老いぼれヤモメの山雑記(俳諧編)

何時か何所かの山でお会いするかも! その時は宜しく。

全体表示

[ リスト ]

例会山行 大山北壁

      大山北壁・弥山尾根西陵
                                             好山好会  アルパイン委員会  主管
     日程     2013年1月12日〜14日
     山域山名  中国山地 大山北壁
     天候     13日 晴れ後雪
             14日 雪
     参加者    CL Hm   SL Yn
              As   Tk   Oo    Mm
                                                 イメージ 1
     
 
     正月の八ヶ岳後、スッキリし無い体調だったので出発前から1日目の
     登攀は自重してテントキーパーと決め込み。
     二日目の14日は天候も崩れて登攀は無理だろうと予測していた私。
     抜ける様な青空で、風も無ければ、登攀意欲も掻き立てられて、
     同行を願ったかも知れないが、まぁ 歳相応の山行が出来ればよし
     BCで雰囲気を楽しむの事が出来るだけでも幸せな事だ。
 
     テントキーパーの仕事と云えば、掃除、荷物の整理、お茶や夕飯の
     準備、水造り用雪の採取位なもの。後はのんびりと日がな一日を
     過ごすだけ。(今回はテントの準備もして行ったが、避難小屋が空いて
     居たので、小屋のお世話に成りました)
 
                                                 イメージ 4
イメージ 2 
 元谷避難小屋を7時10分に出発 
 雪の状態が良く、深く潜り込む様なラッセルも
 無しに、弥山尾根西陵の取り付まで2時間
 ほどで到着。西陵のトレースは消えて居て、
 登攀者には楽しみを広げて呉れた様だ。 
 
 
     当初、13日の行動予定では、八合尾根の登攀だったが、明日の天候等を考慮して、少し難度の
     高いと云われている弥山尾根西陵を先に登る事に成った。
                                            
                                                イメージ 6
イメージ 5イメージ 3
 
     取り付き付近では結構大きなブッシュが、登るにつれブッシュも小さく成り、雪に埋もれ、本来の
     雪壁の様相を呈して来た。ブッシュは有難い時もあれば、邪魔に成る時もある。如何せん相手は
     大自然、人間の都合通りには・・・
 
                            イメージ 11
イメージ 7イメージ 12
 
     写真左の頭上に写っている威容なツルム(別山)はクライマー達の登攀意欲をそそる峰。
     高度を上げるにつれ、その容姿も少しずつ変わって来る。好山好会アルパイン委員会の2月度例会
     では此の別山バットレス中央稜を攀る予定にして居る。
 
                                                  イメージ 14
イメージ 13  
 
 
 
 やがて雪稜の傾斜も緩やかに成り、
 弥山尾根西陵登攀も2時間で終了。
 
 
 
                                               イメージ 16
イメージ 15
イメージ 17
 
     一般登山道方面・雲間に覗く大山寺集落・ナイフリッジの先に威容を誇る剣ヶ峰と360度の眺望を
     楽しみ、12時10分、BCに帰着。
 
     何と5時間で弥山尾根西陵登攀を成し遂げたのだから驚き!
     好条件が重なり。また、日頃のトレーニングが功を奏して登攀は終始コンテでの行動、
     私が同行して居ればこうも行かなかっただろう・・・
 
                                                       イメージ 9
イメージ 8イメージ 10
 
     皆がBCに帰着後はクライマーズハイの雰囲気に浸り、ティータイムのひと時を過ごし、夕食の鍋を
     囲んで賑やかに・・・
 
     14日は予想通りの荒天だったので早々とキャンプを撤収し、下湯原温泉の露天風呂で登攀の
     汗を流し帰路に着いた。
 
     1日目は好条件に恵まれ、何の苦も無く弥山尾根西陵を登り切ったが、何時も好条件に恵まれる
     とは限らない、天候、特に雪の状態や風・気温など、それらを判断する能力も備え無ければならない
     また、チィームワークの善し悪しでも登攀の結果は違って来る。
     今後もコミュニケーションを密にして例会で切磋琢磨される事を願っている。
 
                                                            写真提供 Asさん Ooさん
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

いい天気だったようですね。縁の下の力持ちのおかげで、皆さん北壁を満喫できたことでしょう。
傾斜もよく分かるし、雪山の楽しさを感じられる素晴らしい写真を堪能させていただきました。
それにしても一枚目の写真はなんですか。タバコ吸っている仁王様みたい。 削除

2013/1/16(水) 午後 8:15 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

私が同行して居たら、BC帰着がもっと遅れて吹雪の中の下山に成ってましたよ。
1枚目の写真ね。良く話に出て来る幽霊かも。足元をよく見て下さいな、登山靴を履いて居ないでしょ。

2013/1/16(水) 午後 9:01 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは、先日は、いろいろとお世話になりありがとうございました。このところ、仕事は大変忙しいのですが、そのためかいつも痛くなる左ひざが、なんでかな? 以前に比べて痛くないんです。きっと大山の帰りに温泉に入ったことがよかったのかな? また行こうね。 削除

2013/1/16(水) 午後 9:36 [ anpontan ] 返信する

顔アイコン

ハーィ 次回もたのんまっせ、車の運転は任しといとくなはれ(大阪弁)
越し淡々と登攀のチャンスをねらっちょりますけんね(米子弁)
あの温泉はせーに良かろうが、わしらも時々浸かりに行くんじゃけぇー (美作弁?)

2013/1/16(水) 午後 10:07 [ コロ 爺 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事