老いぼれヤモメの山雑記(俳諧編)

何時か何所かの山でお会いするかも! その時は宜しく。

全体表示

[ リスト ]

     鹿島槍ヶ岳(赤岩尾根ルート)
                                      好山好会  アルパイン委員会 主管
     日程     5月3日夜〜6日
     山域山名  後立山 鹿島槍ヶ岳
     天候     4日晴れ後霧
             5日快晴
             6日快晴
     参加者    CL Yn    SL Hm   Mm
             As  Oo  Hs  Uc  Tk  Mt
 
     連休前半の荒れ模様の天候とは打って変わり、後半はほぼ全国が五月晴れに恵まれて何処の
     行楽地・山域も賑わいを見せて居たのでは無いだろうか。私達の向った後立山・鹿島槍ヶ岳も
     例に漏れず、大谷原登山口の駐車場は満車で、溢れた車は路肩に並んで居た。
 
イメージ 10 
 
   昨年の連休は鹿島槍の東尾根ルートに臨んで居たが
   一ノ沢ノ頭にテントを張る迄では何とか天候も持って
   呉れたものの夕方からはみぞれ交じりの荒れ模様で
   敢え無く撤退した。
 
   先発組 (Hm・Oo・Tk・Mtと私) はPM6時前にJR茨木
   駅前に集合。生憎の時雨モドキの空模様だったが,上空に
   寒気団が南下して来て居るので、此の空模様も想定済み
   明日には寒気団も北上して好天に向う事は間違い無しと
   意気揚々と我が愛車〘塵塊号〙で出発。
 
   途中、名神京都東〜大津間の通行止めの影響で少々渋滞
   気味では有ったが、私のドラム缶風呂の話等で車中は
   盛り上がり、養老・梓川のSAで休憩を挟んだ後、PM11時
   判頃には後発組との合流そして仮眠場所の予定にしてた
   安曇野松川道の駅に到着。
 
     当初の予定では東尾根を登る事に成って居たのだが、参加者が多く成り、第1岩峰、第2岩峰の通過に
     手間取るのではないかと、今回の赤岩尾根ルートに変更された。
                                                                                                      イメージ 8
イメージ 7 イメージ 9
          写真提供 Ucさん
 
 
     早朝、大谷原の登山口へ移動。身支度を整えて、7時半頃に出発。
     この時期ならもぅ夏道を歩けるのではと私の一言がもとで、夏道の取り付きを通り過ぎてしまい
     尾根筋へ向かって下降気味にトラバース。その為に少々時間のロスをしてしまった。(皆さん御免ね)
 
                                                                                                                                      イメージ 22                              
イメージ 21
イメージ 23
 
       写真提供 Ooさん                                                                                                                  写真提供 Ooさん
 
                                                                                                                                  イメージ 25                                          イメージ 24
 イメージ 26
     
     尾根筋を辿り、途中の開けたコルやコブで休憩を挟み、標高が上げるに付け、変わり行く眺望を
     楽しみながらゆっくりしたペースで歩んだ。
 
イメージ 3
 
  
 
  午後の2時過ぎにBC予定地の高千穂平に到着。
  矢張り私が皆さんの足を引っ張ってしまった様だ。
 
  到着して暫らくするとガスが鹿島槍・爺等の峰々を
  包んでしまい、風も吹き始めた。
 
  BC設営が終われば後は云うまでも無く・・・
 
 
                                                                                                            イメージ 1
イメージ 4
 イメージ 2
 
                    2013'5,5日のご来光          左布引山  右鹿島槍南峰         左鹿島槍南峰  東尾根の第1岩峰 第2岩峰 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                   イメージ 14    
イメージ 13 イメージ 18
 
   東面の随所にヒマラヤ襞を見せる爺ヶ岳            アルパイン委員会の精鋭達                  写真提供 Ucさん
                                     
                                                                                イメージ 30
イメージ 29
イメージ 31
 
                                  写真提供 Ucさん                                   写真提供 Ucさん        写真提供 Mtさん
                                                                                                                 
                                                                                                                               イメージ 11  
イメージ 19 イメージ 12
 
              写真提供 Mtさん   (左下は冷池山荘・布引山・双耳の鹿島槍写真提供 Ooさん   (鹿島槍の頂きにて)写真提供 Mtさん
 
                                                                                                                         イメージ 16イメージ 15イメージ 17
                                           
          (立山・剣)写真提供 Ooさん       (剣及び北方稜線)写真提供 Ooさん                 写真提供 Ooさん
 
     私の拙い能書き文を記すより写真を御覧戴けば春山の素晴らしさが一目瞭然!
 
