ここから本文です
maronのブログ
★単身サラリーマンの放浪旅の記録★自ら旅した観光地や鉄道散策、グルメ、趣味のあれこれを綴ったマイブログへようこそ!

書庫鉄道のいろいろ

記事検索
検索

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆さん、こんにちは
JR豊肥本線の駅をご紹介しています。
今回は東海学園熊本キャンパス前にある、豊肥本線「東海学園前駅」です。
イメージ 1
線路と道路が隣接して平行に走っています。
イメージ 2
東海学園熊本キャンパス。
イメージ 3
駅前にはコンビニもあります。
イメージ 4
行ったときは日曜日だったので、駅員さんがいませんでしたが、平日は駅員さんがいるようです。
イメージ 5
駅ホーム。
ホームの幅は狭く、たくさんの学生さんが利用する朝の時間帯はさぞや混雑していることでしょう。
イメージ 6

<JR豊肥本線 東海学園前駅>
熊本市東区渡鹿9丁目1-1-1
開業:1986年(昭和61年)11月1日

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
3月まで住んでいたJR鹿児島本線の大牟田駅をご紹介します。
大牟田駅は東口がJR、西口が西鉄となっており、特に西鉄は始発駅であることから、比較的利用客が多い駅です。
とはいえ、炭鉱閉山以降の人口減少は顕著で、ピークだった昭和35年(1960年)の205,766人比べ、直近の4月は115,803人と、半数近くに激減しています。
よって、1日の乗車人員はJRが3千人程度となっています。
イメージ 1
JR側の駅前。
イメージ 2
駅前ロータリー。
駅にはコンビニ、居酒屋、デンタルクリニックなどがあります。
イメージ 3
改札口(もちろん有人駅です)。
イメージ 4
懐かしいタイプの駅名板は健在です。
イメージ 5
東側と西側は連絡橋で接続されており、行き来ができます。
イメージ 6
西側(西鉄)の入り口。
小さなコンビニもあります。
イメージ 7
西側にある「自転車駐輪場」。
イメージ 8
西側の駅前。
西側は海側なので、交通量も東側に比べて少ないので、駅への送迎は西側を利用する人が多いです。
短時間であれば、無料で駐車できる"送迎用駐車スペース"もあります。
イメージ 9
<JR鹿児島本線 大牟田駅>
福岡県大牟田市
開業:1891年(明治24年)4月1日

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
今回は島原鉄道の諫早駅でたまたま見かけた「日本の1号機関車が走った島原鉄道」PR車両をご紹介します。
イメージ 1
〜HPから〜
明治5年(1872年)新橋〜横浜間を走った日本で最初の鉄道「1号機関車」は、明治44年(1911年)に鉄道院から島原鉄道へ払い下げられ、同年に開通した島原鉄道の「1号機関車」としても活躍しました。
 島原鉄道へやってきた、この「1号機関車」は島原半島で最後の活躍をすることとなります。
和5年(1930年)、車体保存の話がもち上がり、博物館入りが決まると一般公開し、盛大に送別式が行われました。
 その際に、島原鉄道の初代社長である植木元太郎が、苦楽を共にしてきた機関車ゆえに、別れを惜しみ、これまでの感謝の意を込めて「惜別感無量」と記したプレートを車体左側タンク部分に取り付けました・・・・・
イメージ 2
詳しい内容は島原鉄道のHPをご覧ください。
http://www.shimatetsu.co.jp/imgkiji/pub/detail.aspx?c_id=33&id=16&pg=1

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
JR豊肥本線の駅をご紹介しています。
今回は熊本旅行の際に立ち寄った、豊肥本線「阿蘇駅」です。
イメージ 1
駅前のジオパークの案内板とあか牛。
イメージ 2
駅前ロータリー。
イメージ 3
水戸岡鋭治デザインの漆黒の阿蘇駅。
イメージ 4
赤い丸ポストは必須アイテムですね。
イメージ 5
改札。
イメージ 6
コインロッカーも内装の色と統一しています。
イメージ 7
お食事処もあります。
イメージ 8
駅ホーム。
イメージ 9
熊本地震の影響で、肥後大津〜阿蘇駅間が普通になっていますが、早い復旧が実現することを願っています。

<JR豊肥本線 阿蘇駅>
熊本県阿蘇市黒川
開業:1918年(大正7年)1月25日

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
JR豊肥本線の全駅をご紹介しています。
今回はたまたま大分旅行の際に立ち寄った、豊肥本線「豊後荻駅」です。
イメージ 1
トイレ。
イメージ 2
以前は薄い緑色の外観でしたが、濃い鮮やかな緑にお化粧直しされています。
イメージ 3
ここは簡易委託駅のようですが、行ったときには駅員さんらしき人は見かけませんでした。
イメージ 4
ステンドグラスが綺麗です。
イメージ 5
待合コーナー。
イメージ 6
運賃表。
イメージ 7
熊本方面ホーム。
イメージ 8
大分方面ホーム。
イメージ 9
駅周辺。
イメージ 10<JR豊肥本線 豊後荻駅>
大分県竹田市荻町馬場
開業:1928年(昭和3年)12月2日

開くトラックバック(0)

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事