老いぼれヤモメの山雑記(俳諧編)

何時か何所かの山でお会いするかも! その時は宜しく。

全体表示

[ リスト ]

     例会 レスキュー講習会(百丈岩)
                                              好山好会 アルパイン委員会  主管
     日 程     6月29日〜30日
     場 所     百丈岩 中央ルンゼ
     天 候     両日とも晴れ
     参加者     29日   Hm・Nk・Ar・Ad・Fj・Mm
              30日   Hm・Oo・As・Hs・Uc・Mm
 
     夏本番を前にして、クライマー達は、剣・穂高等の登攀を夢見て、クライミングのトレーニングに
     励んでいる時期でもある。技術の上達に伴い、より難易度の高きを求めるて行く事は、云うまでも無い。
     しかし、登攀技術の上達だけではクライマーだとは云えぬのではないだろうか。
     万が一に備えてのレスキュー技術も身に着けてこそ、私はクライマーだと思って居る。
                                                                                                                                                                                                                                                                                      イメージ 21イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 幸いにも、当会ではレスキュー技術を兼ね
 備えた会員が居るので、年に数回のレスキュー
 講習例会を組み込んで実施して居る。
 
 
     
     
     トップ(リード)のレスキュー
            (各写真の右下をクリックして戴くと拡大します)
 
  仮固定からの自己脱出
 
                                                    イメージ 6   イメージ 2
 (左)セカンドはビレーデバイスで滑落を止めました。
 
               
             (右)安環ビナをハーネスに取り付ける
 
                                     
イメージ 3
イメージ 8 (左)先程取り付けた安環ビナにザイルを折り返して
 通しビレーデバイスの先にザイルを巻き付けて結ぶ。
 
         (右)結び目の端末に出来た輪にカラビナを
         掛けて解けぬ様にして置く。
 
                                                                                                                                         イメージ 4 イメージ 9
 (左)テンションの掛ったザイルにシュリンゲを
 ブルージックで取り付ける。 
 
         (右)シュリンゲの片方をカラビナ等を使って
         アンカーに連結して仮固定終了。
 
                                                                                                                                       イメージ 7
イメージ 5 (左)ハーネスに連結して居たザイルを解く。
           (右)メインザイルにシュリンゲを結びつけた
       下側の緩んだメインザイルをバックアップとして
        8の字結び等で強固なアンカーに繋いで置く。
        (念の為ブルージック結びの下部のメインザイル
       に結びコブを作っておくのも良い) 
                                              
 
   負傷者へのアクセス
 
イメージ 10 テンションの掛って居る方のザイルをフィックス代わりにし、シュリンゲで
 バックアップを取り自己確保しながら登る。フリーに成っている方のザイルの
 端末はハーネスに取り付けておく。
 (テンションの掛って居ないフリーに成っている方にも、最上支点までシュリンゲで
 バックアップを取って於いても良い。ブルージックで無く、タイブロックやユマールが
 有れば、それらを使うと楽だ)
 
 
イメージ 11
 テンションの掛って居る方のザイルの途中に在る支点のカラビナからはザイルを
 外さずに、もう1本カラビナの上にシュリンゲでバックアップを取ってからカラビナの  下のバックアップを外して、各支点を跨ぐようにして登って行く。
 (テンションの掛って居るザイルの支点を外すとザイルが伸びてその分負傷者が
 下方へ移動するので、負傷者に取っては苦痛が増す。また、テンションの掛って
 居る支点の強度が不明なので万が一の為にも支点を生かしておく) 
 
 
イメージ 12
 テンションの掛って居る支点に到達したら、支点の強度を確認し仮の自己確保用
 の支点にして新たに強固な支点をハーケンやボルトで構築する。
 (負傷者とテンションの掛って居る支点との距離が長い時には、負傷者より少し
 上の方で支点構築に適した所を見付けて速やかに支点構築をしても良い。)
 
 
 
