ここから本文です
maronのブログ
★単身サラリーマンの放浪旅の記録★自ら旅した観光地や鉄道散策、グルメ、趣味のあれこれを綴ったマイブログへようこそ!

書庫五島遊漁船-MANA-のいろいろ

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

皆さん、こんにちは
梅雨だというのに、雨も少なく、晴天が多くて凪の日が続いています。
ということで、昨日、遊漁船「MANA」で船釣りを楽しんできました。
出航は潮目に併せて5時ちょうど。
眩しい朝陽が上っていました。「
「遊漁船MANA」での魚釣りは今回で4回目となります。
前回は大物のバラシが多かったので、今回はリベンジといきたいところ。
さ〜今回はいかに?
イメージ 1
今回もポイント探しを兼ねていろいろ周辺を回ることにしました。
すると、今にも沈みそうな小さな瀬で釣り人を発見!
イメージ 2
人の大きさで瀬の大きさも判ると思いますが、潮かぶり必死の浅い小さな瀬です。
船長曰く、「イシダイ釣りかな」とのこと。
それにしても五島に来る太公望はスケールがデカイです。
イメージ 3
さすがに4回目ともなると、そこそこタイラバで釣れるようになりまして、マダイの良型(50cm〜40cmクラス)を連続でゲット!(実は船長の的確なポイント選定のおかげだったりしまして・・・)。
五島だと大きなサイズが多いので、資源保護の観点からもマダイ30cm以下はリリースですね〜
イメージ 4
こちらは船長が釣り上げた「オオモンハタ」(約50cm)です。
五島でも滅多に釣れない根魚ですが、前回に引き続き今回も釣り上げるとは、さすがは船長の面目躍如です。
イメージ 5
というわけで、そこそこ釣れたので早めのご帰還となりました。
水ノ浦漁港の入り口にあるこの岩、船長が「この角度がゴリラの顔に見えるんだけど」と言うので撮影してみました。
皆さんの目にはどう映りますか?
イメージ 6
元気な魚を生け簀の網に入れましたが、マダイが多かったですね、他にはアカハタ、アオハタ、オウモンハタ、アヤメカサゴなどの根魚も。
イメージ 7
お魚さんが見えづらいので、ちょっと網を上げて、お魚さんをバシャバシャさせてみました。
水しぶきが豪快でした。
イメージ 8
う〜ん、今日からしばらくは魚料理が続きます。
あの手この手で、いろんな料理にチャレンジしたものの、少々、食傷気味であります。
贅沢な悩みといえばそれまでなのですが・・・。
イメージ 9

http://fishing-boat-mana.com/index.html

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
土曜日は風もなく凪だったので遊漁船「MANA」で船釣りを楽しんできました。
イメージ 1
「遊漁船MANA」での魚釣りは今回で3回目の挑戦となります。
回を重ねるごとに上手くなりたいものですが、なかなかそうはいかないのが世の常。
さ〜今回はいかに?
立小島の灯台を過ぎて沖へ出ます。
イメージ 2
海上は凪でしたが、多少のうねりがありました。
イメージ 3
五島市岐宿町の水之浦港から出港して30分ほど走ったところで、船長が突然「ベイトだ!」。イメージ 4
キュ〜ンと船をその場で止めてすぐにジギング開始!
すると次から次に"カンパチ"が揚がって、あっという間に10匹以上の釣果。
サイズ的には50cmクラスでしたけど、船長的には不満だったようで、写真は不要ということで、写真はありません。イメージ 15
シーズン的には終了かと思われたのですが、船長の的確なポイント選定もあり、45cmほどの綺麗なマダイをゲットしました。
イメージ 5
インチクで釣れましたね〜
イメージ 6
今回は行くポイントには必ずと言っていいほどベイトが出現していました。
さすがは最新機器搭載のMANA!と感心していたときのこと、
船長に本日一番の大物が!
イメージ 7
初めて見る魚ですが、これは?
イメージ 8
"オオモンハタ"と言うのだそうです。
五島でも滅多に釣れないらしく、競り値も高い高級魚なんだとか。
手網がヒラマサ用のビッグサイズなので小さく見えますが、ざっと50cm以上はありました。
スゴイですね〜流石です。
イメージ 9
タイラバで釣れたマダイ。
今回は50cm前後クラスばかり8匹釣れました。
イメージ 10
私の今回の大物賞がこちら。
30cm超のカサゴ(九州ではアラカブと呼びます)。
なんだか普通に見るカサゴとは微妙に違う気もしますが、もしかして、ウッカリカサゴ?
イメージ 11
今回は大漁でした。
元気な魚はとりあえず活かしておくことに。
イメージ 12
弱ったお魚さんは持ち帰りです。
さ〜て、しばらくは魚料理が続きますが、どう料理するとしますかね〜。
イメージ 13
イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
昨日はお天気も良かったので、仕事をお休みして遊漁船「MANA」で船釣りを楽しんできました。
今回で3回目の船釣りとなります。
前回の"遊漁船「MANA」de船釣り編”ではタイラバ釣り初挑戦ということもあり、バラシの連続で寂しい結果となりましたが、今回は如何に?
イメージ 2
海上は前回同様、ベタ凪状態でした。
五島市岐宿町の水之浦港から出港して30分ほどで釣場に到着。
朝まずめからの引き潮という好条件でしたが、以外と苦戦。
なかなかアタリが来ませんでしたが、ついに初ヒットが!!!
ご覧ください、この綺麗な桜鯛の姿を!
体長約50cmほどと、私が釣り上げたタイでは最大サイズです。
船釣り、タイラバ釣り、どちらもド初心者の私でもこれが釣れたんです。
(船長のアドバイスのおかげであることはいうまでもありませんが)
イメージ 1
続けて根魚では大人気の"キジハタ"を連チャンでGet!
イメージ 3
2匹目。
イメージ 4
ここまで船長は雑魚ばかりで、今日は勝ったな!と思った矢先のこと。
ついに船長にアタリが!
最初はまた雑魚かな〜と思っていたら、船長も慌てるほどのとてつもないビッグな引きがきました。
イメージ 5
10分ほどのやりとりの後、ついに超ビッグな桜鯛が出現!
イメージ 6
さすがは船長、すかさず手網を手にしたかと思ったら、自分一人でランディングまでこなしました。
イメージ 7
サイズを測ると驚きの80cm超え!!!
イメージ 8
MANAと一緒に記念撮影。
この大鯛のビッグなサイズ感。
巨漢気味の船長が若干小さく見えます。
イメージ 9
してやったりの船長の不敵な笑みをアップでご覧ください。
やっぱ流石ですな〜いやあ、完敗!
イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
長崎の西の離島、五島列島の五島市に住む旧友が今春、遊漁船「MANA」を開業して早1ヶ月が経ちました。
連休中は関西や関東からのお客さんを案内して、喜んでいただけたとご満悦だったようです。
で、今日は久しぶりに船長自ら久しぶりに魚釣りをしたかったようで、私にお誘いの電話がありました・・・が、あいにく長崎に帰省中でして、参加できず。
ということで、MANAの清掃、機関整備後のお昼過ぎに一人でキャスティングに出港したとのこと。
いつもならけっこう大物のヒラマサの写真をLINEで自慢げに送ってくるのですが、今回はサッパリだったようで、しぶしぶ送ってきたのがこちら↓
イメージ 1
ほー、手網の大きさと比較すると60cm以上くらいかな?
私的にはそこそこご立派なヒラマサに見えるのですが、船長曰く、こんなのは五島じゃ「チビマサ」だよと言ってました。いったい、五島ではどんなメガマサが釣れるんでしょうか?
他にはエギングで釣り上げたアオリイカ(地元ではミズイカと呼びます)。
イメージ 2
こちらはヤズコ(ブリ)でしょうか?
イメージ 3
カンパチかな?
イメージ 4
今日は強風と時化で自慢のキャスティングの技も封印となり、しかたなくジギングに切り替えて頑張ったようですが、ぼやきの山さんだったとか・・・。

