全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

白CUP

イメージ 1
ホイール換えました。

イメージ 2
CUPホイール白です、定番ですね。
イメージ 3
黒いのは装着車両があるのでディーラーで白は入手可能か問い合わせたところ、可能との事で発注しました。
DASSの為の適正なオフセットは変えたくないので、選択肢はコレかSifoさんのホイールしかないんですよね。
+68というトンでもないのは汎用品にはあり得ない数字です(笑)
コレが1番カッコいいのは解っていましたが、最初からこのセットだと掃除に挫折しそうだったので後買いです。

イメージ 4
センターキャップもモチロン白に交換。
イメージ 5
青いクルマに白ホイールは映えますね〜
ラグジュアリーからレーシー(ヤンチャに?)な感じになりました。
ただでさえ派手なのが更に派手に(^^;;
白ホイールがすぐ汚れるのは重々承知しておりますので、ガンバって掃除するしかないですね。
あまりに掃除に疲れたらBE-POPに戻しちゃうかもしれませんが(笑)

ゆくゆくは軽いSifoさんのホイールも入手したいので、これで心おきなくシルバーを選べます(^^)

標準の黒BE-POP
イメージ 6
タイヤの内側まで塗装してある...
軽く作ろうなんて微塵も考えてないみたいです(笑)

K4-GP 2011’

今年も夏の恒例行事であるマッドハウスさん主催のK4-GPに参加してきました。

8/11
イメージ 1
早朝に富士スピードウエイに到着です。道中は微妙に事故渋滞に巻き込まれちょっと遅刻(^^;;

イメージ 2
PIT裏駐車場の場所取りの為にクリゴル君はここで待機です。

すぐに練習走行開始です。
イメージ 3

しかしオレンジボール出されてPITへ...
ガソリンが漏れてる?
イメージ 4
原因はタンクではなくエア抜きホースの一部破損だったので、すぐに完治しました。

イメージ 5
今年もこの5人で走ります。
もちろん全員ルノー乗りなのは言うまでもありません(笑)


イメージ 6
ちなみにゴル・ラインは幅や間隔を8ゴルから採寸して貼っております。
暫定カラーリングと言いながら、数年間このままなのはご愛嬌(笑)
イメージ 7
タイヤ交換や洗車など、準備完了し1日目が終了しました。



8/12
イメージ 8
今年のスタート仮装は木枯らし紋次朗(笑)

イメージ 9
もちろん今年も我がチームには本物RQさんが待機です(^^v
この為にゴル傘を買いました(笑)

そしてスタート直前。
イメージ 10

イメージ 11
Kカーだけでなく、ちらっと旧トゥインゴ(2台)やマーコスが確認できます。
今年は総勢138台の出走でした。

そしてレースが始まりました。
イメージ 12


イメージ 13
第2ドライバーで出撃準備の僕。

イメージ 14
暑い中、1時間走ってヘトヘトの僕。いや〜暑かった〜〜
途中、1コーナーでスピンしかけました(^^;;

イメージ 15
PIT IN@ドライバー交代。

イメージ 16
給油風景、隣のプリウスもレース参加車両です。キャトルの小ささがよく解ります。

イメージ 17
2度目の走行を終え、お役御免で記念撮影(^^)
モザイクの下で鼻の下が伸びてる事は言うまでもありません(笑)

イメージ 18
そしてその後もキャトルは淡々と走り

イメージ 19
10時間後、無事フィニッシュ!!(^^v

イメージ 20
暫定の結果は70位だったかと思いますが、相変わらず出場車の中で1・2を争う非力なキャトルですので、
上々の結果かと思います。2台のトゥインゴより上位フィニッシュでした(^^)
タイムではトゥインゴに敵いませんでしたが、そこが燃費レースの面白いトコロです。
特に問題はなかったものの、ややEgの吹けが良くなかったかな?と感じました。
あ、問題と言えば無線の使い方が解らなかった人が約1名いましたね(爆)

今回は赤旗中断や長いペースカーランがなかったので、10時間の燃費データがキッチリ取れました。
燃料はたっぷり余ってましたので、その分をパワーUPに使えればいいのですがね〜〜


そしてゴール後の記念撮影です。
イメージ 21
皆さんモザイクの下ではイイ顔してますよ(^^)


隣にいたちょっとカワイイESSEとカクカクシカジカ(笑)
イメージ 22


表彰式後、恒例のパレード・ランで締めくくりです。
イメージ 23

イメージ 24

いやいや今年も楽しく無事に終了できました。
主催者の皆さん、チームの皆さん、応援してくれた皆さん、ありがとうございました〜〜

次回は2月の冬の耐久でお会いしましょう!!

開く トラックバック(1)

今年も走ります

イメージ 1


参加車の中で最も非力(38HP?)ですが、ホントにキャトルか?!中身は違うよね?って言われるくらいの
スピードでコーナーを曲がれるクルマに仕上がっております(^^)
今年はキャトル生誕50周年という事で、いつにも増してガンバって来たいと思います。


明日(今日?)から富士入りです。

開く トラックバック(1)

11’F1 Rd.11 Hungary GP

イメージ 1
11’F1 第11戦、ハンガリーGP

ペトロフ・12位、ハイドフェルト・リタイヤ。
燃えてましたが何が起こったんでしょうか(TOT)
開幕数戦の勢いが見る影もありません...

分家その1 REDBULL:ヴェッテル・2位。ウェバー・5位、
分家その2 TEAM LOTUS RENAULT:トゥルーリ、コバライネン・共にリタイア。
今回はリタイア4台の中で3台がルノーEg...orz
可夢偉は11位でポイントゲットならず...後半のソフトタイヤでのロングランは厳しかったですね。


次回はバカンス明けの4週間後のベルギーGP。
ガンバレ! ハイドフェルト&ペトロフ!!
オット・モデルズ製 1/18 クリオRS ジャン・ラニョッティです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
限定モデルの様でシリアルNoがあり 996/1000です。
レジン製ですが、並みのダイキャスト製並みに重いです。
タイヤは回転しますが、他の可動(開閉)部分は一切無しのプロポーションモデルです。
サイドのウインカーやリアのハイマウントストップランプ、果てはナンバー灯カバーまでクリアパーツ使用です。
タイヤのパターンもコンチ・スポーツ2っぽいです。
大きいモデルは迫力がありますね〜(^^)


イメージ 4
内装も良く再現されていて、シフトのパターンまであります。BIGスケールならではですね。

少し気になるのがリアのテールランプの抑揚に乏しく、やや‘のっぺり感’があるのと、
後ろに向かっての絞り込みがやや大きいので尻すぼみっぽい感じがあります。
リアバンパー下端の幅が狭いのもそう感じさせる一因ですね。
ワイーパーが今風のフラットブレードになっっちゃっていますが、おそらく取材車がそうだったのでしょう。
ドアのガラス部分に黒い縁取りがあるのも?ですね、サイドがダルな感じがします。
とは言え、全体的な雰囲気は良いですので満足していますが、何よりモデル化してくれた事に感謝ですね(^^)

43と並べてみました。
イメージ 5

イメージ 6
子亀の上に孫亀状態ですが、親亀の上に乗せるのはあまりに危険なので断念しました(笑)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事