                                                                                                                                           イメージ 16
イメージ 13
  (左)懸垂下降用に、新たに構築した支点にフリーの
  メインザイルを8の字結び等でセットする。 
 
       (右)テンションの掛って居るメインザイルに
       ガイド用としてカラビナ・シュリンゲ等でハーネスに
       繋いでおく。
 
 
 
                                                                                                                                           イメージ 17
イメージ 14
  (左)懸垂下降用のメインザイルに懸垂下降期(エイト環等)
  をセットし。また、デージーチェーンの2/3位の位置と先端に
  安環ビナを取り付けておく。 
 
        (右)下降器下部のメインザイルにシュリンゲで
        バックアップを取っておく。
 
 
 
                                                                                                                                           イメージ 18
イメージ 15  (左)懸垂下降時の荷重は通常の約2倍(二人分)に
  成るので、摩擦個所を増やす為に安環ビナをハーネスに
  もう1枚セットしメインザイルを通して折り返してブルージック
  箇所と重ねて握る。(下降速度を緩めて降りるので、メイン
  ザイルやシュリンゲが損傷する程の摩擦熱は生じない)
    (右)デージーチェーの先端に取り付けて居た安環ビナを
    負傷者のハーネスに取り付けてから、負傷者に繋がってテンションの掛って居る
    メインザイルをナイフで切り離し、負傷者の後方より抱える様にして下降する。
 
     注 最近のデージーチェーンは強度規格に適合した物が販売されて居ますが、数年前の物は
        強度規格外の商品なので、規格品かどうかを点検したうえでご使用して下さい。
 
 
                                                                                                                                           イメージ 20
イメージ 19 イメージ 26
                                               
 
     搬出用担架の製作
 
                                                             イメージ 24イメージ 22
  (左)シートやツエルト等の隅にテルテル坊主の様なコブを
  作り首元をシュリンゲでインクノット結びにする。 
 
  (右)グランドシートを利用して担架を作り搬送して居る
  処です。
 
  
  幅広のシュリンゲを肩紐に使用すれば、肩が楽です。
                                                                                                                                           イメージ 25
イメージ 23  
    (左)ザックを空にして、底を繋ぎ合せた担架です。
  ザックの繋ぎや肩口の背負いベルトにシュリンゲを利用し
  肩ベルトには幅広のシュリンゲを利用する。
 
  (右)ザックを利用して作った担架で搬送中です。
 
  此の他、雨具の上着等も利用出来ます。
 
 
 
     今回の講習はトップ(リード)の負傷者が腕を折った状態で、足の方は動かせると、想定した救出と
     搬出用担架の作り方でしたが、他に宙吊りに成った時の自己脱出や足の骨折等を想定した
     救出方法等々が有り、レスキュー講習の回を重ねて彼是と何度も繰り返して行って行けば、各々の
     身に着く物だと思って居る。
 
     尚 他にもっと良い方法をご存じの方がいらっしゃれば、是非お教え戴ければ幸いです。
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんな姿になる自分を想像したくはないですね。
でも絶対にないとは言えない以上救助する、してもらえるスキルを身に着けておく
ことの重要性を講習実技を通じて知らされました。
Hmさん、熱暑のなか手とり足とりご指導いただきありがとうございました。 削除

2013/7/2(火) 午後 6:27 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

いゃ〜ご尤もhiroさん

万が一に備えて置く事が肝要と・・・

2013/7/2(火) 午後 8:14 [ コロ 爺 ] 返信する

顔アイコン

大変、暑い中みなさんご苦労様でした。やはりクライミングをやってる以上いろいろと考えさせられます。いつも思うのですが、山は、人が怪我するところ、死ぬところと自分に言い聞かせています。
仲間の命は、仲間の手でまもってあげることが大事と思います。 削除

2013/7/2(火) 午後 8:23 [ anpontan ] 返信する

顔アイコン

少し意味合いが違うかも知れませんが。

クライマーは相身互いと云う処でしょうかね

2013/7/2(火) 午後 9:37 [ コロ 爺 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事