on PPC への長い道のり

いや〜、長かった。(のべ3日間)

事の始まりはオークションでLeopardの安い出物に出会ってしまった事。

iPhone料金プランが公表された翌日に、会社にMNP申請、すんなり通って、発売日の2営業日後には手元にiPhoneが届いてはいた。
だけど、iPhone SDKがLeopardでしか動かないことを知っていたので、愛機の初期型MacMini(1.42GHz, PPC G4, 1GB, 100GB, panther->tiger)のOSアップグレードが必要。
で、しばらくアップグレードライセンスの購入代金が捻出(説得)出来ず、脱獄も会社支給の携帯なので手が出せず、ずっと様子見の状態だった。

落札した出物が手元に届いてすぐにアップグレード開始(バックアップぐらいとらんかい!)

壁 その1

インストール開始の為に再起動が自動でかかり、インストールは完了!(1時間以上ー長かった)
その後、再起動・・・・でも、・・・画面は真っ暗なまま。
HDDの音からすると少なくとも起動シーケンスは始まっている様子。
起動オプションをDVDに変更してDVDからのインストールを数回トライしたあと、
・・・(安く買った後で知ったんだけど)かの悪名高いAcerのディスプレイをDVI接続にしていたことに気がついた。
もしかして、VGA接続にすれば・・・・正解でした。
(ここまで、足掛け二日、6時間)

壁 その2

いつもの灰色林檎にくるくるマークが出て、いよいよLeoardのデスクトップが・・・
と思ったら、青い(でもWindowsのBlueScreenよりは奇麗な)画面にデカメのマウスカーソルが左上に張り付いたまま。
格安DVDってまがい物?
さらに何回か(バックアップ出来ていないHDDの中身にお別れを言いそうになりながら)トライしたけど全く同じ。
落ち着いて考えると、
Leopardが出始めたときに「ブルースクリーン」のトラブルが耳に入ってはいたけど、IntelMacのWindowsインストールトラブルだと思っていた。
まさか?・・・正解でした。
Leopard のインストール後、リスタートすると、“青い画面”が・・・
(ここまで、さらに4時間)

壁 その3

やっとLeopardのデスクトップとご対面。(林檎メニューはモノクロなのね。)
iPhone SDKは無料で手に入るけど、AppleのADC(Apple Developer Connection)の無料会員登録が必要。
愛機を買ったときに登録済みだったので、早速ダウンロード。
iphone_sdk_final 1.25GB・・・でか!->久しぶりの夜中自動ダウンロード(現在2.5Mbps推定4時間、大昔大きな(800KB?)スタックをテレホーダイの時間帯でダウンロードしていた頃の記憶が戻ってきた)
(ここまでで、足掛け二日、のべ13時間)

壁 その4

インストーラ起動画面がこれ。
イメージ 1

xtool3.1は選べるけど、お目当てのSDKが選べない!
(こんなのスナップ取ってる余裕なんてないです。このスナップは、その後リリースされた1.35GBもあるiPhoneOS2.1対応のSDKが今週リリース。さらに4時間かけた後のスナップショットです)
ダウンロードページやググった結果、IntelMacしか動かないよ、だって・・・
こうなったら意地でも・・・って感じで深くググると・・・
ありましたよ!PPCで動かすハックが・・・
彼、神様ですね。
(ここまでで、足掛け三日、のべ14時間)

壁 その5

彼の言う通り、次の手順を踏んだら先週の記事の状態になった。

1.iPhone SDKを選べない状態でとりあえずインストールする。(以下の説明は、デフォルトのインストール先/Developerじゃなく,/DevSDK2.1に変えた時の場合なので、参考にする場合、注意が必要)

2.次にPackageフォルダを開いて、アタマにiPhoneが付いているパッケージ全てについて、
イメージ 2

3.インストール先を/DevSDK2.1にして、片っ端からインストールする。
イメージ 3

4.(ここがミソ)フォルダ/DevSDK2.1/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Library/Xcode/Specifications/にある"iPhone Simulator Architectures.xcspec"を彼の言う通りに修正する。

すると、・・・あら不思議、xtoolでiPhoneシミュレータを起動出来るようになる。
(ここまで、足掛け三日、のべ16時間)

下の画像は前記事で紹介したSDKのサンプルコードを動かしたところ。シミュレータでマルチタッチ操作、加速度センサー、ホームボタン、ロックボタン、文字入力のテストが出来る

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/5a/8d/classiclll_jp/folder/1448949/img_1448949_54981473_2?1221298513

最後の多くの壁 (今後)

・Core OS の理解
・Core Service の理解
・Mediae の理解
・Cocoa Touch の理解
・Objective-C の理解
・xtool の理解

Appleがこれらの理解を進める為のビデオキャスト10本以上をiTuneStoreに置いてくれてるので、iPhoneで勉強出来る。(はず、・・・全部英語)

ま、ぼちぼちやります。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お疲れ様です。
そういえばPPCって本家のSDKでは未対応でしたね。
執念を感じました(笑)

そういえばiphoneではまだリリースされてないようですが、
Touchのファームを2.1にしてみました。
日本語環境がかなり改善されてますよ。
連文節の変換もOKです。速度もずいぶん改善されてますね。
リリースされたら試してみてください。
私はすでに2.1での脱獄環境です(笑)
今までもアプリも、問題無く動きますし非公認アプリも充実してきてますよ。

2008/9/14(日) 午前 8:57 [ - ] 返信する

顔アイコン

日本の公式ページにはあらわれてないのですが、iTuneから更新を勧められたので一週間前に2.1に更新済みです。(30分以上かかるのは心臓に悪いです)
たしかに快適さの向上は実感出来ます。(まだまだですが)

2008/9/14(日) 午前 10:56 Classiclll 返信する

顔アイコン

そういえば、(ちゃんとリサーチすべきところ、)
脱獄環境での非公式アプリの開発はやはりiPhone SDKを使うんですか?

2008/9/14(日) 午前 11:04 Classiclll 返信する

顔アイコン

そうだと思いますよ。
非公認アプリは/Applicationに置かれますが公認アプリは/private/var/mobile/Applicationに入ります。
ディレクトリーの違いはありますが、非公認アプリは公認アプリ(.ipa形式)に変換可能です。どちらも同じ物と考えて良いかと。
脱獄環境なら手軽にiPhoneにアップして動作確認も簡単になるかも。
勧めてるわけでは無いですよ(笑)

ディスアセンブラーなんかが有ると無数に有る公認&非公認アプリが教科書になるんですけどね。ライセンス違反は間違いなしですが(笑)

2008/9/14(日) 午後 0:05 [ - ] 返信する

顔アイコン

SDKのサンプルコード(プロジェクト)は約40あります。
センサー、Web、GPS、マップ、メール、音楽、画像、映像、DB、・・・必要になりそうなサンプルはたいがいそろっているようです。
Objective-Cの勉強がてら、これらをいじっての修行から始めようかと。

2008/9/14(日) 午後 2:22 Classiclll 返信する

顔アイコン

↑40じゃあなくて、19でした。

2008/9/14(日) 午後 7:39 Classiclll 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事