読書大好きっ!料理もしなきゃっ♪

最近、映画を見る時間ができて嬉しい🎵

全体表示

[ リスト ]

タイトル:「名もなき毒」 
著者:宮部みゆき
出版社:幻冬社


どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。・・・引用・・・



大企業の今多コンツェルン現会長の愛人の娘、正式に今多の娘として育った菜穂子と素性も知らずに付き合い始めた杉村三郎。菜穂子は実子の兄達とは区別され、会社に口を出す権利を与えられていない。よって夫となる人物も同様、会社目当てではない無欲な男をという望みに合った三郎は菜穂子と結婚した。
無欲な毒の無い男にの周囲で巻き起こる事件。三郎はまるで毒消しのような役割を持ったキーパーソンとして活躍する。

轢き逃げ事件解決を筆頭に、今多コンツェルン広報部の精神的に問題のある新人アルバイト問題。シックハウスや土壌汚染。連続青酸カリ殺人事件。こんなにも杉村の周囲で問題が起きてよいのだろうか?そして以前今多コンツェルンに在籍し、今や人気ライターとなった秋山氏とのつかず離れずの協力も見逃せない。そして微妙にいい味を出していたのが元警察で現私立探偵を称する北見氏。どの駒がかけても事件解決には結びつかず、パッチワークのように事件が解決してゆく。

最後、高齢の今田コンツェルン会長の権力があれども「自分は無力・・・」の発言が何とも寂しい。
事件解決に向けての多大なエネルギーがそれぞれの問題解決に向った途端、人の命の終わりに向けて一気に物語を引っ張ってゆくような、寂しい終わりでした。


いずれにせよ、人は皆、毒を持っていて、毒消しを探して彷徨っているのかなぁ。なんて結論に達しました。

閉じる コメント(20)

宮部みゆきさんの本は好きです♪はずれがないですよね。(^^ゞ私は、次は何を読もうかなって…思ったときにいつも宮部みゆきさんを読んでいます。ちなみに今、“理由”を読んでいます。この本は読んだことないんですが、いつか読んでみたいです♪

2006/10/24(火) 午後 5:11 monomono

宮部みゆきは、一時期めっちゃ凝っててたくさん読んだよ〜。この頃、目がチラチラして本を読むのがちょっとつらいお年頃よ・・・。

2006/10/24(火) 午後 6:55 [ - ]

宮部さんにしては救いが少なく、つらく重い作品でしたね。ちなみに私は会長が好きです♪ トラバさせて下さいね。

2006/10/24(火) 午後 7:37 メロディ

mokoさん、久しぶりの宮部さんだったけど裏切られませんでした。ちょっと寂しい気持ちになっちゃったけどね。

2006/10/25(水) 午前 8:18 coico

みゆみゆさん、私も以前、とことん読みあさっていましたよ〜。しばらくご無沙汰だったんだけど、やっぱりいつよんでも面白い。

2006/10/25(水) 午前 8:19 coico

メロディさん、最後がね・・・。悲しいですよね。寂しいですよね。会長、私も好きです!素敵ですね〜♡

2006/10/25(水) 午前 8:20 coico

素敵にデザインされたお家、菜穂子にすっかり嫌われちゃってかわいそうでしたね。ここから三郎と菜穂子の間に違和感が出来て行かないといいんだけど…。『誰か』は読みました?

2006/10/25(水) 午前 8:27 ゆうき

ゆうきさん、「誰か」のシリーズものだったんですよね。まだ読んでないから探さなきゃ!私も三郎と菜穂子の間がギクシャクしないか心配しちゃいました。

2006/10/25(水) 午前 8:32 coico

顔アイコン

重いお話なのですか??私も宮部作品は一時期ちょっと読んでいたなぁ・・・。

2006/10/25(水) 午後 11:22 のほほんさん(フェル)

フェルさん、それぞれの事件や事柄が結構ずっしりと重いですね〜。

2006/10/26(木) 午前 11:21 coico

『誰か』のシリーズですね♪コチラで新聞小説として掲載されて毎朝楽しみに読んでいました(^^♪・・・犯人はなんとなく解かってたんですが、その背景を考えると切ないです(+_+) それ以上にトラブルメーカーの元アシスタントの存在が怖かったです・・・現実にもいそう〜やっぱり宮部作品は読み応えアリv

2006/11/2(木) 午後 6:23 [ gao*i*que*n ]

うまこさん、トラブルメーカーいそうなキャラでしたよね。「誰か」はまだ読んで無いんです。絶対、読むつもり。この作品は新聞小説だったのね。もしかして、「誰か」もそうなんですか?

2006/11/3(金) 午前 7:39 coico

すみません、この本は未読なのでまだ記事読んでないのですが、久しぶりに新書を図書館で借りずに買いました。なんたって、予約が何百も入っていたもので!で、ちょっと自慢なんですが・・・・私、宮部さんとは友人です。すっごく謙虚で前向きでかわいい人です。

2006/12/2(土) 午前 9:20 ゆき

ゆきさん、宮部さんとお友達だなんて凄〜〜〜〜〜い!最近はそれほどでもないけれど、数年前は時代物も現代物もほとんど読みあさっていました。うわ〜っ!羨ましいな〜っ!やっぱり素敵な方なんですね。何だか嬉しいな。

2006/12/3(日) 午前 9:05 coico

アバター

けっこう深い考えさせられるお話でしたよね。でも、飄々とした三郎さんの活躍って、すきなんですよね♬トラバさせてくださいね(^_-)-☆

2007/1/3(水) 午後 8:32 チュウ

マスオさん的存在の三郎さんがなかなかいい味を出していましたね。

2007/1/4(木) 午前 9:03 coico

やっと図書館の順番が回ってきました。杉村三郎シリーズとなっていますが、前作「誰か」よりバランスよく読後感もよかったです。杉村三郎は微妙な立場にあり、性格も目立たず優しいですが、そこが特徴みたいですね。↑のゆきさん、宮部さんの友人ですか?!おお!凄い!

2007/1/29(月) 午後 7:43 ヒデジぃ

ヒデジぃさん、三郎のマスオさん的微妙な立場の心理を上手く表現していましたね。こういう心理描写の上手い作家さんって良いですね。

2007/1/30(火) 午前 8:26 coico

ヒデジぃさん同様、やっと私にも回って来ました。そして宮部さんの「毒」はあっという間に体中まわり、痺れています。それにしても、ゆきさん、宮部さんの友人なんて羨ましい!!

2007/5/7(月) 午前 9:14 金平糖

金平糖さん、やっと手元に!おめでとうございました〜♪「毒」は猛毒のようでしたね。ぞぞ〜っ!

2007/5/7(月) 午前 11:53 coico

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事