ここから本文です
企業コンテンツ管理の新たな兆し ClouDoc ! 文書中央化により会社価値上昇


- mcloudocに関するサービス製品についてのお問い合わせ及びご相談にお繋ぎいたします。


#1. 社内のネットワーク構造- StandAlone

まず初めに構造を見てみましょう。通常、ユーザー数が100以下の顧客会社で使用する構造です。サーバーはたった1台で構成されます。社員は各自のPCから直接サーバーにアクセスして使用します。

#2. 社内のネットワーク構造- Active-Passive

次に、ユーザー数が100~500の顧客会社で主に使われる構造です。ClouDocサーバーが2台、4台、6台というようにペアで構成されます。各サーバーには高可用性(HA, High Availability)ソリューションがインストールされます。高可用性ソリューションがインストールされたサーバーのうちのActiveサーバーがサービスを行いますが、万が一Activeサーバーに問題が生じた場合、Passiveサーバーが再びActiveサーバーになってサービスをサポートする方式です。

 

#3. 社内のネットワーク構造-Active-Active

次にActive-Active方式です。主にユーザー数が300以上の顧客会社で使用する方式です。サーバーが2台、3台、4台または数十台までサーバーの使用が可能です。この場合、L4スイッチや負荷分散ソリューション(LBS,サーバロードバランシング)を通じてサーバー間の負荷分散を行うことができます。高可用性(HA, High Availability)ソリューションは、データベースを二重化する場合のみ必要です。

ClouDocは、別のソリューションがなくてもActive-Activeサービスが可能なように設計されました。利用するすべてのサーバーが常に稼働しているため、Active-Passiveに比べてサーバーの活用度が高いのが特徴です。

 

#4. 対外文書交換サーバーの構造

ClouDocサーバーは、通常外部の悪性コードによる攻撃を防ぐために内部ネットワークのみアクセスできます。外部とファイルを安全にやり取りするためにDMZ区間に対外文書交換サーバーを構築することができます。社員はWindowsエクスプローラーで便利に外部とのファイルのやり取りを行えます。

 

#5. 外部のDRMサーバーの構造

外部のDRMサーバーの構造は対外文書交換サーバーと同じです。ただし、ファイルを暗号化して送信するところが違う点です。社員は、Windowsエクスプローラーでチーム長の承認を受けた後、暗号化して外部にファイルを送信します。この文書を受信した人はOne Time Passwordをはじめとするセキュリティ機能を通じて否認防止や情報漏えい防止機能を提供します。

 


6. 出張または在宅勤務中のVPNによる

 外部に出張に行くときや家で突然業務を行わないといけなくなった場合、VPNを通じてアクセスし、 ClouDocサーバーにアクセスして業務を行うことができます。たまにルーターの設定や仮想デスクトッププログラムを利用して外部からアクセスして利用することもありますが、これは当社が推奨する方法ではありません。

 

7. 出張あるいは在宅勤務中のProxyサーバーによる接
ClouDocは、PCとモバイル機器の方にProxyを通じたアクセス機能を提供します。この機能は、特にスマトフォンでClouDocにアクセスするときに非常に便利です。VPNとは異なり、別のプログラムをインストルせずに設定するだけで外部からClouDocにアクセス可能なため、非常に便利に使うことができます

 

#8. 外部のClouDocサーバーにProxyサーバーを通じて接続

ところで、ClouDocproxyのサポト機能は、ClouDoc部ネットワークではなく外部にある場合のために開したものです。すべての社のインタネットがproxyバを通じて接が許可されている場合に限り、非常に便利に使用できる機能です。

 

#9. ネットワーク分離環境適用
ネットワーク分離環境でClouDocは、DMZ間に存在する外文書交換サとネットワーク間デタ交換システムを通じて任務を的確に行います。ネットワーク間デタ交換システムとは、部ネットワクと外部ネットワークの間で悪性コードの流入を遮するために使用するデタ移動手段です。

もし、DMZ間に外文書交換サではなく、外部のDRMバをインストルする場合もClouDocはネットワーク間デタ交換システムを通じて的確に業務を行うことができます。

 

