全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

11’F1 Rd.1 Australia GP

イメージ 1
11'F1 第1戦 オーストラリアGP

ペトロフ3位!!、ハイドフェルト12位
イメージ 2
ペトロフはガンバりましたね! 終盤のアロンソの猛追を逃げ切り初の表彰台GET!!
今年は開幕前にクビサのアクシデント...そして本来の開幕のバーレーンのキャンセルといろいろありましたが、
まずは幸先の良いグランプリでしたね。
しかしクビサが居てくれたらと思うと...残念ですが仕方がありません(TOT)
可夢偉も8位フィニッシュとガンバりましたが失格とは...残念...

ちなみに分家のヴェッテルは優勝でウエーバーは5位。
まあ嬉しいのは嬉しいんですが、あくまでも真剣に応援しているのは本家の LOTUS RENAULT GPであります。
あっ、他の分家の TEAM LOTUS RENAULT(ややこしい)にもそれなりにガンバって欲しいとは思っています(笑)


次は2週間後のマレーシアGP、ガンバレ!ペトロフ&ハイドフェルト!!
春分の日の月曜日、Sifoさんにて1000km点検を受けてきました。
イメージ 1
いや〜いつ行ってもここはパラダイスですね、たまらない車がいっぱい(^^)


イメージ 2
クリオ3のボンネットってアルミだったんですね、昨日聞いて知りました(笑)
クリオ2に比べて妙に軽いなとは思っていましたが、単に大きさの問題だと思ってました(^^;;
そういうトコロをもっとアピールすればいいのに(笑)
ダイ○ツのCMの「裏付けを表に出してどうする」を地でやってます(爆)

各種点検、増し締め、油脂類の交換を済ませ、ちょっとしたパーツの取り付けをお願いしました。

こちらです。
イメージ 3
リジカラです。
クリオ2用は入手していて、ふとサイトを見てみるとクリオ3用もラインナップされていたので、早速購入(笑)
クリオ2での効果は聞いていたので、興味のあるパーツでした。

で、付けてみての感想は
アイドリング時の振動が減少し、道路の段差での衝撃の角が取れて丸くなった感じがし、
脚の動きが装着前より解る様になりました。
慣らしの最中なので、それ以上の事は解りません(^^;;
まだ1000kmチョイの新車状態にも関わらず効果は感じられました。

価格は正直「え?こんな物で 18900円?!」と、思いましたが、
実際に取り付けてみると費用対効果は高いと思いました。
これは良いですね〜〜もっと効果が顕著に解るであろうラニョ君にも早く付けてあげなきゃ(笑)


そして、カングー・エクスプレス・コンパクトを試乗させて頂きました。
イメージ 4

まるでチョロQちっくな可愛い外観(^^)
イメージ 5

ご覧の通り装備の簡素化された商用車なんですが、とっても良いんですよこれが(^^)
柔らかく路面を良く追従する脚に柔らかいシート、そして安っぽい内装(笑) 最高です。
ルノーの本質はこういうベーシックだと思っているので、やはりと再認識。
しかし後に知ったのですがこの車、実はもっと凄い車の様です。


街中をちょろちょろ走った僕にはそこまで解りませんでしたが、チャンスがあれば試してみたいですね。
更なる進化をするとの事で、楽しみにしています(^^)

開く トラックバック(1)

1000km到達

イメージ 1
2/10に納車後、ちょうど1ヶ月で1000km到達しました。
あまり無駄走りはせず、かといって温存しすぎずの、よいペース。
やっと‘借りてきた感’が抜けてきたってトコロでしょうか(笑)

まだ暫く慣らしが続きますが、先は長いのでじっくり仕上げてあげようかと思っています。

本日はETCを付けてもらってきました。
イメージ 2

イメージ 3
なかなかバラされた状態は見られないので、ちょっと記念撮影(笑)
マットはGORDINI純正品を使用しているのですが、訳あって外して安物汎用品で代用しております(謎)

‘本来の’広さのグローブボックス。
イメージ 4
このくらいの広さがないといけません(笑)
ETC本体は右の出っ張りの前に付ければよかったな...
コードに余裕があったら移動してみましょう。

1000km点検時には、ちょっとしたパーツの装着を目論んでいます。
乞うご期待?(笑)

開閉楽チン

今まで何世代かに渡り数台のルノーを乗り継いできましたが、ドアの開閉に気を使うなんて事は初めて...
クリオ3のドアハンドルは人間工学的に誤っている(笑)と思いますので、直してきました。

イメージ 1
見た目も機能もバッチリ!
諸事情により詳細は控えますが、もちろんあそこで施工して頂きました(^^)


イメージ 2
直接来られない場合は対応できないとの事ですので、ご了承を。


ちなみに
イメージ 3
暗い夜でもカッコいいと思いました、親バカですが(笑)

べとべとオイル掃除

イメージ 1
本日の主役は右側のラニョ君。クリゴル君が来ても、変わらぬ愛情を注ぎます(笑)


長年の懸案であったインマニ下のオイル滲みによる汚れのお掃除@BRs監督宅。
イメージ 2
クリオ2RSにはよく見る状態です...
ちょっと見にくいですが、インマニ下のヘッドカバーがオイル滲みによる埃の付着でデロデロです...

インマニを外してみましょう。
イメージ 3
酷いですねぇ...
原因は解っております。右上のパーツのパッキンから滲んでいるんです。

では外してみましょう。
イメージ 4
この下の茶色いパッキンです。


で、パーツクリーナーでしこしこお掃除。
イメージ 5

イメージ 6
きれいになりました。

組み付けましょう。
イメージ 7
完成〜〜

ではEgをかけてチェックしましょう。


キュルル(セル音)ブォン(Egかかる音)バス・バス・バス・バス・バス???



あれっ????


コイルの順番を間違えました(^^;;
イメージ 8
正しく付け直しましょう。

再度チェックしましょう。

キュルル(セル音)ブォン(Egかかる音) ボオオオオーーーーーン??


あれっ??アイドリングが2000rpm???
ちょっと高くね??

スロットルバタフライを掃除しましょう。
ドロドロと汚れが出てきた様です。

再々度チェックしましょう。

キュルル(セル音)ブォン(Egかかる音) ボォォーーーーーン??
あれっ?? 相変わらず2000rpmでアイドリング?? バタフライ掃除したのに変わらないぞ???

よく見てみましょう。

あれっ? ホースが1本抜けてるんじゃね?
イメージ 9
入れましょう。
ってか、ちゃんと確認しないといけませんね(^^;


再々々度チェックしましょう。
キュルル(セル音)ブォン(Egかかる音)ブゥーゥーーーー(正常アイドリング)


直りましたね、やっと完成(^^)

そしてEgオイル(withエレメント)、MTオイル交換。
デフ部の異音消失。

35236km

次は右前の異音対策、原因はスプリング部分? 次回に対策してみましょう。
監督、ありがとうございました〜〜

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事