老いぼれヤモメの山雑記(俳諧編)

何時か何所かの山でお会いするかも! その時は宜しく。

全体表示

[ リスト ]

     剣岳夏山合宿
                                           好山好会 アルパイン委員会  主管
     日程     8月13日夜〜8月17日
     山域山名  北ア 剣岳(八峰・源次郎尾根)
     天候     8/14日   晴れ
             8/15日   晴れ一時雨
             8/16日   晴れ
             8/17日   晴れ
     参加者    CL  Hm     Oo    Mm
                                                                    (一部写真提供Ooさん)
                                            
     合宿とは名ばかり、参加者が3名に迄減って仕舞い、個人山行と呼ぶ方がふさわしいかも。
     何れにしても初志貫徹、人数の変更によりリーダーもルート選びや行程等で骨を折られた
     事だろう。
 
イメージ 1
 
   天候は上々云う事無し
 
   
 
  室堂付近では観光客の方が多い位で一の越し方面へ   向かう軽装の登山者も可也の人数。
  雷鳥坂方面への登山者も結構多く居たが
  ヘルメット・ピッケルを携行して居る登山者は数も
  少なく、彼らは皆、大型のザックを背負って居た。
 
 
                                                                                                                    イメージ 3イメージ 2
    イメージ 4
 
  リーダーの体力に負んぶされての1日目
  荷物の重さで雷鳥坂は敬遠し、新室堂乗越し経由で別山乗越しへ
  
  別山乗越しに着くと、眼前には雪と岩の剣岳が・・・
  剣沢キャンプサイトにBCを設営。剣を眺めながらの山談義が尽きず・・・
 
                                                              イメージ 6
イメージ 5
イメージ 7
 
  2時起床、3時過ぎに出発。
  キャンプサイト直ぐ下の雪渓を順調に降るも、剣山荘下の雪渓との
  合流付近を通過した辺りで雪は消え、沢沿いをトラバース気味に
  一般道へ・・・
  源次郎尾根には既に数パーティーが取り付いて居て、ヘッドランプの  灯りがルート上の彼方此方に揺らめいて居た。
 
 
     私は長次郎谷の出合い迄同行し、二人の姿が見えなく成る迄、見送って居た。
     八峰を楽しむには真砂沢の方が良いのだろう、長次郎谷目指して登って来るクライマーが数パーティー
     続いてやって来た。私達の後を追って、剣沢を降って来た数パーティーは殆んどが源次郎尾根に
     取り付いて居た様だ。
 
 
イメージ 8
   二人は順調にⅥ峰Cフェースを登攀。Cフェースで知り合った
   パーティーと共にⅦ峰へ。Ⅶ・Ⅷのコル辺りで雲行きが怪しく成り
   Ⅷ峰には向かわず右俣へ懸垂下降し、今朝登って来た長次郎
   雪渓を降り、剣沢雪渓を登り返してBCに帰着。
   BC付近は午後から雨が降り出し二人が帰着する少し前まで降って
   居たのだが、二人は雨にも遭わず・・・
                                                                                            イメージ 18
   イメージ 14 
 
     長次郎雪渓の入り口付近にはニッコウキスゲが咲き誇って居たが、やって来るクライマー達は
     花には見向きもせず、黙々と雪渓を登って行く。
     嘗ての私もそうだったが、当時はデジカメ等、云うまでも無く、カラー写真すら出回って居ない時代
     だったので高山植物には今ほど興味を示さなかった。
     この歳に成ってから高山植物にもレンズを向ける様に成ったが、はてさて、花の名前迄は・・・
                                                                                                                               イメージ 10
イメージ 9イメージ 11イメージ 12イメージ 13
 
     3日目の行程は、源次郎尾根の登攀。
     昨日の八峰上部登攀で草臥れて居たのか、予定の時刻より1時間程寝過ごし、起きたのが4時前。
     リーダーは沈澱か、決行かで少し迷って居た様だが、天候も良さそうなので決行する事に成った。
     しかし、私にとっては出発が1時間遅れでは皆を道連れにビバークに成る恐れが有るので、潔く
     同行は辞めてBCでまったりとひがな1日を過ごす事にした。
                                                                                                                                          イメージ 16
イメージ 15
イメージ 17
 
     源次郎尾根は人気のルートと有って、取り付きも明瞭な踏み跡が有り、迷う事も無し、樹林帯の
     急登りを過ぎ這松帯に入ると展望も開け、左手には別山北峰・剣沢キャンプサイト・剣御前と続き
     右手には八峰の岩稜が手に取る様に・・・
                                              イメージ 19
     源次郎尾根の核心部、Ⅱ峰からの下降は懸垂下降で
     難なくクリアー。
     後は傾斜の緩んだ尾根を只ただ登るのみ。
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     二人のBC帰着後は、云うまでも無く、合宿の成功を祝してビールで乾杯!
     魔法の靴を履いて登攀したOoさん曰く『是だけの長丁場、何時もなら後半は足の痛みに耐えながらの
     歩行ですが、魔法の靴のお陰で足の痛みも感じず登攀出来ました』との事でした(笑)
                                                            イメージ 31
イメージ 27
イメージ 32
                                                                                                                                                                                         イメージ 22イメージ 33イメージ 21
 
     色とりどりの花々が厳しい登攀の疲れを癒して呉れ、又の合う日を自然の厳しさに耐えて
     待って居て呉れる・・・                  イメージ 23
     
          秋には実も熟れ、甘酸っぱい味を楽しませてくれるブルーベリーも。
     やせ細った雪渓のシュルンド・天空を突く八峰・チンネの針峰・万年雪の
     雪渓も来る年、来る年、何事も無かったかの様に・・・
 
                                                                                          
イメージ 24イメージ 25イメージ 26
 
     熟年クライマー達を楽しませて呉れた剣岳、登攀・歩荷の疲れを癒して呉れた花々、来夏も宜しく。
     3人だけでの寂しい合宿でこの夏は閉じるが、アルパイン技術を継ぐ若者達がエゴに走らずに
     集って協調して呉れる事を切に願って居る。
                                                                     イメージ 29
イメージ 28
イメージ 30
 
     * 熊の岩での幕営禁止に成った今、源次郎尾根の登攀なら剣沢キャンプ場で十分事足りる。
        八峰を攀るのなら、真砂沢キャンプ場をBCにされる事をお勧めする。また、チンネ・ドーム等の
        登攀なら、熊の岩か三ノ窓辺りでのビバークが適して居ると思う。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事