チーム CLINE のブログ 『下町ロケット』で学ぶ経営戦略

「できない理由」を直視し、「できる理由」を活かす経営支援チーム

全体表示

[ リスト ]

 . 
 『下町ロケット』で学ぶ中小企業の経営戦略と知財戦略 「強い特許」
 . 
 「佃製作所」は、訴訟における不利な状況を打開するため、弁護士を替えます。新たに選任した弁護士は知財訴訟に強い、「凄腕」の弁護士という評判の神谷弁護士です。
 この「神谷弁護士」は中小企業の知財戦略をご指導されておられる実在の弁護士の先生がモデルになっています。
 . 
 神谷弁護士との打合せにて、佃製作所は同社の特許の「弱点」を指摘されます。
 一言でいえば、佃製作所の特許は、自社製品に採用する技術を忠実に表現しただけの、特許権が及ぶ範囲が狭いものでした。
 . 
 では、弱点の少ない、「強い特許」とはどのような特許のことをいうのでしょうか?
 . 
 一言でいえば、他人にとってやっかいであることということができます。
 . 
 より具体的には、下記の5つの要素を備えた特許であれば、「強い特許」ということができるでしょう(特許業務を経験された方でなければピンとこないかも知れませんが・・・)。
 ① 権利範囲が広いこと(「鉛筆」より「筆記具」の方が広い)
 ② 改良の余地(付け入るスキ)が少ないこと
 ③ 回避が困難であること(代替手段がない)
 ④ 侵害の検知が容易であること(マネすればバレること)
 ⑤ つぶしにくいこと (無効審判などで無効化されにくいこと)
 そして、「⑥ 顧客にとっての経済的価値を生むこと」という要素も具備できれば「良い特許」ということができるでしょう。
 . 
 ナカシマ工業が「佃製作所は当社の特許権を侵害している」と主張しているその特許は、佃製作所の特許の「周辺特許」の部類に入るもののようです。佃製作所が改良製品において使用してくるかもしれない技術を予測して罠として仕掛けた特許といえるでしょう。
 . 
 特許戦略はおいおい見直すとして、佃製作所にとって喫緊の課題は「資金繰り」です。それを神谷弁護士も気にしています。
 . 
 佃製作所では資金調達のためにベンチャーキャピタルに相談することになります。『下町ロケット』で学ぶ中小企業の経営戦略と知財戦略の初回でお伝えしましたように、「経営破綻の要因」は資金が行き詰まることなのです。
 . 
 . 
■ 知財経営研究社
  http://www.chizaikeiei.com/
 . 
■ 「経営力向上計画」の関連ページ
  http://www.chizaikeiei.com/keieiryoku.html
 . 
■ 経営力向上計画の書き方・作成・申請・認定
  http://www.chizaikeiei.com/keieiryokukakikata.html
 . 
■ 『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
  http://www.chizaikeiei.com/shitamachi.html
 . 
■ 知財経営研究社 代表 プロフィール(連絡先)
  https://cybozulive.com/profile/chizaikeiei
 . 
 . 

この記事に


.


みんなの更新記事