全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

Chassis Cup

イメージ 1
ウチのクリゴル君は赤いキャリパーのカップ・シャーシです。
イメージ 2
中が青いホイールが多いのですが、こちらが標準で青いのはオプションです。
どちらが好きかと聞かれたら...あえて答えない事にしましょう(笑)
オプション価格が高くないので白いカップ・ホイールを選ぶ事も考えましたがキレイに白く保つのが面倒なのと
後でノーマルホイールを買う事は絶対に無いだろうなと思い‘素’のままにしてみました。
資金的に余裕があれば白カップは欲しいですね。


カップ・シャーシはスポール・シャーシと比較して、車高7mmダウン、スプリング強化(前27%・後30%)
ショックアブソーバー強化(45%)、そしてステアリングレシオを早めて(2.8→2.5?)いるとの事です。

現在のGORDINI Seriesは、昔の高性能なブランドではなくラグジュアリー志向のブランド展開なので、
本来ならスポール・シャーシの方がキャラクターに合っているとは思います。
しかしGORDINIの名前が付いている以上、スパルタンでなくてどうなのよ? と、僕は個人的に思いまして
あえてカップ・シャーシを選びました(笑)

メディアで得た情報ですが、現行TWINGOはスポールとカップでは随分と差がある様ですね。

まだ600kmチョイの慣らし運転真っ最中で発展途上の段階ですが、特に硬いとは感じず何ら問題は無いですね。
クリオに関して乗り心地はスポールとカップでは大きくは変わらないんじゃないかと思います。
低速で大きな入力があった時には「やや硬いな」とは思いますが、それくらいですかね。
20年前になりますが、21ターボの新車時の脚のフィーリングによく似ています。
もう少し馴染んだら最終的にはああいう感じの乗り心地になるんでしょうね。
目論み通りでニンマリです(^^)

専用の硬い脚と言っても某メーカーのType-Rみたいに一般走行無視のヤ○ザな代物ではございません(笑)
クリオ2RSでいうところの、普通のRSに対してRagnottiとかTEAM182くらいの差だと思います。
それを乗り比べられた事のある幸せな人は少ないと思いますが(笑)乗り心地に関してはあまり変わらないです。
しかしサーキット等での走行性能は随分と違う筈ですが、僕にそれが引き出せるかどうかは置いといて(^^;;

以上はあくまで僕の個人的な感想ですので、人によっては違う意見かも知れませんのでご了承を。


クリオ2との比較といえば
イメージ 3

イメージ 4
こんなに大きく立派になってしまいました(苦笑)

慣らしが済んだら走りの感じの違いなども比較してみたいと思います。
慣らしがてらにクリオ・ルーテシア3RSのオフ会に行ってきました。
イメージ 1
全部で11か12台くらいの参加があったかと思います。

興味のあったドア内張り部の加工も見せて頂いたり、先輩オーナーの方々にいろいろお話を聞けて
有意義な時間を過ごす事ができました、ありがとうございました(^^)

そこで、ひとつ疑問が解決。
イメージ 2
ヘッドレストを下げるスイッチがこんな所にあるよと...
これでやっと下げられます(笑)

このスイッチは右側に付いているので普段は全く目にはいりませんでした(^^;;
イメージ 3
付け根に押せるスイッチがあるんですが、押しても引っ込まず...
走る上では全く困らないので、まあいいかと...注意力散漫にもほどがあります(爆)


納車後12日、累計536km、本日は170km弱走りました。
イメージ 4
高速で初めてクルーズコントロールやスピードリミッター機能を使ってみました。
読めない説明書と格闘する気が無いので、のんびりボチボチ理解していこうと思っています(笑)
ルマン・ミニチュア製スロットカーです。

