ここから本文です
企業コンテンツ管理の新たな兆し ClouDoc ! 文書中央化により会社価値上昇

書庫全体表示



インタネットで世界中が繋がっています。文書は、企業の最も重要な資産となり、時にはその文書の中に、お客の個人情報が含まれているため、非常に敏感な保護の象になりました。これにより、マルウェアも展を重ね、情報を流出することに全神経を使った純な(?)時代は過ぎました。今では、お金を要求するランサムウェアが私たちの幸せな生活を脅かしています。
ランサムウェアは、セキュリティチムの規模が小さく、フォルダの共有が多い大を最大の攻撃対象としているといいます。一方、政府機や病院の場合は、ランサムウェア暗化キのコストをすぐに支うため、攻撃対象になっているそうです。法律事務所をはじめとする敏感な情報保有機も主な攻撃対象です。しかし、ランサムウェアは、自動的にがっていくので、安全な人は誰もいないといえます。
 
ランサムウェアを防ぐための一般的な方法は、次のとおりです。
l まず、オペレティングシステムやWebブラウザなど最新のパッチを適用する。
l 第二に、未確認のソフトウェアをインストルしたり、管理者の限を付しない。
l 第三に、ワクチンをインストルして、ホワイトリスト方式で許可されたプログラムだけを行するSWをインストールする。
l 第四に、たびたび自動的に文書をバックアップする
  
 

 ランサムウェア攻撃種類

ランサムウェアは、純にユの不注意で行されることもあります。しかし、オペレティングシステムが、Webブラウザのセキュリティホルやオフィスのマクロを介して感染することもあります。
 
ランサムウェアを3つに分けてみました。
 
l  最初に、スタンドアローン:WannaCryのようにウィンドウズセキュリティホルから侵入してプログラムを潜入させた後、このプログラムでの暗化を行します。
l  第二に、寄生行:MSオフィス文書のマクロがDLLをダウンロドしてrundll32.exeなどを通じて行します。
l  第三に、寄生行中でも、Filelessインジェクション:この方法は、Webブラウザの脆弱性により受信した性コドをファイルに保存せずに、通常のプロセスのメモリに直接入して動作します。
 

Endpoint用ランサムウェア遮断機能

PC。つまり、Endpoint提供mcloudocのランサムウェア遮断機能でApplication WhiteListingDLL WhiteListing2つがあります。
 

ApplicationWhitelisting

トナは、今後承認されたアプリケションのみタブレット、スマトフォン、デスクトップ、ラップトップ、サ行できるものと見ています。
統的なワクチンは、ブラックリストのアプリケションの行を禁止してきたが、果を得られませんでした。今後、ホワイトリストのアプリケションのみ行し、それ以外のアプリケションは、潜在的に危な存在と考えているセキュリティだけが安全であると考えれるようになるでしょう
しかし、ホワイトリストを適用するのはそれほど簡でありません。起動に必要なマイクロソフトのプログラムの中に1つでも不足しているものがあれば、PCが起動しない場合があります。また逆に、ホワイトリストに含まれてはならない悪性コードが含まれている場合、皆さんは予期しない不幸な結果になる可能性があります
 
幸いなことにMcloudocは、中央ディスクドライブにのみホワイトリストを適用すればよいので、PCトラブルのリスクがありません。ホワイトリストが適用されたユPC上でランサムウェアが行される場合、ロカルディスクのファイルは暗化されますが、中央ディスクのファイルは影響を受けません。
 

DLLホワイトリスト、DLLWhitelisting

Mcloudocは、DLLLockと呼ばれる機能を提供しています。DLLは、ホワイトリストを管理して不正なDLL存の通常のプロセスに搭載されて使用されることを防ぐための機能です。DLLの一が自動的に集され、一定の基準をたすと、自動的に使用が許可されます。自動的に許可されないDLLは、ユが許可を要求をするか、管理者が直接許可することもできます。
 

Mcloudocエンジンのランサムウェア遮断機能

mcloudocは、サエンジンでもランサムウェアのパタンを鑑別して、悪性ドによるディスク入出力を遮する機能も提供します。PCの遮断機能を通過したランサムウェアによる被害を最大限に減らすための措置です。また、その容を電子メルで本人とチムリおよびサビス管理者に通知する機能も提供しています。
また、のある社員やマルウェアによる大量の文書流出、大量の文書持ち出し、または大量の文書削除などの事件を監視する機能も提供します。
 

Mcloudocのランサムウェア対応の文書バジョン管

ランサムウェアの高度化によりアプリケションのホワイトリストやDLLのホワイトリストだけでは制御が困難な新種のマルウェアが続々と出現しています。Mcloudocは制御が困難なランサムウェアによって文書の暗化が進行しても、文書のバジョン管理機能で、以前のバジョンを復元することができます
従来MS Office、アレハングル、AutoCADなどの一部の文書にのみその機能を提供していましたが、2019年からは全種類の文書に対してバジョン管理機能を提供します。この機能により、ランサムウェアによる最の被害から皆さんの文書を保護することができます。



  



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事