#10. 協力会社用の情報漏えい防止協業の環境

協力会との共同作業が必要ですが、協力会の産出物が外部に流出しないようにしたい場合、業務環境をみてみましょう。協力会社の社員はVPNに接します。次に、Proxyてネットワーク間交換システムを通じて部ネットワクにあるClouDocに接します。

この環境では協力社の社員が作業を行うと、産出物はすべてClouDocに保存されます。

ClouDocのセキュリティポリシは柔軟に適用することができます。接するIP域にじて、同じユであっても、異なるセキュリティポリシを適用することができます。また、協力会社の社員のPCの場合、コンピュタをシャットダウンして再起動した場合、クラウドックに接不可能な態であれば、セキュリティポリシを終了することができます。このように、協力会社の便宜性は保障しつつ、セキュリティポリシ化することができます。

 

Resources

- 文書中央化ソリュションのClouDoc製品紹介書のダウンロ

 

- 文書中央化クラウドサビスのmcloudoc製品紹介書のダウンロ

 

- ClouDocがランサムウェアを対応する方法


この記事に

More Information: http://www.mcloudoc.com/

いくつかの機で流出してはならない情報が流出しました。これにより、政府は、重要な業務で使用する業務用PCは、インタネットに直接接しないようにしています。しかし、インタネットのない業務環境は考えにくいです。そのため、1人に2台以上のPCを提供することしました。1台はインタネットに接し、もう1台は、インタネットと遮断されています。存のネットワク分離環境は大きく3つあります。1番目は、業員に、物理的なPC2台提供することです。1台はインタネットに接可能で、もう1台はインタネットが遮されます。これを物理的なネットワーク分離と呼びます。2番目は、サスコンピュティングと呼び、VDI環境(デスクトップ仮想化)を提供するものです。通常は、物理的なPC上でインタネットを使用して、VDIの仮想マシン(仮想PC)では、インタネットを使用できない態での業務に連するタスクをします。3番目は、クライアントのサーバーベースコンピュティングといい、物理的なPCに仮想マシン環境を提供することです1番目と2番目の方法は、導入コストとメンテナンスコストが非常にかかるため、各導入機で簡単に導入できずにいる況です。そして3番目の方法は、安定性の問題によって今日、市場であまり使われていないようです

存のネットワク分離ソリュションにコストがかかる構造的な理由は、すべての業員にPC2台以上提供しなければならない上、ネットワクを2重に設計しなければなりません。さらに、ネットワーク間でデタ交換システムも備えなければならないからです。すでに一般化されたネットワク分離の慣行にわずに、マルウェアによる情報漏洩防止という本の目的を深くんだ機関がありますが、それは、仁川です。仁川は、従来通りの業務環境を使用してPCにソフトウェアをインストルするだけで、マルウェアによる情報漏洩を防止する方法を私たちに提供しました。私たちは、その念をすぐに装して仁川に適用しました

まず、管理者はIPアドレスを部ネットワクと外部ネットワクに分けます。必要な場合は、銀行や国税庁、政府機のサイトを部ネットワクに含めることもできます。そしてmcloudoc中央文書ドライブは、部ネットワクモドでのみ接され、外部ネットワークモドでは表示されません。部ネットワクモドでインタネットとの接がブロックされ、外部ネットワークモドでは、イントラネットとの接がブロックされます。部ネットワクと外部ネットワーク間のデタ交換は、搬出セキュリティディスクと呼ばれる機能を使用します。部ネットワクモドでは、中央文書を搬出するには承認が必要です。外部ネットワクモドで搬出ディスクに保存した文書は、部ネットワクモドで閲覧が可能です。このような方法で、ネットワク環境の化がなく、ネットワーク間のデタ交換システムがなくても最高のネットワーク分離環境を提供します。この環境で、もし万が一外部ネットワクモドで皆さんのPCマルウェアに感染したとしても、このマルウェアは、情報を外部に流出させることができません。

