蓮花の縁

韓国版 花より男子 二次小説 CPはジフとジャンディです

風の坂道

すべて表示

風の坂道 37

ソギョンには口止めされていたが、今回ばかりはジャンディも何も言わずに済ませることはできなかった。 大学部に進んでもジフは時折非常階段に姿を見せていた。 財団の仕事と二足の草鞋を履いたジフが現れる頻度は高等部時代に比べ極少なくなっていたが、ジャンディはジフに会えることを期待しながら非常階段へと向かった。 祈るような気持ちで非常階段に通じるドアを開けると、願いが通じたのかそこにはしばらくぶりに見るジフの姿があった。 「ジフ先輩」 ジャンディの声に瞼がゆっくりと上がるが、すぐにまぶし気にその表情が歪んだ。 「なに…安眠妨害…?」 「ごめんなさい、起こしちゃって…でも今日は先輩に会ったらどうしても話したい事があったから…」 「…何…?」 ソギョンとジフの経緯はすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

いつも当ブログをご訪問いただきましてありがとうございます。 今回のYahooブログ終了は驚きでした。 以前よりYahooブログについてはリニューアルが予定されていたため、いずれは移転を考えておりましたが、移転後もここはこのまま残しておこうと思っていたのです。 ですが、“終了”となれば、ここはこのまま残すという選 ...すべて表示すべて表示

うわー❕ 終了❓

2019/2/28(木) 午後 10:13

Yahooブログ終了のお知らせに、Σ(゚Д゚ノ)ノ ドヒャー、です。 β版やらなにやら言ってたのはどうなったの? いや、まああのβ版は試行段階で大不評でしたが… 二次作家様が次々とYahooから撤退される中、私もどうしたものか、と考えてはおりましたが、無くなるとなると完全撤退は余儀なくなりますね… いつにするか、これから考えます。 終了まで皆 ...すべて表示すべて表示

『迷路』

2019/2/25(月) 午前 6:00

5 歳の時、両親を亡くし、祖父は俺を遠ざけた。 哀しみと失意の中で俺の世界に人間は 4 人しかいなかった。 親友 3 人とソヒョン。 彼らだけが俺の世界の全てだった。 他の誰をも寄せ付けず、自分から関わることなどすることも無く、一歩外に出ればピリピリと張り詰めた神経に触れるものがあればハリネズミの ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事