鈴鹿山脈を歩く

近郊の鈴鹿の山を中心に歩いています。2010年から山歩きを始めました。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

やまびと第2例会、伊吹山北尾根・笹又コースで、御座峰まで歩いてきた。
道には、この時期ならではの種々の花が咲き、その中を歩き、稜線の景色も楽しめた。

コースタイム;笹又登山口駐車場(8:00)−静馬ケ原(9:30)−御座峰(11:20) 昼食 (12:00)発ー静馬ケ原(13:25)−スカイラインー笹又登山駐車(14:35)

イメージ 1

イメージ 2
立ち寄った、さざれ石公園、国歌ゆかりの地

イメージ 3


イメージ 4
でました山芍薬

イメージ 5
ヒメウツギ

イメージ 6
ヤマブキソウ

イメージ 7
イチリンソウ

イメージ 8
御座峰に到着

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11
帰りに見た伊吹山方面、稜線が綺麗

イメージ 12
エビネ

イメージ 13
尾根道はUP-DOWNがあるものの、歩きやすく感じた

イメージ 14
スカイラインからの激下降口から、なにやら鷲の形が山に

イメージ 15
               下山口付近、伊吹といえば薬草

 登りのトラバース道でヒヤリがあり経験値を上げた山行になった。 花に満足し、稜線歩きを楽しめた。
リーダーのカワセミさん、参加者の皆様、有難うございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 久しぶりの単独、入道が岳に登ってきた。登りは北尾根コース、下りは二本松コース、暑く感じた。頂上は、多くの登山者で賑わい、ドローンも飛んでいた。ゆっくりと展望を楽しむことができた。 登山口には、昨年に熊の出没情報があり、これからは鈴を持っていく必要があるようだ。

コースタイム;北尾根登山口(8:00)−No.8(9:30)−北の頭(10:00)−奥宮(10:12)−頂上(10:15) 昼食 (11:30)発ー二本松コースーNo.5(12:07)−登山口(12:40)

イメージ 1

イメージ 2
駐車場から登山口への道の脇に、シャガがたくさん咲ていた


イメージ 3
登山口到着

イメージ 4
No.8を過ぎると鎌が岳が顔を表す

イメージ 5
北の頭からの展望は、最高

イメージ 6
北尾根、その向こうには新しくできた鈴鹿PA

イメージ 7
奥宮から頂上へ向かう道には馬酔木(あせび)の群生、新芽から新しい葉が

イメージ 8
頂上から眺め

イメージ 9


イメージ 10
クマ出没情報

イメージ 11
   帰りに立ち寄った鈴鹿PA,、新しく、鈴鹿色が出ている様子。ここからも高速に乗れる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 10連休最後の日、やまびと第1例会に参加した。下山後は、希望荘で、汗を流して、反省会のため、電車にて集合場所に。近鉄湯山線駅からバスの路線も、新たなケーブルカー駅までの道ができたため、変更されていて、新鮮味を感じた。頂上付近のアカヤシオが盛りで、この時期ならではの景色に感激した。
山熊さんからのシャーベット差し入れがあり感謝。希望荘での反省会は、やまびと色満載の楽しい会話に花が咲いた。リーダーのホタカさん有難うございました。

 コースタイム;ケーブルカー駅発(8:30)−一之谷新道登り口(9:10)−キノコ岩(9:22)−大黒岩(11:00)−旧アゼリア跡地(11:20)−頂上(三角点)(11:40) 昼食(12:30)発ー国見峠(12:50)−藤内沢入り口(13:32)−藤内小屋(14:05)−ケーブルカー駅着(15:05) 
 希望荘では、入浴後、17:00から2時間バイキング