     処で頂上アタックの5日当日は、天候・体調ともすこぶる良かったにも関わらず何故か登頂の
     意欲が湧かずBCに沈澱する事にした。気分の乗らない時には自重有るのみ。
     エアーマットを雪の上に敷き、日がな一日トカゲを決め込んで・・・
 
     鹿島槍南峰アタック隊8人は5時半に出発、頂上での展望を楽しみ冷池山荘でも暫らく時間を
     潰してPM1時半頃にBCへ帰って来た。
 
     5日の夜はHmさん○1歳の誕生パーティで盛り上がり・・・
                                                                                                         イメージ 20
イメージ 6
 イメージ 5
 
                                   2013'5,6日高千穂平で見た御来光          無事西俣出合いへ下山     西俣出合いより爺ヶ岳を望む
 
     天候に恵まれ。また、良き仲間達にも恵まれて事故も無く9人全員が春山を楽しめた事は
     良き思い出の一つに成るだろう。
     かと言って全てが良かった訳でもなし、反省点は今後の課題として、トレーニングに励み、
     技術に磨きをかけ、より良いコミュニケーションを図って仲間との絆を深めて行けば、より
     一層の素晴らしい山行に成る事だろう。
 
イメージ 27
 
 
 
          
 
 
 
 
  春霞の向こうに聳える双耳の峰鹿島槍ヶ岳
  何時までもその姿を変えずに多くの若者たちを
  迎え入れ、自然の機微、楽しさ・憂い・厳しさ等を
  教えてやってくれ
                                           
                                   後数年は私も会の報道カメラマン    
                  として随行し若者達の成長をイメージ 28
                  見守りながら楽しみを分かち合って
                  行きたい物だ。    (写真提供 Ooさん)
  

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

本当に雲一つない青空なんですね。
柔らかな春山の空気を写真を通じて感じることができます。
今回はたぶんブログ始まって以来の晴天だったような。 削除

2013/5/8(水) 午後 7:06 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

長老〜。
スピーディアップ、ありがとうございます!!
楽しかった記憶が、またよみがえってきました 削除

2013/5/8(水) 午後 8:28 [ こだま ] 返信する

顔アイコン

いえいえhiroさん
昨年の連休前半に出掛けた白馬の主稜の時も
今回と同じでしたよ。

2013/5/8(水) 午後 9:01 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

こだまさん 此方の記事を書く方が山に登るより
草臥れますぅんよ。

2013/5/8(水) 午後 9:03 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

大の仲良し3人組みの写真がアップされていましたが、
こだまちゃん、そしてよーさんのさりげないポーズが実にいいです。
決まっています。それにくらべて、こだまちゃんからうで組されて
緊張し、ホント固まってしまっています。
本当は、うれしかったりして。
こだまちゃんの「もっと、笑って・・・・」という声が聞こえてきそうです。また、よーさん、こだまちゃん、山へいこうね。 削除

2013/5/9(木) 午後 8:28 [ anpontan ] 返信する

顔アイコン

良かったネ anpontanさん
両手に花なんて何年振りの事でしょうか
いやいやひょっとして初体験なのかもね。

絵文字まで頬を染めて・・・

2013/5/9(木) 午後 8:52 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

自分自身は滑り落ちたり 落っこちたり 生傷が絶えず 荷物の重さにも慣れず、途中で何度もめげそうになりましたが、今 振り返ると 楽しかったなぁ〜と思えます。

今後もどうぞよろしくお願いします 削除

2013/5/10(金) 午前 8:11 [ ヨーリーズ ] 返信する

顔アイコン

よ〜さん、私も同じ
しんどい思いをした分、後からじんわりと楽しかった事が
思い出と成って残るものですぅ

夏の剣で雪上訓練を受けましょうネ!

2013/5/10(金) 午前 10:15 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ! すごい山に登っているのですね。
私も登ってみたいですが、素人ですし、ひざを痛めてるので無理ですかね。

また、すばらしい景色を見せてください。

2013/5/11(土) 午前 8:50 せろー 返信する

顔アイコン

せろーさん コメントを戴き有難う御座います。
何所か確りした山岳会かハイキングサークル等にお入いりに
成られて、膝に負担の掛らない程度のハイキングから
始められれば、楽しめますよ。
私も還暦を過ぎてから登山を再開し、最初は軽い
ハイキングからの再出発でしたが、古稀を迎えても
バリエーションルートにチャレンジ出来る程に
回復しました。

2013/5/11(土) 午後 4:39 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

よーさんの鹿島槍の回想の文、心にしみじみ染入ります。
何という控えめで切実な言葉なんだろう。なんと心のきれいな、そして素直な人なんだろうと思います。
山を去れば、耐え難いほど、また、山を思うものなんです。
よーさん、これからは自分の心の山、そして自分の登山スタイルを確立させていってください。
私は、たとえ、人の手垢で汚れていようとも、3級、4級のグレードであってもクラシックルートを登り続けたいと思います。
先人の息使い、岩肌に残されたハーケンに先人の思いを馳せて登り続けたい。みんなから懐古主義だといわれようとかまうものか。
ニッカーズボン、そして登山靴でインチキしないで堂々とフェアプレイで純粋なクライミングをしたいといつも心のうちでかみしめています。これが、僕の素直な気持ちです。
よーさんも、自分のクライミングをしっかりこれからもやってくださいね。先輩より。 削除

2013/5/12(日) 午後 9:19 [ anpontan ] 返信する

顔アイコン

anpontanさん。私もアルパインスタイルを崩しませんゾ〜ゥ

何時までも突っ走って行きま!!

2013/5/12(日) 午後 9:27 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

何か照れるなぁー f^_^;) 削除

2013/5/13(月) 午前 8:42 [ ヨーリーズ ] 返信する

顔アイコン

ヨ〜ゥ


って処かな

2013/5/13(月) 午前 10:38 [ コロ 爺 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事