イメージ 1
#27 Mauro BIANCHI・Patrick DEPAILLER組、22時間でアクシデントでリタイア。


イメージ 2
#28 Henry GRANDSIRE・Gerard LARROUSSE組、7時間でアクシデントによりリタイア。


イメージ 3
#29 Jean GUICHET・Jean-Pierre JABOIILLE組、6時間で電気系トラブルによりリタイア。

総合8位入賞の#30のモデルがあるのですが、今回は入手出来ず...入庫したら追加します。

では箱から出してみましょう。
イメージ 4
全体的にPloto Slotのモデルと良く似ていますが、LMMの方がややリア部分のエッジがシャープな感じですね。

イメージ 5
グラマラスなテールが良いですね(^^)ご覧の通りテールランプはA110やR8Gと共通です。

イメージ 6
やはりこの時代のルマンカーは長いですね(笑)

イメージ 7
ドライバーもしっかり再現、各モデルともヘルメットのカラーリングを変えてあります。

初期のLMM製品はタイヤもまともに回らない様な代物でしたが、最近のモデルはそうでもなさそうです。
モーターはスリム缶ですが、あまり回転の高くないものと思われます。
画像はありませんが、タイヤが前後と倍くらい太く、少しは走行性能を考えたんでしょうかね(笑)
多少の調整でしっかり走ってくれそうですので、近いうちデビューさせます。



ルマンでの総合優勝を目指して作られたA220ですが、残念ながら上記の様に結果を残せませんでした。
しかしこの時代のフランスのレースカーっぽく丸く美しい車体は記憶に残りますね(^^)

シフトノブ

ゴルディーニRSはアルミのシフトノブが付いています。
イメージ 1

解りづらいのでアップにすると
イメージ 2
上部にはGORDINIのロゴがあります。
ここにはシフトパターンを記して欲しかったんですが(笑)

アルミのノブって、正直あまり好きではないんです。
そこそこ重さがあって操作性は良いのですが、冬は冷たいし夏には熱いってのがどうもねぇ...
でも付いちゃってるので仕方がない(笑)

そこで
イメージ 3
MOMOのドライビング・グローブを買ってみました。
どんなモンだかお試し仕様なので、安価なのを選びました。
黒だと‘本気モード’な感じがするのでやや肌の色に近いブラウンで、しかもアウトレット品(笑)

こんな感じです。
イメージ 4

使ってみるとドライビング・グローブってなかなか良いですね〜
冷たいシフトノブでもがっちり握れるし、ステアリングも滑らないし。
実は本当の目的は妙な革細工のステアリングを自分の手の脂で少しでも汚したくないって事だったりします(^^;

ゆくゆくは、もっとちゃんとしたグローブが欲しくなりました。
痛い人に思われたくないので肌色に近い色で(笑)



追記:シフトパターン・エンブレムを貼りました。
イメージ 5


ちなみに2種類入手してみました。
イメージ 6
アルテッツァ用(300円)安っ!

イメージ 7
LEXUS IS 250用(2800円)高っ!!

比較用に
イメージ 8
上:トヨタ、下:LEXUS
書体がほんの少し違うだけで、材質・大きさとも全く一緒...
あの価格差は何なんでしょうか??

悔しいのでね、高いLEXUS用を貼りました(笑)

成田山へ

日曜の事ですが、交通安全祈願に行ってきました。
イメージ 1
節分の芸能人の豆まきでおなじみの成田山新勝寺です。

そんなに信心深い訳ではないんですけどね、今までなんとなく続けているので...
そういえば何故かA110だけはしていませんが(笑)

成田山には初めて行きました。
本山と交通安全祈祷殿はかなり離れた場所にありまして、ちょっとした他の寺院の本殿なみの立派な建物です。
イメージ 2

イメージ 3
行った時間が夕方だったせいか、この時間帯の祈祷は僕だけでした。クリゴル君、神様を独り占め(笑)



イメージ 4
納車後 5日、早く慣らしを終わらせたいとは思いつつもなかなか距離を伸ばす事ができません。
ガンバって乗らないと(笑)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事