全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
dynabook AB75のリカバリ方法です。
以下の手順で行ってください。

【リカバリディスクを作る】

1) デスクトップ左下のWindowsマーク(スタートボタン)をクリック

2) 『すべてのアプリ』をクリック

3) Tの項目に『TOSHIBA』というフォルダがあるので、それをクリック

4) 『リカバリメディア作成ツール』をクリック

イメージ 2
上記の操作でこんな画面が開きます。
使用するメディアを選択してください。
DVD-Rの4.7GBだと4枚必要、DVD-Rの8.5GBだと3枚必要です。
BD-Rだと1枚で作成でき、USBメモリだと32GB必要です。

メディアを選んだら『作成』ボタンを押すと開始されます。
DVD-R複数枚で作成する場合は、必ず作成順に(1) (2) (3)とディスクに番号を書いておくこと。

ちなみに私はPanasonic製のBD-R DL 50GBを使いました。
いま現在、東芝さんはディスクメディアを作っていないのでPanasonic製BD-Rを推奨しています。

BD-Rはデータ用と録画用を売ってるんですけど、録画用でも問題なくデータを書き込めます。
データ用ってヤツは著作権保護が付いていないだけです。
データ用ではテレビの録画はできませんが、PCのデータを吸い上げるだけならどちらでも使えます。
録画用ならPCデータもテレビ録画も両方使えるってコトです。ちょっと割高ですが。
まぁ正直言ってですね、MaxellでもSonyでも何でもいいと思いますよ。
できれば国産の長寿命ハードコートタイプがいいと思います。



【リカバリする】

1) まずパソコンを普通に立ち上げる

2) ブルーレイ(DVD)ドライブのボタンを押してトレーを出す

3) リカバリメディアを入れてドライブを閉じる
   (DVD-Rで作成した場合は1番目のディスクを入れる)

4) 『SHIFT』キーを押しながらシャットダウン ←ここ重要

5) 電源ボタンのランプが消えたことを確認する

6) 『F12』キーを押しながら電源ボタンを押してパソコンを起動する ←ここ重要

イメージ 3
すると、こんな画面が立ち上がってリカバリできます。


かなり詳しく書いたつもりです。
これを読んでもリカバリできない場合は東芝に修理依頼したほうがいいと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事