鈴鹿山脈を歩く

近郊の鈴鹿の山を中心に歩いています。2010年から山歩きを始めました。

その他登山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 梅雨入りとなり、作山、太郎坊の計画が雨予報のため中止。方面を変えて、学能堂山に8名が集まった。当方始めの山、登山者が多く、歩きやすい山であった。
 頂上ではお目当ての紅花に出会て、感激。下山が早くなり、久居のCafeチャコリにて、反省会、タイ風鳥そぼろ丼に舌鼓を打った。

コースタイム;駐車場(8:30)−林道終り(9:00)−杉平峠(9:42)−学能堂山(10:03) 紅花鑑賞 食事 (10:50)下山開始ー(12:13)駐車場

イメージ 1

イメージ 2
踏み切り手前の道の駅にあった案内図、三多木の桜の表示はあるが、
三峰山、学能堂山は見つけられず、奈良県なので

イメージ 3
登山開始し、林道終り個所に咲いていた山藤、みごと

イメージ 4
フタリシズカが2つ

イメージ 5
5人シズカも発見、フィボナッチ数(1,2,3,5、8、13)にて数が増える?

イメージ 6
こんな字で、ガクノドウとの表示もある、地名は難しい

イメージ 7
1021M頂上、ガスが少し出ていた

イメージ 9
求めていた紅花、一杯咲いていた。鹿もきているが食べられずにいる。

イメージ 10
林道終点地点で、大きな(背丈が高い)マムシククサ

イメージ 8
      帰りに見つけたシロバナウツギ、色んな花が楽しめそうなところだった。

 浮雲さん急遽計画して頂いて感謝です。 台高の山も楽し所一杯です。
 参加の皆さん、有難うございました。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

20190602 小秀山(1981M)

 浮雲さん個人山行、夏のアルプスに向けトレーニングに4名が集まり、2000Mの山、眺望、滝、花を満喫した。
約9時間の行動、標高差1100M,急登4時間の山に満足した一日。

コースタイム;乙女の滝駐車場(7:50)発ーねじれ滝(8:12)−和合の滝(8:20)−烏帽子岩(8:53)−夫婦滝(9:18)ー小滝(9:30)−孫滝(9:55)−鎧岩(10:07)−カモシカ渡り(10:50)−分岐(11:15)−兜岩(11:53)−第一高原(12:00) 昼食 (12:30)発ー第3高原(13:04)−小秀山山頂(13:21) (13:50)発ー分岐(15:01)−山の神・三の谷登山口(16:40)−乙女の滝駐車場(17:15)

イメージ 1

イメージ 2
管理センター 登山届を出す

イメージ 3


イメージ 4
綺麗な水が流れている

イメージ 5
木道が続く、散策道にもなっている 岩と水の競演が始まる

イメージ 6
ねじれ滝

イメージ 7
和合滝

イメージ 8
烏帽子岩

イメージ 9
夫婦滝

イメージ 10
子滝

イメージ 11
シャクナゲが綺麗に咲いている

イメージ 12
孫滝

イメージ 13
鎧岩

イメージ 14
ここからが核心部、カモシカ渡り

イメージ 15
こんなところをよじ登っていく

イメージ 16


イメージ 17
兜岩 絶壁で足がすくみ前に行けず

イメージ 18
イワカガミ

イメージ 19
頂上からは御嶽が望める、今日は北、南、中央アルプスを捉えられた
頂上は2000Mなので、樹木も低くなっている

イメージ 20


イメージ 21
コバイケイソウ

イメージ 22


イメージ 23
下山、ここから林道歩き

イメージ 24
帰りに立ち寄った 加子母(かしも)大杉、
幹の周りの大きさは縄文杉に劣らないくらい立派

イメージ 25
              ここで夕食を摂り、帰路に就いた

  トレーニングを企画していただいた浮雲さんに感謝、小秀山堪能できました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

20190526 荒島岳(1515M)

 やまびと第2例会、夏山アルプスに向け、体力作りにと参加した。ここのところ、まだ5月だというのに、30℃超えの猛暑を記録して、汗かきの当方は水も2.5L持って行った、下山時にはほとんど消費していた。また、新緑が綺麗なブナ林、お花も観ることができ、福井の百名山を満喫できた。リーダーのカワトモさん、有難うございました。

 コースタイム;中出コース駐車場(7:40)発ー小荒島岳(1186M、9:50)−シャクナゲ平(10:22)ーモチガカベ終り稜線(11:20)−荒島岳頂上(11:40) 昼食 (12:20)発ーシャクナゲ平(13:20)−中出コース駐車場(15:30)