ホームページ
http://fishing-boat-mana.com/index.html
以前の記事はこちら
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」編
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」編2
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」編3
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」編4
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」開業編
五島列島のいろいろ-五島市-遊漁船「MANA」de船釣り編

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さん、こんにちは
遊漁船「MANA」を開業した旧友に誘われて本日、船釣りを楽しんできました。
イメージ 1
何しろ、船釣りは人生で2回目です。
1回目は普通の餌釣りでしたが、今回は疑似餌を使う「タイラバ釣り」という、初めての船釣りなので、本当に餌なしで釣れるのか?興味津々でありました。
イメージ 2
海上はベタ凪状態でした。
イメージ 3
五島市岐宿町の水之浦港から出港して30分ほどで釣場に到着。
周りを見渡すと、たくさんの漁船がいました。
今はタイの産卵シーズンですから、狙いはもちろん桜鯛ですね〜。
イメージ 4
船長の的確なポイント指示もあり、すぐに「キダイ」をゲットしました。
目的のマダイではありませんでしたが、釣れれば何でもいいやってな気分で、うれしいものです。
いや〜疑似餌(タイラバ)でも確かに釣れるんですね、驚きでした。
イメージ 5
次に釣れたのは「マトウダイ」。
初めて見ました。
けっこう美味なんだとか。
イメージ 6
その後、今まで経験したことのない、もの凄い引きがあったにも拘わらず、焦ってリールを早く巻きすぎて仕掛けごとPEラインを切られてしまいました。
いったい、どんな魚だったのでしょうか?
60cm?いや、80cmクラスのマダイだったのか?
で、やっとこさ釣れたのがざっと40cmの「マダイ」。
やっぱり「マダイ」は美しいですね〜!
にわか夢追い人が夢を少しだけ掴んだ瞬間でした・・・。
イメージ 7
「アオハタ」も釣れました。
このアオハタを釣る前にも、ガツンと衝撃的な当たりがあったのに、巻き上げる途中でまたもバラしてしまいました。
やっぱり五島は大物の魚影が濃いんだな〜と改めて実感!
イメージ 11
今回は船長はポイント探しが目的だったので、ほとんど釣りには参加しなかったのですが、操船の合間に少しだけジギングをやってみたら、すぐに80cmオーバーの「ヒラマサ」をゲット!
他には「ヤズコ(ブリの幼魚)」を釣り上げてました。
いやあ、さすがです。
イメージ 8
で、
タイラバ釣りド初心者の私が約5時間で釣り上げたのがこちら。
(すみません、ヒラマサとブリは船長です)
私的には相当の大物だったと思うバラシが5回ほどあったので、これがなければ、クーラーに収まりきれないほどのお魚さんで一杯だったのにと思うと悔しさ千倍!!!
もっとタイラバ釣りの腕を上げて、リベンジをせねばと誓った一日でした。
イメージ 9

イメージ 10
よかったらお立ち寄りください。

この記事に

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事