イメージ 1



イメージ 2
        一の谷新道のキノコイワ、だいぶ浸食が進んでいるようだ




イメージ 3
                急登場所には階段がある。

イメージ 6
大黒岩がアカヤシオの向こうに捉えられた

イメージ 11
大黒岩からケーブルカーを望む、向こうから手を振って応えてくれる

イメージ 7
一之谷新道終了

イメージ 8
旧レストラン前は広場になっており、ハンモックが2つある

イメージ 9
見事に咲いたアカヤシオ


イメージ 4
                国見岳方面もアカヤシオが綺麗

イメージ 5
          藤内壁付近もヤシオが綺麗に咲いていた

イメージ 10
希望荘では楽しく、いつの間にかこれだけのアルコールをお召しになりました。

参加の皆様、楽しい、連休最終日、有難うございました。





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 5月の例会の下見に5名が集まり、くろそ山、古光山に登った。本番には参加できず、下見に参加した。後古光山までであれば、例会適合だが、古光山への道は険しく、鎖場等危険個所が多数あり、安全第一の例会にはちと不向きであると感じた。でも、それをこなして古光山に登れた達成感に満足した山旅であった。

コースタイム;駐車場発(8:20)−日本ボソ(9:20)−倶留尊山(9:48) 休憩 (10:05)発ー日本ボソ・イワシの口(10:30)-亀山(11:10) 昼食 (11:45)発ー後古光山(12:36)−古光山山頂(13:30)休憩ー後古光山(14:21)−駐車場(15:00)

イメージ 1

イメージ 2
駐車場には桜が、準備体操を済ませ、登りだす

イメージ 3
曽爾(ソニ)高原の案内図 地図にあるお亀池は小さくなっている

イメージ 4
山焼きをして、新たな新芽がここ一面に広がる。素晴らしい景色

イメージ 5
料金所のちかっくにあったタムシバ?

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8
無効に見えている山が今日、挑戦する古光山

イメージ 9
亀山で昼食を済ませ、本日の核心、古光山に向かう、車道を横切る

イメージ 10
いきなり天にまで続こうとする階段を一歩一歩登っていく、下山には楽に感じる

イメージ 11


イメージ 12
古光山に到着、後古光山からここまではかなり危険個所が満載であった。ここに立つことに達成感を感じる。

イメージ 13
途中はこれほどの急登、ヤマツツジが咲いていることに気づかず登っていたのだ、帰りに気づく

イメージ 14
こんな、鎖(ロープ)場が数か所あり、危険

イメージ 15
   下山後立ち寄った、お亀の湯の近くのカフェ、ソフトクリームを頂き、反省会

リーダーの るみさんを初め参加の皆様 素晴らしい下見、楽しかったです。感謝!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 やまびと第1例会に25名が集まり、快晴の下、坊村から武奈が岳を登った。
武奈が岳は2回目だが、前回はガリバー村から登ったことがあったが、今日みたいな素晴らしい展望ではなかった。琵琶湖の向こうに、鈴鹿山脈、伊吹山、金糞山、さらに遠くには白山も捉えることができた。

コースタイム;登り口明王院(9:05)ー冬道分岐(10:05)−御殿山(11:15)−わさび峠(11:30)−武奈ケ岳頂上(12:07) 昼食 (12:50)発ー御殿山(13:40)−冬道分岐(14:33)ー明王院(15:17)下山

イメージ 1

イメージ 2
駐車場から安曇川を渡り、明王院、登山口のほうへ歩いていく。川は澄み、空は青空

イメージ 3
桜も満開、準備運動を済ませ、気持ちよく歩き出す。800Mの登りが始まる。

イメージ 4
急登だが、危険なところはなく、木陰を気持ちよく高度を上げていく

イメージ 5
御殿山に到着、武奈が岳に雪がかかっている。雪上の歩行も楽しめた。アイゼンは不要。

イメージ 6
頂上に到着 ほぼ時間通り

イメージ 7
琵琶湖が綺麗に見えた 

イメージ 8
時折吹く風は冷たく、防寒着を羽織る。蓬莱山も雪を頂いている

イメージ 9
京都方面には山々が幾重にも連なっている

イメージ 10


イメージ 11
                     明王院、下山

  第2グループの先頭を歩かせて頂いた、頂上付近にたどり着き、琵琶湖が眼下に広がったときの感動は一際であった。 例会参加の皆様、お疲れさまでした。またリーダーのhorizonさん有難うございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事