コーヒーと登山とカフェ巡りのブログ

同じ趣味や共感を持てた方などお気軽に友達申請してください^^¥
イメージ 1
 
宿泊者はこの橋を渡って露店風呂に来るようです。
 
この川も温泉成分が含まれているのだろうか?
 
エメラルドグリーンの美しい川です。
 
これが宝川だろうか?だとすればゆくゆくは利根川に合流するはず。
 
イメージ 2
 
ついつい写真撮ってしまったが入浴者いたら私は逮捕されていただろう・・・・。
 
まだ脱衣所前だったので温泉敷地内にいる自覚がなかった。
 
イメージ 3
 
日本武尊だけでなく「不動明王」もいるらしいです。
 
なんかメンテナンスでお湯を抜いたらしくここは水位が低かったです。
 
徐々に水位が上がってきて入浴に来たがこの不動明王付近が鬼のように熱い!!
 
イメージ 4
 
やっぱりあったテルマエロマエ2のポスターやサイン色紙。
 
ポスター横の谷川岳の天体観測イベントが気になる。
 
やっぱり標高の高いところでかつ、光害(ひかりがい)のないところは綺麗なんだろうな。
 
イメージ 5
 
1日10食限定の「熊汁定食」
 
予定数オーバーしていたようですが山梨県から来たと話すと用意してくれた。
 
すいません、実家から来たので本当は県内っス。
 
分かりやすいように熊肉を上に出してみた。
 
実際、汁の中にたくさん熊肉が入っていた。(サービスしてくれたのだろうか?)
 
生まれて初めての熊肉でしたがジンギスカンではあまり気にならなかった臭いが熊肉は気になってしまった!
 
まぁ、貴重な体験ができて良かった。
 
次に来た時は「釜めし」か「水上ダムカレー」にしよっと・・・・。
 
イメージ 6
 
縦長で面積はすごく大きい藤原湖が近くにあります。
 
藤原ダムではダムカードをくれるらしいです。
 
日本全国の有名なダムはダムカードを無料配布しているらしいのですがコンプリートするモチベーションはないなぁ。
 
ダムカード見てみたかったがどこでもらえるかよくわからなかった。
 
イメージ 7
 
「道の駅 水紀行館」です。
 
 
谷川岳の山バッジは売っていますが武尊山はありませんでした。
 
谷川は登っていないので購入しませんでした。
 
駐車場付近に無料足湯があります。
 
近くに「末期がんが治った」というキャッチコピーの温泉があるらしいです。(群馬県で唯一放射能泉?)

開く コメント(2)

イメージ 1
 
武尊神社の駐車場前にある「裏見の滝」
 
武尊神社はカーナビでHITしないのになぜか裏見の滝はHITした。
 
けっこう有名な滝なのだろうか?
 
イメージ 2
 
奥に祠が見えるが昔は40分くらい歩いて滝の裏まで行けたようだ。
 
今では土砂崩れの為、立ち入り禁止になっている。
 
しかし、ここでも十分おいしいマイナスイオン空気を堪能できます。
 
イメージ 3
 
武尊神社の近くにあるキャンプ場。
 
バーベキューもできるし、夜は星空が綺麗らしい。
 
「武尊山の山バッジ売ってます!」の大きな看板が道に出ていたので思わず寄ってしまった。
 
登頂できなかったのに買っちゃったし・・・・。
 
イメージ 4
 
宝川温泉・汪泉閣です。
 
 
けっこうテレビでも紹介されますし、先週くらいから公開された映画「テルマエロマエ2」のロケ地です。
 
とても広い混浴露店風呂です。
 
イメージ 5
 
武尊山同様に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とゆかりあるようです。
 
白い鳥を日本武尊が追いかけてみつけた温泉が宝川温泉という伝説があるそうな。
 
武尊山の山バッジも販売しています。
 
あと宝川温泉のバッジもあります。
 
見た目が山バッジぽいデザインだけどどこに保管するか困ってしまった・・・・。
 
山バッジと同じように暖簾に付けてしまおうか(笑)
 
イメージ 6
 
日帰り入浴の受付はこちら。
 
宿泊は右奥に進むらしい。
 
紅葉シーズンに宿泊したいな。(真冬の雪景色も綺麗だと思うが露天風呂の移動がきつい)
 
イメージ 7
 
日帰り入浴1500円を支払い食堂を抜けるとダンジョンに!!
 
ちなみに1500円の温泉て高いと思うかもしれないが一度来てみれば納得の価格設定だと思う。
 
ちなみに内湯以外でシャンプー・ボディーソープなどは禁止です。

開く コメント(0)

・【日本百名山】【新花の百名山】
・標高2158m
・一等三角点
・「日本百名山のホタカ行ってきました」と言うと北アルプスの「穂高岳」と誤解されるため「上州武尊」とも呼ばれる事があるらしい
・8つの峰の総称らしい。 沖武尊(2,158m) 主峰 中ノ岳(2,144m) 家ノ串(2,103m) 前武尊(2,040m) 剣ヶ峰(2,083m) 剣ヶ峰山(2,020m) 獅子ヶ鼻山(1,875m) 西峰(1,871m)
・山名の由来は「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」から来ている。
・山田昇記念杯登山競争大会という毎秋恒例行事がある。
・西峰だけ確認できずゼビオス岳(1870m)の事だろうか?
・標高2,000m以上では唯一、国立、国定、県立のあらゆる自然公園に含まれていない山岳でもある
・「眠る男」のロケ地
 
