鈴鹿山脈を歩く

近郊の鈴鹿の山を中心に歩いています。2010年から山歩きを始めました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

雪の 藤原岳 (20170122)

 1月22日、自主山行で、11名が集まり、フカフカ雪を楽しんだ。 1月14日〜15日の大雪で、四日市市内でも30cm以上が積った。本日の天気予報では、風の心配があったが、それほどでもなく、山小屋から天狗岩までは絶好の雪を存分に楽しめた。 今年の登りはじめ幸先の良いスタートが切れた。

 コースタイム;大貝戸登山口(8:00)−4合目(8:45)休憩−8合目(10:00)ー山小屋(11:00) 昼食 (12:00)ー天狗岩(12:20)ー山小屋(13:00)−9合目(13:17)-大貝戸登山口(14:45)

  登山口から雪がついていて、アイゼンなしでも十分楽しめる雪質。 登り始めから日が差してきて気持ちよく高度を上げていく
イメージ 1

4合目で一休み
イメージ 2

一部の木は先日の豪雪の重みで倒れているものもある、
雪景色を楽しみながら、登る
イメージ 3


イメージ 4

9合目開けたところ、多度方面も視界良好
イメージ 5

山小屋隣のトイレも輝いている
イメージ 6

昼食を済ませ、天狗岩方面の樹林帯、樹氷も楽しめた
雪質、気温、風なし、申し分のない雪山に大満足
イメージ 7

天狗岩、踏み跡のないところは雪庇に注意
イメージ 8

小屋に戻る途中、最高の雪景色
イメージ 9

駐車場も朝の雪が少なくなっている
イメージ 10

帰りに、阿下喜(あげき)温泉に立ち寄り、汗を流し、疲れを癒した。
イメージ 11

 藤原岳の雪を、存分に楽しんだ、満足。企画していただいた、酒蔵さん、参加の皆さま、ありがとうございました。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事