当社のNetworkLockデモをお見せいたします。これは部ネットワクモドです。中央文書ドライブが見えるでしょう。まず、インターネットサイトのFacebookに接してみましょう。接できません。社のスケジュル管理サイトに接してみます。きちんと接されたのが見えるでしょう?
そして、皆さんにお見せするために特別にGoogleをイントラネットサイトに、つまり部ネットワクモドに含ませてみました。接続してみます。きちんと接されました。今度は、外部ネットワークモドにしてみます。
中央文書ドライブが全部消えました。インタネットサイトのFacebookに接続してみます。きちんと接されます。では、社のスケジュル管理サイトに接してみます。接できませんね。そして、ここに表示されている搬出セキュリティディスクは方のモドで、これを利用して部ネットワクと外部ネットワーク間のデタ交換にも利用することができます

部ネットワクモドと外部ネットワクモドのIPアドレス範囲を設定するとき、注意する点があります。部ネットワクモドで許可したIPアドレス範囲DNSバ、グルプウェアサバ、そしてリモトサポトサイト。もし業務上これらが必要なときは、このサが含まれているのか確認する必要があります。そして、このような許可するサのリストは、当社が提供するmcloudoc基本ポリシと比較しながら設定すれば、試行錯誤のリストを減らすことができます。そして、業員の方が、部ネットワクモドで必要なサを追加することを要求してくる場合がありますが、1番目として、このようなサイトが続けて増えていく可能性が高い場合は含まない方がいいでしょう。2番目には、サイトは1つで、その中にIPを追加しなければならない場合、またはそのサイト名でなくドメイン名を追加しなければならない場合は、内部ネットワークモードに追加しないことをお勧めします。

Resources
- 文書中央化ソリュションのClouDoc製品紹介書のダウンロ

- 文書中央化クラウドサビスのmcloudoc製品紹介書のダウンロ

- ClouDocがランサムウェアを対応する方法

この記事に


れじゃmcloudocの情報流出防止!

 

コンピューの周辺装置の情報流出防止

まず、皆が最も頻繁に使用している媒体のUSBメモリとスマホン。ここに中央化した文書を持って来てコピーしてみます。

USBメモリにコピーしてみましたが失敗しました。また、スマホンにもコピーしてみましたが失敗しました。これだけでなく、皆様もご存知のCDドライブあるいはネットワドライブ、外装ハードディスクなどにも文書のコピはーはできません。また、赤外線ポートとかブルートゥースなどいろいろな媒体にも情報のコピーができないように断しています。

 

# PC保存の禁止

基本的に業務用として指定したプログラムがあります。例えば、MS officeあるいはCADのようなプログラムは(C:)ドライブに文書を保存しようとしたら保存できません。mcloudocから提供している中央ドライブの場合 例えば、XYZドライブにのみ保存できます。このように中央に保存した文書はやはり中央に入出力が許容されたプログラムのみにより読むことができます。これを読んで、この文書を再びCドライブに保存しようとしたらエラが発生して保存できませんでした。この(C:)ドライブだけでなく、USB、ネットワドライブ、SDカードでも別の名前で保存したらエラーが発生して保存できません。

では、ここでひとつアドバイスします。cloudocがこのようにアプリケーションを統制するので、ネットワクにより文書が流出されたくないと思うでしょう。その場合はネットワクでの転送機能のあるプログラムにつ対して中央入出力を許容しなければネットワクにより情報流出も遮断できる方法になります。

 

# クリップボコピキャプチャ、印刷禁止

次はクリップボコピ面キャプチャ、印刷禁止機能をご紹介します。MS Officeの入出力は中央にのみ入出力を許容し、その反面ノトパッドはロカルディスクにのみ入出力を許容します。だから私がMSWordをクリップボにコピしてトパッドにペーストしたら失敗しました。今度はキャプチャをご覧ください。

MS Wordをキャプチャするためにキャプチャツールを選択しましたが、このようにMS Word文書が黒くなり、キャプチャできないになりました。それから印刷部分をご覧ください。プリンタを選択して出力しようとしたらエラーが発しました。mcloudocは印刷できるプリンタを指定することもでき、各プリンタ別に印刷可能なプログラムを指定してそのプログラムのみでプリンタを出力できるように指定することもできます。