【寄り道】
・道の駅「水紀行館」
・ 道の駅「川場田園プラザ」(「がっちりマンデー」でも紹介された年間100万人来店する関東NO.1道の駅)
 
【温泉】
・水上温泉
・宝川温泉(汪泉閣) (テルマエロマエのロケ地にもなった)
・川場温泉
・花咲温泉
 
【コースタイム】
00時間00分
 
【登山ルート】
 
 0:00 関越自動車道 水上IC 
 0:00 藤原湖
 0:00 千手観音
 0:00 みなかみ宝台樹やすらぎの森キャンプ場
 0:00 裏見の滝
 0:00 武尊神社
 0:00 武尊山山頂
 0:00 剣ヶ峰山山頂(前武尊山付近の剣ヶ峰とは違う)
 
【カーナビ設定】 
裏見の滝
 
【登山口】
・武尊神社
・武尊牧場スキー場
・川場スキー場(一番人気だと思います)
・スノーパルおぐな武尊スキー場
 
【山バッジ売り場】
・道の駅・川場の観光案内所
・宝川温泉(汪泉閣)
・武尊牧場レストハウス
・水上宝台樹やすらぎの森売店
 
【山小屋】
 無し
 
イメージ 1
 
まずは最寄りSAの赤城高原SA(下り線)です。
 
日本三大うどんの1つ「水沢うどん」が食べれます。
 
群馬で有名なパンの1つ「味噌パン」や赤城の食材をふんだんに使った惣菜パンがあります。
 
「バンズパン」がないのは残念でした。
 
「ブー次郎ラーメン」もオススメ!
 
イメージ 2
 
思ったより大きかった武尊神社のトイレ付き駐車場。
 
手に持つのは「味噌パン」
 
小さい頃は味噌パンと言えばおもらししてしまった下着の事でしたが・・・・。
 
群馬県に来たら「味噌パン」「バンズパン」は食べてみてくださいね〜。
 
イメージ 3
 
お祈りしたものの到着が9:00になってしまった。
 
山頂には12:00前に着きたかったので既に計画が狂っている。
 
おそらく山頂まで3時間以上かかると思う。
 
イメージ 4
 
目印が少なくてところどころで道に迷う。
 
雪解け水でできた川に沿って歩いていくことに。
 
イメージ 5
 
ピンクリボンがあるが川を渡れと?!
 
渡ってからのピンクリボンなどの目印がなくて戸惑う。
 
イメージ 6
 
なんとか武尊山・剣ヶ峰の分岐点まで来れた。
 
傾いているこの標識を直したくてしょうがない(笑)
 
イメージ 7
 
しばらく北上したが何も目印がなくて困惑。
 
途中まで他の人の足跡があったり、なかったりだったが完全に見当たらなくなってしまった。
 
熊ではないだろうが大きな動物の足跡にビビる私。
 
スタートも遅かったものの、ロスタイムも長くなってきたので諦めることにした。
 
また近いうちにリベンジしたい。

開く コメント(0)

四阿山3

イメージ 1
 
山頂からの景色。
 
何度か撮っていたが霧が晴れたので再度撮り直し。
 
浅間山が見えるようになった。
 
雲に突き刺さっているように見えるのが浅間山。
 
目の前に湖があるようだ。
 
イメージ 2
 
裏手の山は根子岳だろうか?
 
縦走したかったがまた次回に持ち越すことにする。
 
根子岳は「花の百名山」「信州百名山」の1つ。
 
イメージ 3
 
積雪で一等三角点が見つかりません。
 
標識は「Mtアズマ」
 
 
 
イメージ 4
 
「四阿の的岩」
 
右の方は俵を積み上げたような感じになっている。
 
イメージ 5
 
左の方はまた独特な感じ。
 
この岩壁はどうやってできたのだろう?
 
実に不思議だ。
 
イメージ 6
 
的岩から下山していると地元の人達が散歩していました。
 
その方達から「近くに評判のいい温泉はないですか?」と聞いたら即決で「渋沢温泉」と言われました。
 
「鉄分豊富だから長く入ると逆に疲れが酷くなるから気をつけてね」とも言っていました。
 
イメージ 7
 
渋沢温泉の名物そばです。

開く コメント(1)

四阿山2

イメージ 1
 
群馬県が作った案内板だからか「吾妻山」と書いてあります。
 
「華(花)童子の宮跡」について説明が書かれています。
 
イメージ 2
 
他の休憩小屋と遜色ないんですけど・・・。
 
イメージ 3
 
「花童子の宮跡」ルート・「四阿の的岩」ルートの合流地点。
 
標識を見ると四阿山山頂まであと2kmらしいです。
 
イメージ 4
 
さすがに残雪が多くなってきたのでアイゼンを装着してここまで来ました。
 
高標高の湧き水、「嬬恋清水」でコーヒーやカップラーメンを作るつもりだったが・・・・。
 
イメージ 5
 
どこに「嬬恋清水」が湧いているのだろう?
 
100m先なら視界に入っていそうだが・・・。
 
探しに行けば雪坂を転げ落ちてしまいそうだ。
 
今回は諦めてまた次回に持ち越します。
 
イメージ 6
 
山頂についた。
 
菅平牧場から来た2組とも合流。
 
小屋の裏の石段て自然にできた物なのだろうか?
 
イメージ 7
 
他の登山客の人と撮り合いっこ。
 
周りはめちゃめちゃガスっています。
 
雨が降り出すのではとひやひやしながらもなんとか登頂!!

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事