イメージ 1

イメージ 2
駐車場にあった案内板、荒島岳は3年ほど前に雪山で勝原から登ったことがあった、その日も好天で素晴らしい雪山だった。頂上付近のダミーピークを思い出した。

イメージ 3
登山口から徐々に高度を上げていく(高度差約1200M、累積標高1300M)、途中2回ほど林道を横切る


イメージ 4
エンレイソウ、花は綺麗な白色

イメージ 5


イメージ 6
カタクリが頑張っていた

イメージ 7
ここのカタクリは綺麗

イメージ 8
イワウチワ、久しぶりにお目にかかれた

イメージ 9
頂上到着、白山をバックに記念撮影

イメージ 10
ここからが激下り、シャクナゲ平まで注意して下る

イメージ 11
シャクナゲ平で、リーダーカワトモさんの冷えた杏仁豆腐、暑さにバテバテの体が蘇った。有難うございました。

イメージ 12
     林道歩き、タニウツギが綺麗に咲いて、下山と同時に充実感が湧いてきた。

 SLのるいさんの配慮あるペースに感服し、疲労度合いもかなり軽減された、有難うございました。
 すばらしい山行に感謝!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

やまびと第2例会、伊吹山北尾根・笹又コースで、御座峰まで歩いてきた。
道には、この時期ならではの種々の花が咲き、その中を歩き、稜線の景色も楽しめた。

コースタイム;笹又登山口駐車場(8:00)−静馬ケ原(9:30)−御座峰(11:20) 昼食 (12:00)発ー静馬ケ原(13:25)−スカイラインー笹又登山駐車(14:35)

イメージ 1

イメージ 2
立ち寄った、さざれ石公園、国歌ゆかりの地

イメージ 3


イメージ 4
でました山芍薬

イメージ 5
ヒメウツギ

イメージ 6
ヤマブキソウ

イメージ 7
イチリンソウ

イメージ 8
御座峰に到着

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11
帰りに見た伊吹山方面、稜線が綺麗

イメージ 12
エビネ

イメージ 13
尾根道はUP-DOWNがあるものの、歩きやすく感じた

イメージ 14
スカイラインからの激下降口から、なにやら鷲の形が山に

イメージ 15
               下山口付近、伊吹といえば薬草

 登りのトラバース道でヒヤリがあり経験値を上げた山行になった。 花に満足し、稜線歩きを楽しめた。
リーダーのカワセミさん、参加者の皆様、有難うございました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 5月の例会の下見に5名が集まり、くろそ山、古光山に登った。本番には参加できず、下見に参加した。後古光山までであれば、例会適合だが、古光山への道は険しく、鎖場等危険個所が多数あり、安全第一の例会にはちと不向きであると感じた。でも、それをこなして古光山に登れた達成感に満足した山旅であった。

コースタイム;駐車場発(8:20)−日本ボソ(9:20)−倶留尊山(9:48) 休憩 (10:05)発ー日本ボソ・イワシの口(10:30)-亀山(11:10) 昼食 (11:45)発ー後古光山(12:36)−古光山山頂(13:30)休憩ー後古光山(14:21)−駐車場(15:00)

イメージ 1

イメージ 2
駐車場には桜が、準備体操を済ませ、登りだす

イメージ 3
曽爾(ソニ)高原の案内図 地図にあるお亀池は小さくなっている

イメージ 4
山焼きをして、新たな新芽がここ一面に広がる。素晴らしい景色

イメージ 5
料金所のちかっくにあったタムシバ?

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8
無効に見えている山が今日、挑戦する古光山

イメージ 9
亀山で昼食を済ませ、本日の核心、古光山に向かう、車道を横切る

イメージ 10
いきなり天にまで続こうとする階段を一歩一歩登っていく、下山には楽に感じる

イメージ 11


イメージ 12
古光山に到着、後古光山からここまではかなり危険個所が満載であった。ここに立つことに達成感を感じる。

イメージ 13
途中はこれほどの急登、ヤマツツジが咲いていることに気づかず登っていたのだ、帰りに気づく

イメージ 14
こんな、鎖(ロープ)場が数か所あり、危険

イメージ 15
   下山後立ち寄った、お亀の湯の近くのカフェ、ソフトクリームを頂き、反省会

リーダーの るみさんを初め参加の皆様 素晴らしい下見、楽しかったです。感謝!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事