 

# ウェブメール/ウェブ掲示板の情報流出防止

中央にある文書をUSBなどの媒体でコピできないことはもちろん、もしウェブに文書を添付しようとしても同じようにエラーが発します。私がグーグルメールで搬出承認なしに文書を添付しようとしたら、エラーが発しました。また、グーグルブログサイトへ移動して搬出承認なしにファイルを添付しようとしたときもエラーが発しました。このようにウェブによる情報流出も遮断しています。

 

# メッセンジャーの情報流出防止

次はメッセンジャです。スカイプに中央の文書を添付してみます。現在の設定でスカイプはWhiteListにないプログラムなので中央の文書が読めません。だから添付できません。スカイプだけでなくMSNメッセンジャ、カカオトーク、ラインWechatWhatsAppのような様々なメッセンジャもやはりWhiteListに入っていないため情報流出を遮断することができます。

 

# FTPの情報流出防止

次はFTPです。御存じのfilezillaにより文書を転送してみます。ご覧になってわかるように中央ディスクの文書をfilezillaを通しては外部に転送できません。これもまたfilezillaWhiteListに含まれていないため文書を読めないからです。次にマイクロソフト・ウィンドウズエキスプロから提供してくれるFTP機能があります。ところががウィンドウズエキスプロWhiteListに含まれています。それでこれを利用して文書を転送してみます。ここでFTP機能を使用したらウェブブラウザーにポンと出ていきます。mcloudocがウィンドウズエキスプロFTP機能を遮断したからです

 

# VM CDI情報流出防止

今このコンピュにはVMWareWorkstationが設置されています。だから物理的なPCが1つあって、その中に仮想マシンが1つあるということです。私が仮想マシンの文書をコピして物理的なPCにペーストしてみます。コピできませんね。その反対の場合も物理的なPCに中央ディスクドライブがある場合も仮想マシンの中へのコピは遮断されます。VDI環境を使用するときも同一な方法により仮想マシンと物理的なPC間のファイル移動を遮断し、情報流出を防止することができます。

 

# 遠隔デスクトップ連結情報流出防止

様のPCに遠隔デスクトップ機能というのがありますね。その機能により外部の人が遠隔デスクトップにログインして皆様のPCを使うことができますね。そのとき、その人のロカルディスクの(C:)ドライブなどの遠隔デスクトップのログイン態でウィンドウズエキスプロドライブに表示することがあります。この際、中央ドライブ文書をそこにコピしようとしたら断されました。また、もしその人が接続した状態で遠隔デスクトップの中の文書のをクリップボコピをして本人のPCにコピしようとしてもやはり断されました。

 
More Information: www.mcloudoc.com

Resources (블로그)

- 文書中央化ソリュションのClouDoc製品紹介書のダウンロ

(Kor) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/ClouDoc_intro_kor.pdf

(Eng) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/ClouDoc_intro_eng.pdf 

(Jpn) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/ClouDoc_intro_jpn.pdf

(Chn) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/ClouDoc_intro_chn.pdf

 

- 文書中央化クラウドサビスのmcloudoc製品紹介書のダウンロ

(Kor) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/mcloudoc_kor.pdf

(Jpn) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/mcloudoc_jpn.pdf

(Chn) http://www.net-id.co.kr/renewal/download/mcloudoc_chn.pdf

 

- ClouDocがランサムウェアを対応する方法


この記事に


こんにちは。ユ・サンヨルです。今日は韓国上半期最大ITセキュリティソリュション展示会が開かれているeGISECに来ています。今日は特に私の発表セッションが準備してあります。それではそのいましょう

今度はネットID代表ユ・サンヨルさんに文書中央化クラウドサビスというタイトルで講演していただきます。

こんにちは。ネットIDのユ・サンヨルと申します。私のセッションに参加していただき、ありがとうございます。発表は順序通りに行う予定です。

まず、文書中央化クラウドサビスの背景について説明させていただきます。皆さんもご存知のように、文書中央化サビスは先端技術に対する流出防止、顧客の個人情報の流出防止、ランサムウェア遮断、また、最も重要な文書管理を通した効率的な業務環境改善、これらの目的としてたくさん利用していらっしゃいます。

