全体表示

[ リスト ]

まずは下の記事から↓(YAHOOニュースから引用)

プロボクシング「亀田3兄弟」の三男で、5月のアマチュアデビューを目指す和毅(15)が、アマ側から“門前払い”されかけていることが4日、明らかになった。テレビ番組出演などが「アマ資格に抵触する可能性がある」と関係者から内々に通達されたもので、憤慨した父の史郎さん(41)は「亀田排除の露骨な意思表示」と受け止め、和毅の2008年北京五輪への出場計画を白紙撤回。「自由の国、アメリカへ行かせる」と日本脱出の怒りの決断を下した。

 亀田家の“最終兵器”に思わぬ急ブレーキがかかった。史郎さんによると、アマ関係者から「門前払いに近い内々の通達」を受けたのは2月下旬。テレビ番組出演などがプロ行為に該当するとして、和毅がアマのリングに上がれない可能性があるとの指摘を受けた。和毅の場合は規定の「スポーツで得た名声を商業宣伝に使用」に該当するという。

 和毅は今年に入り東京都でのアマ登録を済ませ、デビューに備えてきた。照準は全日本実業団選手権(5月3〜5日、兵庫・姫路)で、参加資格のアマ1勝を満たすため、4月後半の都内でのオープン戦出場も考えていた。史郎さんは「参加申し込みすらしてへんのに、もうダメだと言うてる。頭髪も社会人らしくないとムチャクチャ言いよる。頭髪の規定もあいまいや、好き嫌いで亀田を排除しようとしているとしか思えん」と怒った。

 過去には裁判にまでなった例もある。史郎さんは「これで試合直前まで練習して、出られんとなると本人がかわいそうや。アマも北京五輪もこっちから願い下げや」と怒りの三下り半。昨年の長男・興毅(20)のバッシングも挙げて「15歳の子供に、興毅の二の舞いだけはさせたくない」と話した。

 北京五輪出場の目標を白紙撤回した和毅は今後、米国を拠点に活動する。「自由の国、アメリカに行かせる。米国進出計画が早くなるだけや」と史郎さん。亀田の最終兵器は、逆輸入ボクサーとして日本のリングに立つ可能性が高まった。

 ◆亀田 和毅(かめだ・ともき)1991年7月12日、大阪・西成区生まれ。15歳。父・史郎さんの“英才教育”の一貫で、6歳で空手とボクシングを始める。史郎さんが、前WBA世界ライトフライ級王者の長男・興毅、プロ8戦全勝の二男・大毅(18)を超える大物と太鼓判を押す逸材。身長170センチ、体重55キロの右ボクサーファイター。



・・・ということで、三男はアメリカでのデビューを目指す模様。
ま、でもこれは何を今更?という感じはする。
そもそも日本のアマチュアボクシングは、成り立ちからして、
「青少年の健全な育成と成長のため」とかなんとか言って、実に生真面目なところがある。
長髪、茶髪、刺青は勿論駄目。
試合会場によっては、応援の声さえ注意される事もあったりするのだから、
騒々しい亀田一家など、アマ協会からすれば「キミタチ来るとこ間違えてない?」の世界だろう。

確かにアマ協会の規定にはあいまいな部分や、現代の事情に即していない面もあるにはある。
硬直化した組織であることは間違いない。
が、だからといって、人気回復のために亀田のみを特別扱いすれば
その方が今よりはるかにカッコ悪かったのは間違いない。
今回の対応は、前例通りにアマ規定を持ち出しているにすぎない。
アマ協会としては特別な見解を示したわけでもなかったが、
良くも悪くも伝統ある組織らしい、そっけないとさえ言える
(今、ボクシング関係者で亀田と彼らの生み出すビッグマネーを無視できる人は殆どいないのだから)
排除の仕方は、むしろ胸のすく思いがした。
まあ個人的にはアマでもなんでもいいから、三兄弟最強と言われる(というか関係者しか言ってないが)
三男の試合を見てみたかった気もするが、「三兄弟最強」=世界最強ではないのだし、
そもそも兄貴二人と比べての最強だから、あんまりたいしたものではないか、とも思う。

とりあえず、アメリカ行くからには、アラシモリトモを連れて行ってくれたらそれでいい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事