全体表示

[ リスト ]

自転車のライト

イメージ 1


こんなライト、100均で売ってますよね。

実はですね、自転車のライトが暗くて困ってるんですけど
正直この100均ライトのほうが明るいんじゃないかと。

で、実際にチャリに取り付けて走ってみたんですけど、やっぱ暗い。

いやね、探せばいくらでも明るいチャリ用ライトなんてあるんですよ。
そりゃもうオートバイのライトより明るいくらいのヤツが。

でもですね、基本リチウムイオンの充電池なんですよ。(しかも高価い!)
乗るたびに充電なんてメンドくさいじゃないですか。
不経済でもソコは乾電池に拘りたいなと。

ソコでですね、この100均ライトをクソ明るくしてやろうかと思います。
パワーLEDでも使えばなんとかなりそうです。

いやしかしですね、このアルミボディで電池ホルダーまで付いて100円とかどうなんですか。
どうすればこんなモノが100円で売れるんですか。
日本で作ったら余裕で2,000円はしますよ。

ボディが切削加工なんですよ。
仮にφ30の丸棒を買ってきて旋盤で切ったとすると
日本人の工賃なら8,000円は取らないとペイできないでしょう。
一個人じゃなくて企業ですからね。
大量生産するなら段替えもしませんし、NCでやればチョチョイのチョイですけど
最低でも2,000円/個くらいにはなっちゃうと思います。
しかも基盤や樹脂成型も含めて100円とか、どうかしてるぜ!レベルの話です。

で、ですね、
ネットを漁ってみると、この100均ライトを改造するのはワリとポピュラーなんですね。
多くの人が実践してるみたいです。

ところがですね、ほとんどの人がLEDの能力を発揮することに躍起になってるんです。
いやちょっと待てよと。
単4乾電池で350mAとか全然安全じゃないですから。
LED視点で考えると、たしかにパワーを出したいですけど
乾電池の能力に対してオーバースペックすぎます。

いろいろ検討したところ、乾電池で安全に流せる電流はせいぜい250〜300mAです。
電池は発熱しますし、連続点灯時間もかなり短いと思います。
現実的にはですね、200ルーメンのLEDを120ルーメンあたりで光らせるのが限界です。

久々の電子工作ネタなんですけど、続くかどうかは気分しだいです。
これまで通り、ゆるく、ぬるく、テキトーに考えます。
途中で投げ出したらごめんやす。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事