それでネットIDは文書中央化クラウドサビスをリリースしました。文書中央化を導入するには初期費用がたくさんかかり、文書中央化システムを維持及び管理するための人力も必要です。しかし、クラウドサビスを導入すれば、初期投資費用が減り、自社人力なしにサビスを管理でき、コールセンターの役割もネットIDが代わりに行うことができます。このように社会的に文書中央化クラウドサビスが要求される状況となっています。

また、IT環境から見れば、通信会社は5Gビスに総力を尽くしています。この5Gビスにすれば、携帯電話の通信スピ5Gではなく20Gになります。20Gとはものすごいスピドです。「無線がだんだん有線を超えつつある」という気がします。それだけでなく、政府は2018年中にインタネット10Gに常用化するとしました。そのためでネットワスピがとても速くなっています。スライドをご覧になれば、国別にネットワスピドがどのように改善できているかを表したグラフがあり、たいへん早くネットワスピがよくなっています。私は5年前と去年の12月にインドへ行ってきましたが、インタネットスピドにはとても大きな差がありました。

それともういとつ面白いことは、今は10TBドディスクをインタネットで購入するに50万ウォンもかかりません。しかし、2000年度には1TBものはハドディスクとして存在していなかったし、ストリッジボックスに入っているのが1億ウォンでした。でも今は10TBものを50万ウォンなら購入することができます。

また、もっとびっくりしたのはSSD分野です。現在インタネットで4TBSSD200万ウォンで購入することができます。それに2月からサムスン電子で30TB SSDを生産しはじめました。ネットワスピとストリッジのスピ、容量、価格などにより、誰もが文書中央化サビスをより簡単に受け、アクセスしやすい環境になっていると思っています。

それでは、mcloudocビスが優れている理由は何でしょうか?
McloudocというサビスClouDocというソリュションを基盤としています。ClouDocは現在300の顧客社、約53,000ーたちが使用しています。また、当社はここ4年間毎年新規顧客50社以上と契約しました。その結果、ClouDocの年平均売上成長率が40%近くになるほど、お客様から効を認めていただいているソリュションで、これを基盤としてクラウドサビスを提供しています。

このようなノウハウがサビスに含まれます。このビスはClouDocの機能に追加的にうちのサビスを登録していただいた企業からアップしてくださるすべての文書を7日間バックアップする機能を基本的に提供しています。その他、情報流出防止、ランサムウェアの遮断、文書管理など、様々な機能を提供しています。

mcloudocの構成の場合、ます、ネットIDで管理するサを使用することができます。場合によれば、アマゾンのAWSか、マイクロソフトのAzureのようなところの仮想マシンを使用することができます。また、文書のバックアップについては、わが社が自社でホスティングしているサーバーで7日間日付別にバックアップしています。AWSAzureでもそれぞれ該当するサビスで提供できる最も安全で果的なバックアップ方法を見つけて提供しています。

このように文書が保存されれば、基本的なバックアップ機能を提供していますが、2018年度の下半期からはオンラインバックアップサビスを追加で提供する予定です。
オンラインバックアップサビスとは、すでにバックアップされているものをもう一回まったく別の場所にバックアップするサビスです。

現在mcloudocを購入すれば、4つの機能が提供されます。基本機能は個人文書ディスク、部署文書ディスク、共有文書ディスクなどのような企業の文書を管理する機能です。それにより多様付加機能を提供します。それからDiskLockというPC保存を禁止する機能、追加の文書セキュリティ機能、 また、最後にiOSかアンドロイドで使用できるモバイル機能、これらの機能を提供します。
 
