鈴鹿山脈を歩く

近郊の鈴鹿の山を中心に歩いています。2010年から山歩きを始めました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 8名が集まり、快適な藤原岳を楽しんだ。お目当ての今年初のフクジュソウに出会えた。8合目以上は雪が残っており、アイゼン装着、天狗岩までの雪山歩きを堪能できた。昼食後、ヒロさん特製のぜんざいをおいしく頂いた。 初春の藤原岳を堪能できた。

 コースタイム;藤原小学校前駐車場(8:15)−聖宝寺(8:21)−2合目(8:55)−
4合目(9:18)−8合目(10:15)−藤原山荘(11:00) 昼食 (11:55)−天狗岩(12:20)ー藤原山荘(13:10)−8合目(13:45)−聖宝寺コースー聖宝寺(15:15)

イメージ 1


イメージ 2
準備運動を済ませ、歩き出す。止まっている車はほとんど他府県からの車。
この時期、花の百名山は大盛況。最近、TVでも紹介されている。

イメージ 3
聖宝寺にお参り、安全登山を祈る

イメージ 4
お猿さんの石像が両側でお出迎え

イメージ 5


イメージ 6
230段の階段をこなした後は、快適な山道を登っていく。気持ちが良い

イメージ 7
高度を上げていくと、残雪が出始める。途中、2匹の鹿が雪の上を歩いていた。

イメージ 8
8合目から、アイゼンを装着

イメージ 9
今年初の福寿草、残雪のためか、例年より、開花が遅くなっているようだ

イメージ 10
飛騨rは霊仙山、右は伊吹山、冠雪は十分に残っている。
大日岳、白山、乗鞍岳も捉えられた。

イメージ 11


イメージ 12
最高の雪道を歩く

イメージ 13
聖宝寺コースのお修復の目玉、大きな堰が築かれていた。

イメージ 14
            聖宝寺コースにもきれいな登山届BOXがある。

 聖宝寺コースは修復されてから初めて使ったが、この大貝戸では悩まされる泥もなく、快適に歩けることを体験できた。 リーダーのヒロさん、ありがとうございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事