日常と言う名の風景

ありふれた日常の中の素敵な瞬間(写真をクリックすると大きくなります)

日常と言う名の風景

すべて表示

ワンマン・アーミー 

イメージ 1


連むことを嫌った
奢りがあったわけではない、傲慢だったわけでもない

誰かを巻き込むことが怖かった・・・・・・・・
それは喪うことへの、恐怖だったのかもしれない

苦痛も、苦悩も自分のものなら我慢もできる
いつの頃から、痛みさえ生きる証とおもえていた・・・・

もちろん独りでは為しえないことなどいくらである、
しかし、喪うことの哀しみ、痛み、苦悩は筆舌に尽きがたいものがある

だから、できるだけ独りで背負おうと決めていた・・・・

而して、笑顔は好きだ・・・・・・
誰かの笑顔をみているのが好きだ・・・・・・・

誰を足蹴に、誰かを乗り越え・・・・・・
それも人生かもしれないと思う

しかし、それは望めない、望みたくもない・・・・・・・
がんばる、それは対価を求めるではない、むしろ
 『頑張った証』
がほしかっただけ

私の人生は、数十年前にすでに幕をおろしていた。

それ以後の人生は第二章
欲したのは、地位でも名誉でも名声でもない・・・・・・

 『頑張ったね お疲れさま』

のただ一言・・・・・・・

いつの頃からだろう、涙も、笑顔も思い出せた・・・・・・・

しかし、あまりに私は老いてしまった・・・・・・

 『お前は 強い 強くなった・・・・・』

と言われることも・・・・・・・
しかし、私は知っている、今も自分がいかに弱いかを

 弱いから強がるんじゃない
 弱いから強くなりたいと欲した・・・・・

私の周りから、多くのもが喪われた・・・・・・・
そのたびに、悲哀に打たれ・・・・・・

而して、どんなことにも慣れるということはあるようで
それすら、鈍くなる自分を感じた・・・・・・

 けれど哀しみに慣れたくはないと思う
哀しみに慣れれば、私は哀しませる存在に墜ちるかもしれないから・・・・・・・

 最後の最後まで笑わせていたい
 最後の最後まで、

  『大丈夫だよ』

と笑っていたい・・・・・・・

イメージ 2
 
                          by tora







その他の最新記事

すべて表示

娘へ

2019/2/26(火) 午後 9:15

久しぶりに娘が帰ってくる ひとりっ子 私には似ないで欲しいと思ってた・・・・・・・・ なぜなら、私は私を決して許してはいないから・・・・・・・ もちろんそれは君が生まれ ...すべて表示すべて表示

君との出会いは唐突だった 近くの畑の中の木の下で、声をからして泣き続けていた子猫・・・・・・・・・ 待っていたんだね、迎えにきてくれるのを 今か、今かと、そして暗くなって、心細くなって・ ...すべて表示すべて表示

終活

2019/2/25(月) 午前 0:01

古の哲人の言葉に     『人は生まれいずる時より、死に向かって歩き始め     る・・・・・・・・・』 とあった、確かにそれは真理だと想う、    而して生きるとは、その時 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事