PC保存禁止機能の場合、各アプリケーション別にPCに保存するのを禁止するためのポリシーを設定しなければなりません。前は文書暗ソリュションの場合、各プログラム別に開発していろいろな暗号化機能を提供しました。我々は追加的な開をせずに、こんな多くのプログラムに対してすでにポリシー設定が準備してあるので、適用するだけでいいです。もし、リストにないプログラム対してポリシー設定が必要な場合は、早ければ半日、遅くても1,2日で制作設定を完了し、提供することができます。
これは既存のソリュションとは違って機敏に対応できる部分です

mcloudocを導入すればどんながあるでしょうか?まず、会社に電算室を別に設けたりサを別途購入しなくてもいいので、初期投資金が節約できます。また、普通サーか電算室を管理するための人力、職員たち必要ですが、その時、各種の問題を解決するために必要な人力、費用が節減できます。

More Information: www.mcloudoc.com


Resources 
- 文書中央化ソリュションのClouDoc製品紹介書のダウンロ
 
- 文書中央化クラウドサビスのmcloudoc製品紹介書のダウンロ
 
- ClouDocがランサムウェアを対応する方法

この記事に



#1 
。こんにちは。ここは大阪です。私は今日本西部最大のIT展示会が開かれている大阪展示会場に来ています。当社のmcloudocのクラウドサービスを広報するためです。文書中央化の歴史は長い歴史がありますが、同時に短いので成功事例はもちろん失敗事例も多いです。文書中央化に失敗しない方法は何でしょうか!今日はmcloudocで文書中央化が必要な10個の理由について説明させていただきます。では、もうすこし待っていてください!



#2CAD面の保護
mcloudocCAD面のセキュリティーに効果的に使用することができます。韓国、中国、日本、アメリカ、台湾、ドイツなどは製造業が強い国ですね。製造会社が主に使用するプログラムはCADプログラムです。しかし、職員たちがCADプログラムを利用しCADを保存する時は、普通自分のPCに保存することが多いんですが、mcloudocを導入すればもう社のーにすべての図を保存することができます。このように保存されたmcloudocが保護してくれます。今までサムスン半導体、ヒョンデ自動車と関係している部品社らがmcloudocを利用してCADを効率的に管理していることを見れば、mcloudocCADセキュリティーにとても効果的であることがわかります。


#3。 顧客個人情報の保護
mcloudocは個人情報保護目的で使えます。個人情報といえば、お名前、住民番号、クレジットカード番号または写真などになりますね。病院の場合はそれに関する情報がもっと増えます。例えば、診療記録または手術記録、X-rayCT撮影写真、MRI写真、超音波写真などです。今まで金融また公共病院などでこのような顧客の個人情報が流出される事例が続いて発生しました。このように顧客の個人情報がしきりに流出する理由には、職員たちのPCに散在されている多くの個人情報にその原因があるのではないかと思われます。 最後にひとつノウハウをさしあげればもしまだ個人情報システムができていないし、これからセキュリティー・ソリュション導入を討していらっしゃるなら、媒体制御、文書暗化、文書管理ソリュション、これらのいろいろなソリュションを導入するよりは文書中央化ソリュションのmcloudoc1つを導入して個人情報保護システムを構築することをおすすめします。


#4。 ランサムウェアの遮及び事後対応
ワナクライ、エクスペリア、レッドラビット。ランサムウェアもmcloudoc対応できます。昔、軍人たち( 危険な状況になったら )姓たちを城の中に集めて敵から保護してあげました。これと同じように文書中央化ソリュションは文書を中央に集めてランサムウェアから保護してくれます。このように中央に集めた文書はこの文書にアクセスできるプログラムリストをWhite listとして作り保護します。また、もし万が一、このWhite listに入っているウィンドウズエキスプロが感染される場合に対してDLLlockという機能も提供しています。しかしもし文書が感染された場合、または非常事態が発生した場合は、当社から提供しているバックアップアプライアンス機能、この機能は日付別にフォルダをそのまま保存する機能です。増分バックアップ機能も提供しています。この機能により文書を復元することもできます。


