ここから本文です

書庫日記

記事検索
検索
佐々木梅治による芝居一人語り「にんじん」。
高学年鑑賞例会にピッタリの公演でした。
イメージ 1

原作は、読むのが辛くなって、気持ちがモヤモヤしてくる方も多いと思いますが、
今日の舞台は違う!
原作が読みたくなってしまう(読み返したくなる)、そんな舞台でした。

公演後のアフタートークでは、梅治さんが「にんじん」を演じようとしたきっかけや、
今の子ども達を見ていて気になることなどを話されたり、
気持ちを伝えるには、何が必要か…など、心に問いかけられた気がします。

アンケートには、
・「フランソワ」と名前を呼んでもらった時の「にんじん」の表情や姿に涙がでまし
  た。
・完全なハッピーエンドではないけれど幸せな気持ちになりました。
・家族でもっと会話をして、お互い思っていることを話していこうと思います。
など、たくさんの感想がよせられました。


イメージ 2


参加者は116人でした。

※会員の登録チケットの開演時間の表記が間違っていました。
 ご迷惑をおかけして、すみませんでした

この記事に

今日は、「る・リ・フリーの大人のふりかえり」を行いました。
今年度の感想と、来年度に向けての話し合い。

実行委員さんから見た今年のる・リ・フリーは、

「子ども達の成長が観れてよかった」
「長時間だったけれど、子どもたちがよく集中してみてた」
「昨年は親主導だったけれど、今年は、こどもたちが主体的だった」
「当日の子どもたちの成長にびっくりした」

などなど、嬉しい声がたくさんあがりました。

まじかで「る・リ・フリー」を見守ってきたからこそ、見えてくるものが
あるようです。

子ども達がやることを口も手も出さずに見守る!
これが、中々難しいけれど、大人はこれに徹する!のがる・リ・フリー。

ブロックの子ども達の年令によって、これができるときとできない場合もあるけれど、毎年経験していくことによって、子どもは必ず育っていきます。リーダーシップもどんどん発揮していく子ども達。

うれしいな〜楽しいな〜「る・リ・フリー」☆☆

今日は、一足先に春休みになった子どもたちは託児で遊んでました。
る・リ・フリーが終わったら次は「こどもまつり」。
る・リ・フリーで仲良くなった子どもたちが、今度は団結して、みんなで
遊びます。今年は、何かなあ〜。これから準備をすすめます。

イメージ 1
イメージ 2



この記事に

今週日曜日は、いよいよ高学年例会「にんじん」です。
ジュール・ルナール原作の「にんじん」が佐々木梅治さんによって
どのように、一人語りの芝居になるのか、乞うご期待です!!

イメージ 1


にんじん。
心を閉ざした家族の愛と再生のものがたり。
母のいじわるにも負けずに成長していく男の子の物語です。佐々木梅治の一人語りが息を吹き込みます。

3月25日(日18:30開演 山口市民会館小ホール
   一般2500円 25才以下2000円 (当日は500円増)
  ☆チケット好評発売中です。

こどもステーション山口の今年度、最後の例会となります。
会員のみなさんもお忘れなきよう、参加くださいね。

会員チケットもお忘れなく

イメージ 2



この記事に

今日は、高校を卒業した2人の卒業おめでとうと、るリフリー打ち上げを兼ねた
中高生みんなでお食事会。
久しぶりに、多くの中高生&青年達が集まれました。

イメージ 1

それぞれ進学、進級と新しい春が訪れます。
高校を卒業する2人には、みんなで書いた寄せ書きをプレゼントしました。

キャンプや、るリフリーで一緒に楽しんだ仲間の卒業は
寂しいけれど、青年になってもキャンプにはかけつける!と
嬉しいことも言ってくれます。

今日は、90分食べ放題。みんなよく食べたね



この記事に

しっとりと、大人の雰囲気も楽しめる、高学年コース鑑賞例会。イメージ 1
公演まで、あと5日となりました。事務局では、一般の方にお渡しするお得な情報セットの用意や、椅子を拭いたりして、準備を進めています。ん?どうして椅子?・・・それは、公演に来られてからのお楽しみ。
あ!大事なアンケート用紙も、準備しなくっちゃ!!
みなさまに書いていただいているアンケートは、毎回きちんとまとめて、劇団の方にもお渡ししています。
みなさまの「ナマの声」が、劇団の方にたくさんお届けできるよう、アンケートのご記入を、よろしくお願いしますね!

それから・・・
イメージ 2雨や曇り、すっきりしないお天気が続きます。気持ちだけでも晴ればれと!と、事務局の窓を賑やかにしました。散歩している小さい子どもさんが、見上げてみてくれています!えへへ。
5月も魅力的な鑑賞例会が2公演!!
「きんぎょがにげた」「アラビアンナイト」とも、チケット好評販売中です!


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事