ここから本文です
企業コンテンツ管理の新たな兆し ClouDoc ! 文書中央化により会社価値上昇

書庫全体表示


mcloudocは、仮想デスクトップ環境をはじめとする各種の仮想コンピュティング環境で使用することができます。今日は、仮想デスクトップ(VDI)、タミナルサおよびアプリケションの仮想化環境におけるmcloudocの使用法についてご明いたします。では、後ほどおいしましょう
 
・各種の仮想コンピュティング環境でmcloudocを使用
VDI環境にmcloudocを適用
まず、最も一般的な仮想化環境である
デスクトップ仮想化(Virtual Desktopinfrastructure)です。
zero clientthin clientthick clientなどからが可能です。
 
Zero clientは、ユのデバイスにオペレティングシステムが全くない場合をいいます。Thin clientは、組みみオペレティングシステムのようにスリムなオペレティングシステムを使用している場合であり、Thick Clientは、皆さんが一般的に使用するPCのように、オペレティングシステムが正常にインストルされている場合をいいます。
 
VDIは、各Clientごとに個別のオペレティングシステムを準備して行します。各Client対応するオペレティングシステムは、互いに干渉することなくmcloudocのドライブを使用します。
 
ターミナルサーバ環境にmcloudocを適用
ミナルサは、Thin ClientThick Clientから接することができます。
それぞれのClientごとに個別のオペレティングシステムが生成されるのではなく、1つのオペレティングシステムを複Clientが共有して使用するため、C:やD:などのドライブも共有します。
しかし、mcloudocはログインしたユがそれぞれ別の文書ストレージを利用することができます。Mcloudocは、このようなOne OS-Multi User環境でも使用できるように設計されました。
 
Server Basedのアプリケーション仮想化環境にmcloudocを適用
Serverスのアプリケション仮想化環境もOne OS-Multi User環境です。ユーにDesktop環境が提供されず、仮想のアプリケションを提供して使用するようにします。同じOSを使用しますが、各ユーにそれぞれ別のmcloudocディスクが提供され、隔離されたストレージ空間で業務することができます。
 
Client Basedのアプリケーション仮想化環境にmcloudocを適用
Client Basedアプリケション仮想化環境では、アプリケションをPCなどにダウンロドして行します。mcloudocを利用すれば、PCのロカルハドディスクの代わりにサの領域であるX:Y:、Z:にだけ文書を保存することができます。
 
特に、Clientスのアプリケション仮想化は、サバのリソスをほとんど使用しないので、存の業務環境をそのまま使用しながら、大きな化なく仮想化環境に移行することができます
mcloudocは、このようにな仮想化環境で使用することができます。ただ単に文書の保存と閲覧だけでなく、コラボレションスペスを提供してバジョン管理、コンテンツ索、文書のリンク、モバイル接機能など、さまざまな機能も提供しており、便利にご使用いただけます。管理者は、セキュリティと統計機能を使用して、ユは業務率を高めるための機能を使用します。このような理由から、仮想コンピュティング環境では、デフォルトで提供しているシンプルなストレジをmcloudocに切り替えることで、皆さんの企業の社員の生産性を高めることができます。








本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事