#5。業務資料の所有権宣言
mcloudoc文書中央化により業務資料の所有を宣言してください。職員の場合、大体を辞めても本人のUSBメモリには資料を残すのに社のPCには資料がない場合が多いです。
普通、社員本人は自分で作業した業務産出物が社ではなく自分の所有だと勘違いする場合が多いからですが、mcloudocで文書を中央化すればすぐに職員たちの業務産出物は社の所有であると宣言するというがあります。職員たちはこのように中央化された文書の外部流出に格別注意しなければなりません。それから万が一、職員が意図的に文書を外部に流出したら、それに相応する対価を払わなければならなくなります。


#6。 セキュリティ認証に備える
国際認証機関または政府機関で施行している認証制度があります。ISO27001ISMSPIMSなどのような認証制度があります。一般企業の場合もヒョンデ自動車のような場合は協力会社を対象にしてHISMSという認証制度を施行しています。mcloudocはこのような認証過程でバックボーンソリュションの役割を果たしてくれます。実際東京エレクトロンコリアはISO27001認証を受けました。CNCITYエネルギーはPIMS認証を受けました。これからもより多くの顧客がISMSまたはPIMSのような認証を受けるためにmcloudocを利用することを期待しています。


#7。管理ポイントの単純化
文書中央化になっていない業務環境では主要業務資料または顧客個人情報が職員のPCやモバイル機器に保存されるしかないです。管理ポイントがかなりありますので、文書を一貫性を持って管理し情報流出を遮断してバックアップと復元することはたいへん難しいと考えるしかないです。しかし文書中央化した環境では中央化された文書を一貫性を持って管理し情報流出を遮断してバックアップ及び復元することができます。文書管理はもう個人レベルではなく、社で行うことであるため、より安定的に社を営することができます。


#8。 ペーパーリス業務環境
最近、我々の業務環境でモバイル機器の役割がもっと重要になってきました。社がスマートフォンやタブレットを支援してくれたり、もしくは個人のモバイル機器を利用して業務を行うこともあります。mcloudoc文書中央化環境ではすべての文書が中央に存在するからこんなモバイル機器を利用した文書を閲覧することができます。これからは外部に移動する時、また会議に出る時、文書をいちいち紙に出力していかなくてもいいんです。いつ、どこでも皆様のモバイル機器を利用して文書を閲覧することができるからです。そのため職員は紙の費用を節約することができ、自己核心力量を業務に集中することができます。また最新技術に基づき業務を進行することができます。


#9。 協業の活性化
コンピュ機能の使用を制限することしかしない一般的なセキュリティソリュションとは違って、文書中央化ソリュションは業務に役に立つ協業機能も提供しています。内部職員の間には部門ディスクにフォルダカテゴリを作りチーム別に権限を管理することができます。外部の協力会社とは対外文書交換サーまたは外部DRMを利用して文書を交換することができ、同一系列会社間の安全な文書交換方法も提供しています。一般的な文書もちろん、スキャンした文書に対する索の機能も提供しています。職員退社する場合も以前として文書が中央に残っているので、業務の引継ぎが簡単になります。


#10。 顧客の満足で上を拡大
企業の文書がPCではなく中央に保存されるため、体系的に管理でき、いっぺんに全体文書に対する索もできます。体系的にフォルダを管理し、機能を活用するなら顧客に対し早く反応することができ、顧客満足度も高まるでしょう。最近、多くの企業が上増大のため顧客満足を最優先の課題と思っています。


#11。 費用節減
mcloudocは媒体制御機能、暗機能、また文書管理機能を完璧に代替することができます。1つのソリュションが3つのソリュショに代替することができるので、導入費用はもちろん、トラブルシューティング費用と維持費用まで節約できます。


#12皆様mcloudocを理解するにこの動が役に立てればと思います。詳しい情報は動の下に出る説明を参考していただきます。では、質問させていただきます。
文書暗DRMと文書中央化ソリュションの中で、皆様の社に役に立つものは何だと思いますか?これに対する答え、また気になることがございましたら、画の下にコメントを残してください。ご答弁させていただきます


#13。 当社のmcloudocチャンネル購読をお願いします。また動画をご覧になったら「いいね!」を押してください。ではまた次回の画で会いましょう。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事